ニュース

大ヒットのダッチ海藻バーガー。買収で世界市場に
weedburger.jpeg
数年前にひとりでカーゴ自転車で販売を始め、その後大きなポップフェスティバルやレストラン、そしてスーパーマーケットに進出した「ダッチ・ウィード・バーガー (Dutch Weed Burger」。海藻などを原料とするこのバーガーは、肉の摂取を減らすトレンドの波に乗り大きな成長を遂げてきた。ただ成長には限りがあり、国際市場に向けさらなる発展を目指していた。この夢を可能にしたのが、リブカインドリー・コレクティブ(Livekindely Collective)社だ。肉の代替食品などを植物ベースの食品を開発する企業リブカインドリー社が、ダッチ・ウィード・バーガーを買収した。リブカインドリー社は、世界最大の植物ベース食品企業。

リブカインドリー・コレクティブ社は設立されてまだ1年だが、5億3500万ユーロの資金を確保。今年に入ってこのオランダ企業を含む4社を買収し、市場は世界40カ国に及ぶ。スタートアップからスケールアップと拡大してきたダッチ・ウィード・バーガーだが、今回の買収を手放しで喜んでいる。流通ネットワークや販売そして生産が拡大できるのだ。肉を使わない、いわゆるベガ市場は急速に拡大している。

肉の代替食品市場は拡大しておりオランダも例外ではない。昨年は一昨年に比較し20%も売上が増加している。この市場を牽引しているのは、環境保護主義者や理想主義者だけではない。ネスレなどの大企業も次々にベガ食品企業を買収している。

この海藻バーガーの創始者クルスドム氏が販売を始めたのは、2012年アメリカでビーガン食品ツアーを行ったのがきっかけだという。オランダに戻り、音楽フェスティバルなどで販売したところ、恐ろしいほどの大ヒットとなった。ところがコロナ禍とロックダウンでイベントでの販売は不可能になる。そこでオンライン販売を始めたところ、アルバートハインなどのスーパーマーケットがアプローチしてきたという。そして今回の買収へとつながった。
(画像:Dutch Weed Burger)


関連記事

イスラエルのメーカー、オランダで3Dプリント肉を生産
3Dmeat.png
イスラエルのビーガン肉メーカーであるリデファイン・ミート(Redefine Meat)社は、ブラバンド州ベスト市で、人工肉生産を開始する。12月の末から3Dプリントで作る培養肉を欧州、中東、アフリカ市場向けに生産するという。

同社がオランダを生産拠点に選んだのは、人口ひとりあたりのビーガン肉の消費量が最多であるからだという。(ただしデータはない) リデファイン・ミート社は今のところ世界唯一のビーガン肉を3Dプリントで生産する企業である。原料は、大豆、ひよこ豆、えんどう豆で、同社によれば本物の肉に比較し環境への負荷は95%少ないという。

オランダのトップシェフであるロン・ブラウ(Ron Blaauw)氏は、この「ニセ肉」に驚き、「最初に食べたとき、まるで本物の肉を食べているのかと思った。」とコメントしている。このほか、イギリスやドイツのミシュラン星シェフもこの人工肉を実際に使用しているという。イギリスで22軒のステーキハウスを運営する3星シェフ、マルコ・ホワイト氏やベルリンの2星シェフヨアヒム・ゲルナー氏もこの人工肉を使っているという。

リデファイン・ミートがオランダで製造拠点として購入したのは、ベストにある畜産工場ファン・ローン社。オランダでの製造と販売が軌道に乗れば、イギリスやドイツでも生産を始めると同社はコメントしている。

オランダの食肉処理場、動物虐待で閉鎖
slachthuisGosschalk.jpeg
先週2日オランダのエープ(Epe)にある食肉処理会社ホスハルク(Gosschalk)での動物虐待の映像がRTLテレビで放映された。動物保護団体のメンバーが、覆面でこの処理場で働き現場を隠しカメラで撮影したものである。豚がパドルで頭を激しく殴られたり、5000ボルトという高電圧で脅されたりする映像が流れた。同日、農業省のスハウテン大臣は実情を把握するまで営業停止の命令を下した。

オランダは食肉が安い。この安さと動物虐待は関係しているのだろうか? この会社による虐待は特別なケースなのだろうか? 

素性を隠しこの食肉処理場で働き、動画を撮影した動物保護団体「豚の危機(Varkens in Nood)」によれば、このような虐待は近年稀であるという。オランダ食品消費者製品安全庁(NIWA)や別の動物保護団体アイズ・オン・アニマルズによれば、今回ほどひどい虐待の例は明るみに出ていないが、より頻繁に発生する可能性は排除していない。屠殺会社は閉鎖的な企業文化を持つため、政府が実情を把握できない場合もある。

大臣は「虐待は容認されず、この食肉処理場または他の食肉処理場で虐待が再び発見された場合、NVWAは再び確固たる行動を取ることを躊躇しない」と議会に通知した。覆面で現場で撮影した動物保護団体のメンバーは、面接時に「1分の作業の遅れが100ユーロのコスト増となる。」と言われたという。改善するには、食肉処理場の速度を落とさねばならないことは確かだ。そしてこれを実施すれば、最低でも2%価格が上昇する。これは消費者が払わねばならないコストである。食肉処理場の監督を担当しているNVWAは、監視カメラを増設したり、スタッフのトレーニングを行うことが必要だとしている。

コンサルタント会社のデロイトは11月の調査で、NVWAの人員が不足しているため、タスクの3分の2が不足していると結論付けている。デロイトによると、動物福祉の分野における最大の問題は、食肉処理場の監督にあるという。

リンブルグ州の郷土料理、甘酸っぱい煮込み牛肉
zuurvlees.jpg
今日は、リンブルグの伝統料理、リンブルグのズーアフレース(Zuurvlees)です。

<材料>
牛肉一口大 600グラム
玉ねぎ 2個、千切り
りんごシロップ (これもオランダ独特もの)Appelsiroop
オントバイトクック (オランダのスパイス入りケーキ。どのスーパーでも入手できます。)Ontbijtkook
クローブ

<作り方>
一口大に切った肉を酢とお水半々にした中にヒタヒタにつけ、一晩おきます。
ザルにあげ、水気切り、小麦粉まぶし炒めます、漬け汁は取っておきます
玉ねぎは炒め、その中に炒めた肉を入れ、漬け汁、りんごシロップ、クローブ入れ、コトコト煮込みます、
1ー2時間
最後にオントバイトクックを入れとろみつけます

お酢のおかげでどんな硬い肉も柔らかく仕上がります。

スーパーのJUMBO、135種の精肉と加工肉、リステリア菌感染の疑いで店頭から排除
スーパーマーケットのユンボ(Jumbo)は、精肉製品の大半を店頭から排除した。同スーパーが仕入れている精肉業者3社のうちの1社であるアールスメールのオファーマン社が、自社製品がリステリア菌に感染している可能性が高いと発表。これを受けユンボは店頭から同社の肉類を排除することになった。オファーマン社はユンボのほかアルディ(Aldi)にも卸している。ユンボは135種類の加工肉をそしてアルディは4種を店頭から取り去った。感染の可能性のある肉は以下のリスト。

このリストにある肉類を買った消費者は店に戻し返金を要求できる。現在店頭に置かれている肉や加工肉は安全だといいう。オファーマンは現在就業停止をしており、スーパーへの肉の供給は他の業者が行っている。
リステリア菌は食中毒の原因となる可能性がある。感染の可能性は高くないが、感染すると症状は重いと言われる。とくに妊婦が感染するとリステリア菌が胎盤を通過して胎児へ垂直感染し、流産や早産及び死産の原因となる。

オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇
ここ数年、ベジタリアンやビーガンブームでオランダでの食肉の摂取量が減っている。これに対し豆やキノコ、カリフラワー、ブロッコリなどを使用した肉の代替食品の売上が急激に拡大しており、2017年から現在までに51%も増加している。

市場調査会社IRIによれば、2017年から牛肉、豚肉の売上は9%減り、鶏肉は2%減った。スーパーマーケットで販売される肉の代替品である野菜バーガー、ベジソーセージそして大豆シュニッツェルといった製品の売上は大幅に上昇。種類も増え現在では100種類にも上る。

過去52週間の食肉の販売量は26億ユーロ。これに対し代替品は1億2300万ユーロと4.5%とまだ少ない。しかしこの傾向は肉業界や食品業界一般で無視できないものであり、こぞって代替品の開発に力を入れている。

オランダ人の肉食が減っている背景には健康上の理由もあるが環境保護の見地もある。畜産は地球温暖化に恐ろしい影響を与えている。とくに牛肉の育成が問題で、1キロの肉を生産するのに57.9キロの二酸化炭素が発生する。これに対し1キロの豆腐を作るときに発生する二酸化炭素量は5.8キロと少ない。肉の中でも最も二酸化炭素発生量が少ない鶏でも1キロの肉に対し13.4キロ発生する。ベジバーガーだと平均で4.1キロだ。

肉代替品産業は世界中で拡大している。マーケットリーダーであるビヨンド・ミート社は今年のはじめにニューヨーク株式市場で上場し、今年第2四半期には300%の売上増を計上している。オランダでもUNOXを始め各社がこぞってこの産業に参入を始めている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。