ニュース

オランダで一番安い店「アクション」も輸送問題で値上げか
action.jpeg
オランダで一番安い店といわれる雑貨・食品ディスカウントチェーン「アクション(Action)」は、最近のコンテナ価格と原料価格の急上昇で商品価格の上昇を余儀なくされるかもしれないと予想している。この値上げは他の小売チェーンでも同様である。

コンテナ価格の上昇は、中国の寧波や塩田などの港湾都市のコロナ規制やコンテナ不足による船舶輸送の大幅遅延などが原因となっている。これにより世界中で被害を被る企業が出ており、オランダの小売業も例外ではない。

「アクション」は、一部の商品は値上げが余儀なくされるが、それでも業界で最低価格というモットーは守りたいとしている。サプライヤーとの協力そして大量の在庫で解決策を探るという。

同じく「HEMA」も同様な問題に直面しているが、独自のネットワークでなんとか値上げを防いでいるという。しかしこれをいつまで続けられるかは不明だ。

ガーデンセンターも中国からの庭用家具の輸入で苦労している。今年は早いうちに在庫を増やしていたので、価格への転嫁はなかったが、来年には大幅な値上げが予想される。コンテナだけでなく、材料となる木材の価格が高騰しているのも原因だ。

このほか、家具販売店も輸送価格の高騰が小売価格に反映されないよう努めているというが、これがいつまで続けられるのかはわからない。輸送問題で、商品の配送時間も伸びている。


関連記事

小売大手「Action」、コロナでも成長
action.png
オランダに住んでいて超廉価ショップ「アクション(Action)」を知らない人は少ないはずだ。
25年前にオランダのエイクハウゼンで開店したこの小売店は、現在ではイタリア、ポーランド、ドイツ、フランスなどヨーロッパ8カ国に1748店舗を構える巨大チェーンへと発展した。「アクション」の商品はとてつもなく安いだけでなく、コスパがよく、トレンドをとらえていると見る人が多い。昨年2020年度はコロナ禍にもかかわらず、10%近くも売上を伸ばしている。実質的に店舗が開いていたのは1月から3月、そして5月から10月だったが、売り上げは前年比9%増の56億ユーロ、利益は11%増の6億ユーロだった。

4500人を対象にしたアンケートで、閉店を余儀なくされている店舗のうち最も行きたいと思っているのは、「アクション」がトップの16%、続く「ヘマ」の5%と「イケア」の1.6%と大きく水を開けている。「アクション」の根強い人気は変わらず、フェイスブックのページには230万人ものフォロワーがいる。ファンによれば、安くてトレンドをキャッチしているところがいいというのだが、サステイナビリティに関してはかなり低迷している。消費者の目から見たサステナブル企業の年次調査である2020年のサステナブル・ブランド・インデックスでは、前年と同様に176のうち130位と最下位に近かった。

現在、アクションはウェブショップと予約制の買い物の2通りが可能だ。いろいろな商品が並び、余計なものを買い込んでしまう心配など無視できるほど安い実店舗での買い物が人気だという。

暴動に襲われた小売店、クラウドファンディングで続々と寄付金集まる
brokenshop.png
デン・ボスで月曜日に起きた暴動で、郵便局を兼ねる文具店「Primera」が壊され略奪に合った。悲しみにくれる店主の女性とのインタビューがオランダ国営放送で放映されたが、その中で店主は「二度とこのような暴力、略奪事件が起きないことを願う」と涙ながらに語った。これを見た視聴者たちが複数のクラウドファンディングを立ち上げ、1日で10万ユーロ(1200万円)以上が集まった。
これを聞いた店主は「クラウドファンディングで寄付してくれた人には心から感謝しているが、修繕に全額は必要ない」と語った。寄付のほか、サプライヤーからも無料で商品を供給するという申し出も受けている。「寄付金の残りは、他にも被害を受けた店舗に配分する計画だ。」と同店主。

政府は今回の暴動事件を受け緊急討議を行い、司法大臣が「コロナ暴動による損害ファンド」の設置を発表した。被害を受けた店舗などでこれをカバーする保険に入っていない場合には、このファンドから資金が受け取れる。

このほかにもティルブルグやウルクでも被害を受けた人や店舗のためのクラウドファンディングが行われている。またアイントホーフェンの駅でピアノが破壊されたが、地元のロータリークラブが寄付をし新しいものが設置された。

コロナ陽性患者減少、小売業売上増加、クジラで止まったメトロ撤去作業
cheese.jpg
昨日RIVMが発表した1日のコロナウィルス感染者数は8306名と前日の430名減。ただし地域差は大きくアムステルダム周辺で大きく減少しているのに対しゼーラント州などでは増加している。さらに入院患者数も増えており、一部の病院では入院を受け付けないという状態に陥っている。陽性者の減少と入院患者の増加が、本日夜に発表される新たなロックダウン規制にどのように影響するのか。国民の健康と経済を計りにかけ政府は難しい選択を迫られている。

今年の第3四半期(7月から9月)の小売業は売上を大幅に伸ばした。中央統計局(CBS)によれば2005年以来最大の伸びだという。とくにオンラインショップでの販売は順調で2019年同時期と比較し40%の成長。第2四半期の55%増加に比較すると伸び率は若干低いものの順調だ。オンラインでの販売増加の要因はコロナ危機で実店舗での購入を控えていることにある。
またスーパーマーケットでの売上も6%の拡大を記録した。食肉店、チーズ専門店、酒店、青果店ではさらに売上が上昇し、9.2%の伸び。

地上10メートルで脱線しクジラの尾のオブジェのおかげで停止したメトロ列車は、今日から撤去作業が開始される。立地上撤去が難しいらしいが、特別仕様のクレーンが使用されるという。

コロナ感染者数急増で新たな規制。小売店などでのマスク着用も
wearingmaskstreet.JPG
28日夜7時に行われた記者会見でルッテ首相とデ・ヨング保健省大臣が新たなコロナウィルス感染拡大防止規制を発表した。すでにコロナウィルス感染者数は急増しており、これ以上の感染を防ぐための厳しい規制となる。この規制は29日(火)午後18時から効力を持つ。

オランダ全土:
*飲食店は21時以降は新たな客を入店させず、22時には閉店
*在宅勤務が標準となる。クラスター感染が起きた職場で、この規制を遵守することに協力しない雇用主は2週間の業務停止処分の可能性もある。
*レストランやホールの収容人数はまた最大で30人までとなる。屋外ではこの数は40人。
*葬式、企業、ショップ、デモ、美術館、遊園地など以外では、5名以上の集会が禁止される。
*自宅へ招待できる人の数はこれまでの名から3名へと減数される。(12歳以下の子供はこれに含まれない)
*スポーツイベントで観客は入場できない。
*テイクアウトの店は午前2時で閉店。アルコールは22時以後は販売できない。
*マスク着用義務は全国的には実施されないが、ハーグ、アムステルダム、ロッテルダムの小売店では、マスクを着用していない顧客の入店を拒否することができるようになる。政府はOMT(Outbreak Management Team)にマスク着用義務の拡大についてのアドバイスを求めている。
*ショッピングは必要なときのみに限り、ファンショッピングと呼ばれる遊びがてらの買い物は避ける。
*スポーツ施設の食堂は閉鎖
*スーパーマーケットでは高齢者や病弱者のための買い物時間を別途設ける。

アムステルダム周辺、ロッテルダム周辺、ハーグ周辺、ブラバント南東部:
*アムステルダムのハルセマ市長は、独自の記者会見にて、アムステルダム市内のみならずAmsterdam-Amstelland, Rotterdam-Rijnmond, Haaglanden en Brabant-Zuidoost地域での、小売店、飲食店や他の屋内の公共の場でのマスク着用を要請した。さらに、美容師やマッサージ師などの人と接触する人へもマスク着用を求めている。ハルセマ市長によればアムステルダムはすでにコロナ第2波に突入しているという。

コロナ危機の小売店への影響、悲喜こもごも
retail2020.png
中央統計局(CBS)が発表した統計によれば、4月から7月末までの小売店の売上は5.9%上昇した。アパレル業は大きな損失を被っているが、DYI、家具、スーパーマーケットなどは過去最大の売上を記録している。さらにこの第2四半期のウェブショップの売上は前年度同時期の55%増と伸びている。とくに実店舗がある傍らウェブでも実績をあげている店が目立つという。

コロナ危機はノン・フードと呼ばれる食品以外の業種に大きな影響を与えた。一部の業種ではコロナ以前の25%増の売上を記録し、他の業種では大きな落ち込みが見られた。とくに衣料と靴を売る小売は被害が大きく、衣料では30%減、靴は25%減であった。DYI関連では前年同時期の25%増と大きく売上を伸ばした。電子機器、ホビー、家具なども同様だ。食品も7.5%増と2005年以来最大の増加である。これは飲食店の閉鎖と買い占めが大きな原因となっている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。