ニュース

オランダの滞在許可をキープする為に必要な滞在期間
yourlegals.jpeg
「個人事業主ビザを取得したら、どのくらいオランダに滞在する必要があるのか?」
日本とビジネスをしている人たちは繰り返し日本に帰る必要があることも多く、オランダは他のヨーロッパ諸国にも旅行がしやすいため、繰り返し旅行する人も多い。またオランダに拠点をおいて、ノマドのように旅しながら生きていく人も少なくない。ビザの種類や個人の状況によって異なってくるので注意が必要だが、この記事ではオランダ個人事業主ビザに重点を置き記述する。

「個人事業主ビザ取得者はどのくらいオランダにいる必要があるか?」の答えはオランダ移民局が「対象者がオランダ国外に居住地を変更したかどうか」という点を見ている。当然のことながらオランダに居住地がある人に居住許可が与えられる。よってオランダが居住地でいないと見なされる行為をすると、個人事業主ビザ取得から2年後のビザ更新時に、延長許可が認められないことがある(例えば、本人は長期的に海外にいるが家族がオランダ国内に継続的に住んでいる場合など、例外として扱われるケースもある)。

移民局が明確にしている基準は以下。

①3年間の間に連続して4か月間国外に滞在すると、居住地が変更されたとみなされる。
②不可抗力によるものではないことを証明できる場合を除き、6か月連続してオランダ国外に滞在する(ただし、刑務所の時間は不可抗力と見なされる)。

つまり、3年間の間に複数回「4ヶ月間オランダ国外にいる」証拠が見つかると、ビザ更新が難しくなる。また1度でも6ヶ月間国外に居続けた場合も同様である(不可抗力によるものと証明できる場合は例外、また刑務所にいる場合はその期間は無効)。

以下がこれまで、移民局が例外を認めた例である。

•高度に熟練した移民(高度スキルビザ所有者)は、仕事が理由でオランダの企業から給料がまだ支払われている場合、国外に年8ヶ月滞在できる。
•外国投資家ビザの保有者は、国外での年間滞在8か月が許可される。
•留学を一時的に完了する学生は、何らかの形で海外の高等教育に従う必要がある。 1年連続の期間は一時的なものとは見なされない。

上記の例外に関しては、個人事業主ビザが対象でないことに注意が必要である。よって、原則として、個人事業主ビザでオランダに滞在が許されている人は、オランダ国外に4ヶ月以上連続して滞在することは避けた方が良いと言える。

上記の情報は、移住弁護士事務所YourLegals の提供です。ご不明な点、ご質問などありましたら info@yourlegals.jpまで日本語でお問い合わせください。またZoomによる30分間無料のコンサルティング(日本語)も行っております。


関連記事

オランダ政府、コロナ危機での企業および個人事業主への支援策を発表
オランダ政府は17日、コロナ危機で財政的困難に陥っている企業や個人事業者に数百億ユーロ単位の支援を行うと発表した。危機が続く場合にはこの支援も延長されるという。

・納税:企業は3ヶ月間納税の義務が延長される。税務当局に申請すれば、法人税、付加価値税、源泉徴収税などの納税延期が認められる。

・個人事業主(ZZP)が財政困難に陥った場合には3ヶ月間生活保護金額が支給される。この金額は返済の必要がない。当事者に資産があったりパートナーに所得があるといった場合にも、これは問われずに支給が受けられる。
所得が少ない個人事業主にとっては死活問題となるため、支給手続きは速やかに行われるよう現在調整中である。

・コロナ危機により大きな損害を被っている企業には、緊急で4000ユーロの貸付が行われる。例えば飲食業、旅行業、文化関連の企業である。

・従業員をレイオフしたり解雇せねばならない企業は、これまで失業保険の75%を政府が負担していたが、これが90%となる。つまり雇用主の負担が大幅に減る。

コロナ危機による中小企業、個人事業主、フリーランサーが直面する問題の解決策
オランダの中小企業や個人事業主の団体であるONL(Ondernemers NL) は、コロナウィルス拡大で大きな経済的被害を被っている中小企業や個人事業主そしてフリーランサーへのアドバイスを発表した。12項目にわたるもので、現在そして将来の資金流動性問題を最小限に留める方法や相談機関、救済対策が載っている。以下はその概要。詳細はhttps://www.onl.nl/wp-content/uploads/2020/03/SMF_ONL_Corona_Liquiditeit.pdf

1.キャッシュフロー予測を今回のコロナウィルス拡大に合わせ変更する。今後12ヶ月の収支予測を現実にあわせる。
2.早期支払いによる割引を利用。
3.支払い(受け取り)を月額払いにできるようにすることで月々のキャッシュフローを確保
4.長期プロジェクトの場合で、クライエントが月額払いを拒む場合には、最初に30%程度の頭金を受け取れるよう交渉
5.売掛金管理を徹底する。未支払いの売掛金は徹底的に回収に努める
6.在庫管理。在庫はできるだけ少なめに。ただし供給元には素早い供給を要請する。売上が減ることはつらいが、顧客に供給できないことはもっと打撃だ。
7.プロジェクトの回収を早める。プロジェクト終了後に請求というものでも、先払いを交渉する。
8.個人事業主のための失業保険(BBZ)を利用する。BBZは個人事業主やフリーランサーが失った収入を補填するスキームである。申請は各地方自治体で行う。また155ヘルプ財団(www.155.nl)での相談も可能だ。
9.商工会議所(KvK)に設けられたコロナウィルスによる損失に関する相談デスクを利用する。電話は0800-2117
10. 売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスである「ファクタリング」を利用する。
11.ブリッジファイナンス(つなぎ融資)を利用する。
12.運転資金の融資を受ける。運転資金融資は銀行だけでなくクラウドファンディングなどでも行っている。

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく
高騰する家賃を払うより、金利が歴史的に低い今、ローンを組んで住宅を購入するほうが安い。しかしこれまで仕事に就いたばかりのいわゆるスターターには住宅ローンを組むのが難しかった。これが2020年1月から住宅ローン機関の方針が緩和され、ローンが組みやすくなる。

雇用契約がある人はこれまでも住宅ローンは比較的たやすく組むことができたが、個人で事業を営む人や派遣で働く人、期限付き雇用契約の人などは、とくに困難だった。これが来年から少し簡単になるようだ。
住宅ローン保証機関NHGによれば、新しい査定法はパートタイムで働くスターターに魅力的だという。査定では現在の所得だけでなく、将来的な予想所得も考慮する。

派遣会社から派遣されているパートタイマーは、最近ではローンが組みやすくなってきている。これに対し個人事業主は、年次報告書を提出してからローンが決まるまで時間がかかるだけでなく、借りれる総額も低かった。

いくつかの住宅ローン会社は、個人事業主に対しNHGの保証なしでのローンをテスト的に開始したが、今のところ結果はかなり良い。2020年1月からING銀行、Rabo銀行、ABNAmro銀行など9つの機関で、新しい査定法でのローンを開始する。第1四半期だけで800人程度のスターターや個人事業主がローンを組むことになると予想されている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。