ニュース

旅行代理店が倒産したなら買ってしまおう!?
diving.jpeg
最近ではオンラインで航空券や宿泊施設を予約するのが当たり前になっているが、それでも特殊な分野での旅行予約は旅行代理店経由という場合も少なくない。例えばダイビング専門のツアーに特化している代理店である。

セバスチャンとロバート・オプ・ヘット・ホフ兄弟が毎年ダイビング旅行を予約していたEWDR(Eigen Wijze Duikreizen自分のやりかたでダイビング旅行)は、今年の6月コロナ禍の影響で倒産した。セバスチャンとロバート兄弟は今年もこの代理店を通じてダイビング旅行を予約していたが、倒産したため先に払っていた料金は戻ってきたものの、旅行に行けなくなった。「たいていの人は返金されたお金で他の旅行を予約している。しかし僕たちはこの旅行会社が好きなので戻ってきてほしいと思った。」と兄弟。そこで2人は相談してこのEWDRを買い取ることにした。兄弟はオンライン・マーケティングで財を成している。

EWDRは30年前に設立され、ダイビング業界では高い評価を得ていた。ただしオーナーの病気や大手代理店による競争力低下で、2019年には160万ユーロの売上があったが、損失38,000ユーロを計上していた。そして、コロナ危機が来て経営は最悪の状態に陥り、今年6月に倒産した。

兄弟は旅行代理店の経験や知識が全く無いが、そのまま仕事を続行する元オーナーについて勉強するという。「キュラソー島へのパック旅行などは、ほぼコスト価格で旅行を提供している大手代理店には勝てない。」と兄弟。「僕たちは、中身で勝負する。単なるリゾート地でのダイビングではなく、例えば南米でワニやアナコンダといっしょに潜るといったユニークな旅行を作りたい。」

コロナ後は旅行業界は復活すると兄弟は信じている。「衝動的に買ったのは確かだが、僕たちには起業精神とオンラインマーケティングの知識がある。」と意欲的だ。管財人によれば、倒産したEWDR購入に興味を示した会社は10社ほどあった。しかし元オーナーは、旅行業界には不案内でも最も意欲的な2人を選んだという。
(画像:PexelsのJohn Cahil Romによる写真)


関連記事

休暇旅行、各国での支払い事情
atm.jpeg
オランダはキャッシュレスがおそらく欧州一進んでいて、銀行カードやスマホで支払うのが一般的になっている。しかし、国境を超えると事情は一変する。休暇旅行で他の欧州諸国に行く場合、前もって支払い事情を調べておいたほうがいい。

オランダ発行の銀行カード(ピンパス)は最近ではオランダ国外でも使える国が多くなったが、全く使えないという国もある。欧州では、2種類のデビットカードが流通している。Maesto(マスターカードの技術)かV-Pay(同ビザカード)だ。オランダではほとんどの銀行カードはMeestroの技術を使っているが、V-Pay技術を使った銀行カードが流通している国もある。

これは支払いだけでなく、ATMから現金を引き出すときも同様だ。世界で見てみると、カナダでは現金引き出しには両方のカードが使えるが、支払いはV-Payのカードのみだ。ペルーではこの逆だ。

オランダ国内ではATMから現金を引き出すのは無料だが、国外(EU内)では2.25ユーロかかる。またEU内でも住民に対しても引き出しに銀行手数料をとる国もあり、旅行者もこれが当然かかる。例えば、ドイツ、ギリシア、オーストリア、スペインである。

また国によっては、ATMで「両替引き出し(Withdrawal with conversion)」か「両替なし引き出し(Withdrawal with conversion)」を選ばなければならない。この場合は「Without」を選んだほうが余計なコストがかからない。

銀行パスは欧州内では手数料あるなしにかかわらず、どこでも使える。ところが欧州外に行くと突然使えなくなる場合がある。これは銀行によって違うが、たいていの場合「国外で使える」「使用限度額を変える」などの設定で変更できるはずだ。いずれにせよ、旅行に行く前に銀行カードの設定はチェックしておいたほうがいい。

銀行カードが使えない場合でも、クレジットカードはたいていどこの国でも使える。しかしコミッションが課せられる場合もあるので注意。欧州内でユーロで支払う場合には手数料はなし。ただしATMでクレジットカードで現金を引き出す場合には手数料がかかる。

旅行をするならドイツ? 鉄道やバスなど乗り放題で1ヶ月9ユーロ!
german_train.jpeg
隣国ドイツでは高騰するエネルギー価格に対処するため、燃料にかかる付加価値税を下げたり、働く人に一律300ユーロを支給するなどの措置をとっている。このほか車をできるだけ使用せず公共交通機関の利用を推進するために、料金の大幅値下げを行っている。

ドイツ国内を旅行するなら公共交通機関が格安だ。6月、7月、8月の3ヶ月間、国内の交通機関は乗り放題で1ヶ月9ユーロ。鉄道、トラム、地下鉄、バスなど、ほとんどの公共交通機関が使える。例外は高速列車(ICE)とインターシティ。例えばアムステルダムからベルリンに行くICEには適用されない。どうしてもこの9ユーロチケットを利用したいとなると、少し時間の余裕が必要だ。例えばユトレヒトからケルンには3時間かかり、ICEを使うより1時間長く要す。同じくベルリンまでは11時間。ICEを使えば6時間なので、のんびりと行く時間があればかなり安い。国境までのオランダ鉄道料金とあとは9ユーロですむ。

またドイツは今日から今後3ヶ月間、燃料税をガソリンでリットルあたり35セント、ディーゼルで17セント引き下げる。これにより平均でガソリンは1.85ユーロ、ディーゼルは1.9ユーロになる。オランダでは、付加価値税を下げたもののガソリンは2.2ユーロにとどまっている。このためオランダから給油に行く車で国境付近のスタンドは混雑が予想されている。



旅行会社TUI,夜行列車旅行を販売
nightjet.jpeg
世界最大級の旅行代理店であるTUIグループの傘下にあるオランダTUIは、5月25日から欧州6カ国に向けた夜行列車旅行を販売する。月に数回運行する夜行列車は、オランダからコペンハーゲン、プラハ、ウィーン、ベニス、ミラノそしてフィレンツェを繋ぐ。TUIは、昨年10月から夜行列車を運行しているグリーンシティトリップ(GreenCityTrip)と共同でこの事業を行うという。列車はアムステルダムとユトレヒトから出発する。

TUIは現時点でも列車旅行パッケージを販売しているが、あくまでも国際列車とタリス(国際高速列車)のみを扱っている。これが夜行列車も提供するようになる。

列車はユトレヒトあるいはアムステルダムを16:30か20:00に出発し、目的地には次の日の8:00から11:00に到着する。TUIは格安の航空旅行を提供しているが、今後は環境に優しい列車旅行を増やす予定。

グリーンシティトリップは旅行会社フライワイズの子会社で、昨年10月から欧州各国の夜行列車旅行を提供している。夜行列車旅行の人気は高まる一方で、今年の4月から各列車に5車両増やしたり目的地を増やすなどサービスを強化している。今回のTUIとの協力で市場が拡大すると見ている。

TUIでの夜行列車旅行は5月11日から予約可能。また各都市での滞在を含む4泊5日のパック旅行も販売する。1日目と最後の夜は車中泊。

旅行の季節、オランダの近隣国のコロナ規制は?
shoppingstreet.jpeg
オランダではコロナ規制がすべて撤廃されたが、近隣諸国も撤廃あるいは緩和が進んでいる。イースターや5月休暇に国外に行く場合に、それぞれの国の規制を知っていると便利だ。

■ベルギー
ベルギーでもほぼすべての規制が撤廃されている。ただし公共交通機関や病院や高齢者施設ではマスク着用が義務付けられる。
48時間以上ベルギーに滞在する場合にはコロナ証明が必要だ。バス、列車、船、飛行機でベルギーに入国する際にワクチンの摂取あるいは陰性証明が記載されているアプリ(あるいは書面)の提示を求められる可能性がある。

■ドイツ
ドイツも4月2日からほぼすべての規制が撤廃された。ただし病院、施設、公共交通機関、一部のコンサートホールなどでマスク着用が義務付けられている。ベルリンではオペラ鑑賞にマスクが必要。オランダから入国する際にはコロナ証明書の提示を求められる可能性もある。

■ フランス
3月14日からほぼすべての規制が撤廃されているが、コロナ証明書(ワクチン証明書)は持っていったほうがいい。飛行機で入国する際にはEU-PLF(欧州デジタル乗客ロケーター)という書類が必要だ。

■ 英国
ほぼすべての規制が撤廃されている。ただしスコットランドやウェールスではまだ残っている規制もある。規制はマスク着用に関するもので、小売店や公共交通機関内での着用義務である。
「コロナとともに生きる」という政策のもと、英国ではコロナに感染しても隔離の必要がない。

オーストリアへの旅行者1000人が感染!?
ski.jpeg
AD紙によれば、大晦日前後にオーストリアに旅行に行った人で、コロナウィルス検査陽性となった人が964名いた。これは12月28日前の週と比較し6倍の数字である。現在オーストリア入国には、新型コロナウイルスのワクチン接種証明か治癒証明に加え、ブースター接種の証明かPCR検査による陰性証明が必要。これらがない場合、原則として10日間の自己隔離措置が義務付けられている。この規制が実施される前に、オランダからオーストリアに大挙として押し寄せていた。

さらに12月27日から1月3日にかけて、ドイツとフランスに旅行に行った人にも感染者が増加している。保健所(GGD)によれば、休暇旅行帰りの人に感染者が増えており、検査を受けた1120名のうち45.5%が陽性という結果が出ている。外国へ旅行しなかった人の陽性率は29.4%だった。オーストリアへの旅行者に限るとこの割合は59.5%と高い。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。