ニュース

人手不足、オープン採用のススメ
job.jpg
オランダの人手不足は深刻だ。50年ぶりに求人数が求職数を上回るという逼迫した状態が続いている。これに対する解決策のひとつとして、「オープン採用」がある。オープン採用(Open Hiring)とは、履歴書や面接なしに採用するという方法だ。

現在オランダの求人数は32万7000人で過去最大となっている。この求人を埋めるにはオープン採用しかないかもしれない。アメリカから始まったこのオープン採用は、オランダでもここ数年取り入れられてきている。利点は、これまでの履歴書や面接でふるい落とされた人たちにもチャンスが与えられるということだ。例えば求人内容に適した実力や経験があるのに、学歴がないという人たち、あるいは外国の名前という理由で書類調査段階で落とされていた人たちも雇用できる。このオープン採用を利用している企業のひとつは大手スーパーの「ユンボ(Jumbo)」だ。この方法で人員は確保できるだけでなく、これまで以上の成果を得ているという。

労働経済専門家のデッカー氏は、「このシステムは多くの求職者にとって喜ばしいもの。実力があるのに学歴や面接で落とされるという人も少なくないからだ。」数週間仕事をして、雇用者と求職者の双方がうまくいくかを試すことが可能だ。

オープン雇用はまだオランダでは多数派ではない。これまでオープン雇用を採用したのは28社。多くの企業がまだ足踏みしているが、試用期間と一時的契約を取り入れれば問題ないはずと、専門家。

社会雇用省もこの逼迫した雇用状況の中、オープン採用を推奨しており、市役所や雇用局(UWV)そして大学でも率先して取り入れるべきだとしている。工場や店舗での従業員だけでなく、専門職などもこのシステムで探すことも可能だ。先の労働経済学者も「実力があるのに、履歴書や面接段階で落とされた人たちに大きなチャンスを与える」と、このシステムを支持している。


関連記事

オランダ経済回復で深刻な人手不足
wood-1076712_640.jpeg
コロナ危機による一時的な経済悪化から回復したオランダだが、これによる人手不足が深刻な状態になっている。雇用保険局UWVの7月末の求人のうち従業員が確保できなかったケースが16.5%となっている。

人手不足はオランダではここ数年続いているが、これほど高いのは初めて。雇用市場を調査したABNAmro銀行は、この状態はしばらくは続くと見ている。また、飲食業の人手不足はかなり深刻だが、現在では他の業種にもこれが拡大している。エネルギー、農業、食品、医療、建設業での雇用確保はかなり難しくなっている。具体的には、自転車による配達員(89%不足)、歯科衛生士(78%不足)、清掃従事者(74%不足)などが大幅な不足状態だ。

コロナ危機で企業活動は大きく鈍化したものの、人手不足は続いていた。政府が従業員の給与を補償するという助成金制度(NOW)のおかげで、企業は従業員解雇を免れたので、失業率は3.8%と低調が続いてきた。今企業の活動が活発化し、この人手不足に拍車がかかっている。

これを解消するためには、例えば在宅勤務を奨励するなどが上げられる。職場までの通勤距離によって就職を躊躇している人も在宅なら仕事ができるからだ。またNOW制度の終了で、解雇される人や倒産する会社が増える可能性もあり、これらが求人を埋めることも考えられるが、これにも限りがある。


飲食店やイベント関係、規制緩和による人手不足で悲鳴
events.jpeg
コロナ規制緩和で小売店や飲食業が再開しているが、次なる問題である人手不足が浮上している。イベント会社や飲食店など、コロナ規制で多くの従業員を解雇せざる得なかったが、今度は人手不足で悲鳴をあげている。2020年3月、コンサートやフェスティバルはすべて中止となった。そして明日5日から再開ということになったが、急に人員を確保するのは難しい。また飲食店も長く続いたロックダウンで数万人が解雇したが、解雇された人の多くは別の業種で職を得ている。

コンサートホールや劇場などは、20−50%の人員が解雇されている。すでに職を離れた人たちを単純に呼び戻すことは簡単ではない。

飲食店はコロナ危機以前から人手不足に悩まされていたが、緩和後はさらに従業員確保が難しくなりそうだ。調査によれば、37%の飲食店は人員確保は簡単ではないと考え、21%は人手不足に悩まされると考えている。ロックダウン中に職を離れざる得なかった従業員と親密にコンタクトを取り合っていたような店は、呼び戻すのがそれほど難しくなさそうだと関係者。しかしすでに別の職種に転職した人を飲食業に呼び戻すのは困難なようだ。

