ニュース

コロナでオランダの家庭の貯蓄拡大。過去最大に
spaargeld.jpeg
社会保障制度が充実しているため、オランダではあまり貯蓄をしない人が多い。ところがコロナ禍が始まって以来、オランダでは1世帯あたり平均6500ユーロ貯蓄が増えている。とくに高収入の家庭での貯蓄は大幅に増加した。大手金融機関INGによる2020年3月から2021年5月までの貯蓄統計によれば、この期間の預金は合計520億ユーロ増加している。この増加は歴史上最大である。

コロナ規制で店舗や飲食店が閉鎖していたこと、旅行に行けなかったこと、美容室やマッサージなどに行けなかったことなどで、国民は支出が大幅に減った。また、政府による雇用支援対策で所得は安定していた。これにより可処分所得が増え貯蓄に回ったのである。

とくに貯蓄が増えたのはすでに資産を多く持つ富裕層や高所得者層である。通常では外食やバケーションに使っていたお金が、コロナ規制で使えず必然的に貯蓄に回っていた。これに対し低所得者層の家庭では必要経費はこれまでとほぼ変わらないため、貯蓄に回す余裕はなかった。

INGの分析によれば、520億ユーロの貯蓄増加分のうち280億ユーロはコロナ規制の影響によるものだという。上記にある外食やバケーションに支出しなかったことも大きいが、将来的に失業するのではないかという恐怖からも貯蓄は増えたと見られる。規制緩和が実施されても、すぐにこの貯蓄を崩して消費するとは考えにくいため、このまま預金額は増えそうである。



関連記事

コロナ太りは銀行預金でも、貯蓄が増大
sparen.jpg
オランダ中央銀行によると、昨年1年で個人の預金高は420億ユーロに膨らんだ。一昨年2019年の2倍である。経済の先行き不安もあるが、ロックダウンにより消費ができなくなったいう事情がある。外食や旅行にも行けず、新しい服を買う気持ちにもなれないロックダウンで、給与生活者の預金は膨らむ一歩だ。
この420億ユーロのうち20億ユーロは普通口座に置きっぱなし、21億ユーロはいつでも出金できる定期預金、そして残りが投資と借金返済に使うという。

1年間にこれほどの貯蓄があったというのを過去を振り返ってみてもあまりない。2019年の200億ユーロも過去の100億ユーロ前後と比べると多いほうである。中央銀行はこの増大をコロナ効果だと見ている。「政府の財政援助もありほとんどの人の所得は安定していたのと、先行き不安とロックダウンで消費が激減した。」と分析している。

一番貯蓄額が増えたのは5月。オランダ人が休暇手当をもらう月だ。バカンスに行かれないので受給額はそのまま貯蓄にまわったというケースが多い。ただロックダウンが緩和された7月から11月には消費は増大している。また12月もロックダウンに関わらず、シンタクラースやクリスマスのプレゼントや食事などで財布の紐は緩んだ月だった。ただ、給与生活者ではない個人営業の人や飲食業などロックダウンによる損害を被った人にとっては、金銭的に厳しい年となった。

ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください