ニュース

犯罪ジャーナリスト、アムステルダムで銃撃を受け重体
peterdevries.JPG
オランダではおそらく最も有名なジャーナリストであるペーター・デ・フリース(Peter R de Vries)氏(64)が、6日午後19:30ごろアムステルダムの中心地で銃撃を受け病院に運ばれた。事件が起きたのは繁華街ライツェプレインに近い道路上。目撃者によれば5発が撃たれデ・フリース氏の頭を直撃したという。警察はすでに容疑者3名を逮捕しているが、実際の犯人であるのか否か、動機などは明らかにしていない。警察はさらに捜査を進めると発表している。

デ・フリース氏は犯罪捜査ジャーナリストとして活躍している。 犯罪捜査ジャーナリストというのは、警察やときには犯罪組織と協力し、犯罪を捜査し、犯人を追いつめメディアで発表するというジャンルのジャーナリズムである。デ・フリース氏は数々の本の出版をはじめとし自身のテレビ番組も持っていた。過去40年以上に渡り、多くの犯罪を解決したり未解決事件に取り組んできた「人道派」ジャーナリストだ。1980年代にハイネケンの社長であったフレディ・ハイネケンの誘拐事件で名を馳せたのが始まりで、その後数々の重大事件に関わり、最近でもモロッコマフィア関連の犯罪に関わっている。

事件の直後、アムステルダム市長を始め、ルッテ首相、フラッパー司法大臣が記者会見で、怒りと遺憾を発表。国王夫妻もフェイスブックにて法治国家への攻撃だと憤りを表明している。



関連記事

ウルクで教会礼拝者がジャーナリストに暴力
urk.png
いわゆるバイブル・ベルトと呼ばれている地区にあるウルク市とクリンペン・アアン・デン・アイセルで、日曜日朝教会へ礼拝へ行く人によるジャーナリストに対する暴力が起きた。バイブル・ベルトとは厳しい戒律を守るカルビン派のキリスト教信者が多いエリアで、 安楽死、同性愛、中絶、売春などというオランダのリベラルな制度に強く反対している。コロナに限らずワクチンを受けないという人が多い。この2地区では政府のコロナ規制を無視し、すべての信者に門戸を開けている。マスク着用も義務付けられていない。ウルクでは先月コロナウィルス試験場が燃やされるという事件も起きている。

1500人を収容できるクリンペンにあるミエルス教会の前でインタビューをしようとしていた記者は、殴られたり蹴られたりする暴行を受けた。またウルクのシオン教会(同500人)の前では、2人の若者が記者とカメラマンを殴り、その後車でぶつけるいう事件も起きた。

ウルクのシオン教会とクリンペンのミエラス教会では毎週教徒にドアを開けている。健康に問題無い人は、マスク着用や1.5メートルのソーシャルディスタンスの必要はないという。ウルクの改革派教会評議会は、政府のコロナ対策への不満からこのような措置をとったと言われている。これに対しルッテ首相はこのような措置は無責任で利己主義的だと非難しているが、信仰の自由という憲法の基本から、介入はしていない。
(画像はPowNed)

市民ジャーナリスト団、ソーシャルメディアでマレーシア機撃墜の容疑者ロシア人を特定
2014年7月17日オランダからマレーシアへ向かうマレーシア機MH17がロシア国境に近いウクライナ、グラボヴォ上空で撃墜され298名が命を落とした。このうち196名がオランダ人であることでオランダ検察による調査が行われている。しかしながらミサイルでMH17機を撃墜したのがいったいどの勢力の何者によるものなのか、未だに解明されていない。ウクライナ政府は親ロシア派のテロリストが撃ったブークミサイルによって17便が撃墜されたと述べ、親ロシア派勢力は、ウクライナ空軍の戦闘機による犯行と主張した。また別の調査ではロシア軍による関与が示唆されている。

オランダ国営放送NOSによれば、英国の市民ジャーナリストによる調査団べリングキャットが、MH17機撃墜に関わったとされる約20名のロシア軍人の身元を判明し、オランダの検察へデータを引き渡したという。べリングキャットの代表である英国人ヒギンス氏はNOSのインタビューにて、ミサイルはウクライナ国境付近のロシアのクルスクに駐屯するロシア第53防空旅団の第二大隊が発射したものだと語った。英国、オランダ、ドイツ、ポーランドそして米国のボランティアの協力でべリングキャットは、インスタグラム、ツイッター、そしてロシア版フェイスブックであるVコンタクテなどのソーシャル・メディアを解析し、この20名を特定したという。

これに先立ち昨年オランダの新聞NRCハンデルスブラットは、ロシアの軍事諜報機関GRUの元情報将校セルゲイ・ペトロフスキーのミサイル輸送の関与を報道、オランダ検察もこの情報を信頼のおけるものと発表している。

べリングキャットは調査結果を近日中にウェブサイトに掲載するとしているが、この公開によって関与者のソーシャル上のプロフィールや投稿がロシア政府によって削除されることを懸念し、名前は匿名にすると語っている。

オランダのジャーナリスト、シリアのアサド大統領と独占インタビュー
オランダのニュース番組である「ニュースアワー(Nieuwsuur)」が、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領と独占インタビューを行い、17日(木)に放映された。人権問題から外交問題まで核心に迫る問いにアサド大統領は真摯にそして巧妙に答えていたが、オランダがシリアに侵入しているISを空爆する計画については、これを違法であると断言した。「シリアは主権国家であるから、空爆は国際法違反行為になる。オランダがシリア国内でテロを攻撃したいならシリア政府にその許可を求めるべきである。」と大統領は論説した。

オランダ政府および同盟国はアサド大統領の退陣を要求しているが、大統領は「退陣をしたところで、シリアの政情や欧米の方針に変化はない。」とし、大統領の進退問題は欧米ではなくシリアが国家として決定することだと主張した。「オランダの首相の選出を他国が決定するとしたらオランダ国民はこれを認めないのと同じことである。」

さらに大統領はオランダ政府はこれまで一度もシリア政府に直接交渉を行ったことがないと指摘、「シリアのこの状況に手を差し伸べてくれるなら、いかなる国とも腰を据えて話す準備はある。」と、シリア抜きの他国による取り決めを非難した。本日、ニューヨークにて各国がシリア問題を話し合う。米国のケリー外相やロシアのラブロフ外相などが参加する。

インタビューの抜粋は以下のリンクから。(英語)

ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください