ニュース

オランダは感染率欧州トップ、他国も上昇中
corona_europe_july2021.png
規制緩和後、オランダでの感染率は急上昇しているが、欧州他国も増加の一途をたどっている。夏休みが始まり、国外旅行を計画する人が多いが、この再発でブレーキがかかりそうだ。

ポルトガルで人気の海岸アルガルベのファロでは、夜間外出禁止令が発令され、ホテルのチェックインにもコロナテスト証明書が必要になった。
フランスも1週間前と比較し63%の増加。7月21日からは、映画館や美術館などの文化施設で、ワクチン証明やコロナテスト証明書が必要になる。さらに8月からは、長距離列車、飛行機、レストラン、バーなどでのコロナ証明提示が義務付けられる。
欧州で最も感染率が高いオランダに続くのがスペイン。カタロニアでは飲食店は12時半に閉店。さらに店内は10名までという規制が敷かれた。また公共の場での飲食が禁止される。
ギリシアでは金曜日から飲食店や映画館などがオープンする。ただしコロナワクチン接種証明書が必要となる。

感染率が比較的低いドイツやイタリアではとくに規制はない。感染率が上がっているベルギーやオーストリアではまだ新規の規制は発令されていない。
オランダでは本日規制について議会で討議される予定。

画像:Volkskrant


関連記事

ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください