ニュース

王位継承者アマリア王女、年間手当の160万ユーロを受領せず
princess.png
オランダ国王の長女であるアマリア王女は、18歳になると支給される年間160万ユーロ(約2億円)の手当を当面受け取らないと書簡で首相に告げた。アマリア王女は今週木曜日に高校卒業試験に合格し、他のオランダ人家庭と同様に、王宮前に国旗を揚げてリュックサックをぶら下げている。12月7日に王女は18歳になるが、オランダの規定では年間160万ユーロの手当(公務に必要な費用以外)が王女に支給されることになっている。これに対し野党や国民の間で批判が少なからずあった。

王女は手書きの手紙を暫定政府首相であるマーク・ルッテに送り、手当を受け取るのに抵抗があること、実際に公務に就くまでこの手当は受領しないことを表明した。アマリア王女は高校卒業後は1年間のギャップイヤーと呼ばれる休暇を楽しみ、その後大学に入学する。国王の娘3人は自転車で学校に通い、インスタグラムなどのSNSも活発に行う「普通の」少女たちだ。

王室メンバーで、手当受領を拒んだのはアマリア王女が初めてだという。オランダ王室の経費はイギリス王室を超え、ヨーロッパで最も高い。2021年の王室予算は4750万ユーロ。これには外国訪問や宮殿の保持費用は含まれない。ウィルムアレクサンダー国王は年間99万ユーロの給与と510万ユーロの経費を受け取っている。

ロックダウン中に自家用ジェットでギリシアの別荘に飛ぶなど、国民からの批判が高まり王室の人気が落ち続けていた。しかし5月のマキシマ女王の誕生日インタビューなどで人気を回復。今回のアマリア王女の発表で人気はさらに上昇するかもしれない。



関連記事

オランダ王室オレンジ家所有のアート、競売に
オランダ王室オレンジ家所有のアートが今月ロンドンとニューヨークのオークション(競売)会社「サザビーズ」で競売にかけられる。競売に出されているのは、巨匠のスケッチ13点と中国の器や銀食器など12点。見積もり価格は350万ユーロ(約5億円)と予想されている。

今月の30日にニューヨークで競売にかけられるスケッチには、ウィリアム2世(1792−1849)とその妻でありロシアの皇帝の娘アンナ・バヴロヴナが集めたもので、ルーベンスの作品などが含まれる。
ルーベンスが描いたスケッチはアントワープの大聖堂に飾られている「十字架にかけられるキリスト」の下書きである。1月17日のロンドンのオークションにはラリックが王室のために1937年に製作したチューリップを刻んだガラス器が含まれる。

ウィリアム2世は当時義理の弟であるロシアのニコラス1世に絵画の蒐集のために100万ギルダーを貸しつけた。ところがニコラス1世が1894年に急死し、ウィリアム2世は巨大な借金を抱えることになる。家計を立ち直すために、ウィリアム2世は、ラファエル、ミケランジェロ、ダ・ビンチ、ファン・エイク、ルーベンス、ベラスケス、レンブラントなどの作品を売ったが、当時の総額で77万ギルダーにしかならなかったという。その後オレンジ家ではアートの蒐集はなくなり、もっぱら競売に力を入れている。前女王であるベアトリクス王女は総資産2億2000万ドル(約260億円)と世界で最も裕福な王室のメンバーのひとりで、欧州では英国のエリザベス女王に次いで5番目の資産家王族である。

アムステルダム、バッグ美術館で「王室のバッグ展」2016年10月8日から2017年2月26日まで
何世紀にもわたって、ヨーロッパでは王室がファッション・リーダーだった。女優からモナコの王女となったグレース・ケリーが持っていたエルメスのケリーバッグはそのいい例である。現在、アムステルダムにあるヘンドリッキエ・バッグ美術館はヨーロッパの王族が使ったバッグを展示している。英国のエリザベス女王、オーストリアのシシ王妃、グレース王女、そしてオランダのユリアナ女王などのバッグである。王室のバッグは当時のファッション、エチケット、旅行の様子を偲ばせるもので、バッグ好き、ファッション好きにとっては興味深い展覧会である。
王室の旅行にはトランクは欠かせないものだった。フランスのユージニー王妃は1854年の旅行の際、トランク・メーカーのルイ・ヴィトンにトランクの製作を依頼した。それからルイ・ヴィトンは王室や上流階級の間で使われるようになったという。

この美術館では常時5000点以上のバッグを展示している。また、カフェでは本物のハイティが楽しめる。(21ユーロ)

日時:2016年10月8日から2017年2月26日まで
場所:The Museum of Bags and Purses、Herengracht 573、1017 CD Amsterdam


マウリッツハイス美術館で英王室所蔵の「フェルメールと同時代の作家」展
9月29日から2017年の1月8日まで、ハーグのマウリッツハイス美術館で「At home in Holland」展が開催されている。今回展示されるのは、イギリスの王室が所蔵するフェルメールと同時代の作家コレクションである。
作品は何世紀にもわたって王室が集めてきたものだが、通常はバッキンガム宮殿の奥にしまいこまれている。この中からマウリッツハイス美術館は22点を展示する。
今回展示されているのは、フェルメールの他、テル・ボルフ、ダウ、デ・ホーク、メッツそしてスタインの作品。展示会のタイトルが示すように、オランダの家の中で繰り広げられる生活を描いているものが中心である。
他の美術館では見られないオランダ黄金期の作品を見るチャンスである。

日時:2016年9月28日-2017年1月8日
場所:ハーグ、マウリッツハイス美術館 Plein 29、2511CS Den Haag

ベルギー 王室御用達 新リスト発表
ベルギー王室は王室御用達を与えられた企業の新リストを発表した。そのリストには111の企業が含まれており、5年間「王室御用達」を名乗ることができる。 リストにはドイツの自動車メーカーBMWが含まれているが、先週フランダース環境省が温暖化などの環境に配慮し、自動車メーカをこのリストに加えないようよびかけたが、フィリップ王はこの要求に耳を貸さなかった。

王室に商品やサービスを提供したい者は誰でも供給官に申し出ることできる。 この係りが直接商品などを検討することになるが、最終的に許可を与えることができるのは君主のみである。新たな王室御用達の称号は12月11日に王宮で与えられる予定だ。

このリストは、前国王時代のものをベースに手が加えられて構成されている。宮殿は11の新参者を加えている。国王はご自信のご家族に配慮し、新しいリストにおもちゃ屋などを加えている。

新たに登録されたのは、ピアノのMaene 、服飾サプライヤーのCrosswordやBuissonnière 、書店Filigranes 、苗のスペシャリストであるSpruyt-Van Der Jeugd 、パティスリーNadro 、チョコレートメーカーのレオニダス、メイクアップアーティストBOUZOUK 、家具店のLF Selectionや化粧品のサプライヤーであるNadine Salembier など。 

下記のホームページで全リストが公開されている。


ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください