ニュース

アムステルフェーンで少女が虐待。LGBT関連で警察が捜査。目撃者求める
westwijk.png
月曜日午後アムステルフェーンのウェストヴァイクで、14歳の少女フレデリックさんが4−5人の男子に暴行を受けるという事件が起きた。少女が歩いていると男子に呼び止められ「お前は男なのか女なのか。」と詰問された。少女は「そんなことはどうでもいい。」と無視したあと「私は私。人はなりたいものになれる。」と言い返したという。その後少年たち(11歳から15歳ぐらい)がフレデリックさんの顔を殴るなどの暴行を働いたため、少女は鼻が折れたり歯が何本か欠損するなどの重症を負い病院に運ばれた。

フレデリックさんの父親はこの事件をSNSであるLinkedInに投稿し、犯人探しの協力を求めている。さらに、「自分が女の子であろうと男の子であろうと、そしてゲイでもバイセクシュアルでもどうでもいいことだ。私はフレデリックをとても誇りに思う。」と書いている。この投稿にはたくさんの励ましや同情が集まっているという。

アムステルフェーン警察は、LHBTI関連の暴力は最優先に捜査すると発表。事件が起きたのは日本人が多く住むウエストヴァイクのAlbert van Dalsumlaan。この事件を目撃した人、犯人を知っている人は0900-8844まで知らせて欲しいとのこと。
アムステルフェーンのウェストヴァイクは静かな住宅地で、このような事件が起きることは皆無であるため、住人も驚きを隠せない。(画像は事件が起きた場所。Google Street View)

* 27日夜、容疑者のうちひとりの男子(14)が逮捕された。


関連記事

オランダの食肉処理場、動物虐待で閉鎖
slachthuisGosschalk.jpeg
先週2日オランダのエープ(Epe)にある食肉処理会社ホスハルク(Gosschalk)での動物虐待の映像がRTLテレビで放映された。動物保護団体のメンバーが、覆面でこの処理場で働き現場を隠しカメラで撮影したものである。豚がパドルで頭を激しく殴られたり、5000ボルトという高電圧で脅されたりする映像が流れた。同日、農業省のスハウテン大臣は実情を把握するまで営業停止の命令を下した。

オランダは食肉が安い。この安さと動物虐待は関係しているのだろうか? この会社による虐待は特別なケースなのだろうか? 

素性を隠しこの食肉処理場で働き、動画を撮影した動物保護団体「豚の危機(Varkens in Nood)」によれば、このような虐待は近年稀であるという。オランダ食品消費者製品安全庁(NIWA)や別の動物保護団体アイズ・オン・アニマルズによれば、今回ほどひどい虐待の例は明るみに出ていないが、より頻繁に発生する可能性は排除していない。屠殺会社は閉鎖的な企業文化を持つため、政府が実情を把握できない場合もある。

大臣は「虐待は容認されず、この食肉処理場または他の食肉処理場で虐待が再び発見された場合、NVWAは再び確固たる行動を取ることを躊躇しない」と議会に通知した。覆面で現場で撮影した動物保護団体のメンバーは、面接時に「1分の作業の遅れが100ユーロのコスト増となる。」と言われたという。改善するには、食肉処理場の速度を落とさねばならないことは確かだ。そしてこれを実施すれば、最低でも2%価格が上昇する。これは消費者が払わねばならないコストである。食肉処理場の監督を担当しているNVWAは、監視カメラを増設したり、スタッフのトレーニングを行うことが必要だとしている。

コンサルタント会社のデロイトは11月の調査で、NVWAの人員が不足しているため、タスクの3分の2が不足していると結論付けている。デロイトによると、動物福祉の分野における最大の問題は、食肉処理場の監督にあるという。

オランダ、虐待を受けた男性用の駆け込み寺増える
オランダには虐待を受けた男性のためのシェルターがいくつかあるが、どこも満杯状態。このために今月から2ヶ所で新しいシェルターがオープンする。男性用のシェルターを運営するヘンドリクス氏によれば、暴力から逃れるための場所の需要は高いという。昔は虐待を受けている男性が助けを求めるというのはタブー視されていたが、最近では勇気を持ちシェルターに行く人が多い。もちろん、この数は(男性から)虐待を受けシェルターに飛び込む女性の数と比較すればはるかに少ないが、数は増えている。

虐待される男性は身の安全が脅かされるだけでなく自尊心も失うため、なかなか自分からシェルターに逃げ込めないことが多い。自尊心の喪失がトラウマになっている人も少なくない。虐待はパートナーや家族から肉体的、心理的暴力を受けるものから、人身売買の被害者までも含む。シェルター運営者は、男性もこのタブーから自分を解放してほしいと述べている。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。