コロナ失職したオランダ人、人手不足のアスパラガス農家を手伝う
オランダはアスパラガスシーズンの真っ最中。毎年4月から6月には店舗にオランダ産の白アスパラガスが並ぶのだが、今年は豊作だというのに品薄だ。アスパラガスを収穫する人手が足りないというのが理由らしい。オランダの南部リンブルフ州やブラバント州のアスパラ農家では毎年ポーランドやルーマニアから季節労働者がやってきて収穫を手伝っている。しかし今年はコロナウィルス蔓延のオランダを恐れてやってこないため、せっかくのアスパラガスの収穫ができないのだ。

しかし農家が共同で「収穫を手伝って! Helponsoogsten.nl」というサイトを開いたとたん、数千人のオランダ人が収穫の手伝いに手を上げた。年齢や職種もまちまちで、小学生から、コロナウィルス対策で失職した旅行業界の人、調理人やソムリエまでと、農家はその応募者の数にうれしい悲鳴をあげている。今ではウェイティングリストまでできているという。農家も働くひとも助かるというウィンウィン状態(双方勝ち)だとコメントする農家もある。

アスパラガスは新鮮さが命だ。土から頭を出した日に収穫しなければならないため、緊急を要するのだ。アスパラガスのほかにも、イチゴ、ネギ、レタス、キャベツなどの収穫に人手が足りないという。もしこのままロックダウンが続けば8月にはリンゴやナシの収穫に人手が必要となる。

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に
アムステルダム東部の総合病院OLVGは、年内に循環器科と癌科の看護病棟を閉鎖する。専門の看護師が不足しているのが理由だ。12月にはもう手が回らない状態にあると同病院。12月1日から循環器とガン患者の看護病棟では新規患者は受け付けない方針である。12月11日には同科の患者と従業員は同じOLVGのアムステルダム西部に移転する。看護担当人員の不足で、アムステルダムの東と西に同じ病棟があることで、運営がきびしくなっている。このため、すべてアムステルダム西のOLVGに移転させるという。移動するのは看護病棟のみで、同じ科の日帰り入院や治療はこれまでどおり東OLVGにとどまる。

同病院によれば、ここ数ヶ月のうちにこれらの病気に特化した専門看護師が5人も退職しており、12月には入院患者を受け付けられなくなったと同病院。
看護師不足はオランダでも深刻な問題となっている。医療介護分野での求人は1年で12%上昇し、今年の第3四半期には30491名。特に、専門分野での人手不足は深刻で8人の募集に1人の応募といった状態である。

こういった状態で、病院では一部閉鎖に追い込まれる場合もある。昨年にはフローニンゲン大学病院の29ある手術室のうち4室は閉鎖となった。アーネムの病院でも救急部門が閉鎖に追い込まれ、ハーグのブロノボ病院は人手不足より病院自体が閉鎖となっている。

アムステルダムの病院での人手不足にさらなる足かせとなっているのは、住宅不足だ。家賃や不動産価格の高騰で、病院の従業員がアムステルダムに住めなくなっている。
専門の看護師を確保するためにボーナスを支給する病院もある。フローニンゲン大学病院では、手術室専門の看護師には3年継続勤務で5000ユーロの特別ボーナスを払っている。アムステルダムのアントニ・ファン・レウウェンフック病院では給与を10%値上げしている。

オランダの人手不足、今度はバス運転手にスペイン人
オランダの人手不足はとどまるところを知らない。アムステルダムのカフェや店舗ではオランダ語を話さない店員も多く、会話は英語だ。そして人手不足は飲食業だけでなくバス会社にも波及。運転手を海外から募集しようとバス会社コネクシオン(Connexxion)は夏季に試験的に外国人運転手を雇ってみた。「オランダ人の運転手がスペインに休暇に行っている間にスペイン人の運転手がスペインから働きに来るというのも面白いでしょう?」と同社担当者。今年は24名のスペイン人運転手が来て、4人がバス300番(ハーレム・スキポール空港・アムステルダム)を運転している。

コネクシオンのバスの運転手になるには、D種運転免許を所持するほか、英語が話せること、高卒以上、1年以上の経験があることが必要だ。今年の3月にスペインのバレンシアで試験があり、これに受かった人がオランダにやってきた。

この試みの反応は?バス300番は空港を通るため外国人の乗客が多く、とくにオランダ語は必要ないらしい。スペイン語やアラビア語を話せる運転手がいると喜ぶ乗客もいる。運転手のほうも特にカルチャーショックも感じずにオランダに滞在しているという。なによりも、オランダでは労働協約が整っていることがスペイン人運転手にとっては魅力的なようだ。オランダでは農業分野でも、農繁期にスペインから働きに来る人も多い。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。