ニュース

本日からコロナワクチン接種終了者に黄色冊子。ただしアプリの代用にはならず
geleboekje.jpeg
すでに始めている保健所(GGD)もあるが、本日からオランダ全土のGGDでコロナウィルスワクチンの接種済みの人に「ワクチン接種済み証明書」(黄色い冊子)に記録が可能となる。この黄色い冊子にはコロナウィルスだけでなく、あらゆる伝染病に対するワクチン接種が記録され、入国にワクチン接種が条件となっている国への旅行に利用できる。ワクチン接種証明冊子は、SDUで購入し(GGDで購入はできない)、ワクチン接種時に保健所で記録してもらう。

ただしこの黄色い冊子はコロナ・チェックアプリの代用にはならない。今後コロナ・チェックアプリは、国内のイベントや飲食店や美術館などへの入場、そしてEU内の旅行に使用されるようになる。アプリはすでに存在しているがワクチン接種記録はまだ登録できない。コロナウィルス検査で陰性となった結果は記録できるようになり、先週の土曜日からこれが使用開始された。最終的にはこのアプリに、検査結果、感染治癒記録、ワクチン接種などが記録され、(EU内の)旅行などにも利用できるようになる。

コロナ・チェック・アプリはCoronaCheck(英語)からスマートフォンにダウンロードできる。
さてアプリの使い方だが、陰性証明をアプリに載せるにはまずコロナウィルス検査を受ける(無料)。検査結果はメールで送られてくるが、そこにあるQRコードをアプリで読み取る。このQRコードは検査後40時間有効なので、入場に必要なイベントなどでは、チケットやIDカードとともにこのQRコードを提示する。スマートフォンがない場合にもメールで送られてきたコードを印刷すれば代用となる。

この陰性証明は、今のところワクチン接種者にも適用される。ワクチンを接種してもウィルスを拡散しないというわけではないからだ。EU内の旅行にも7月からこのコロナチェック・アプリが利用できるようになる。



関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。