ニュース

政府発表、9月25日からの新しい規制と緩和
coronacheck.png
14日夜、政府は9月25日から始まる規制変更についての記者会見を行った。すでに報道されていた1.5メートルのソーシャルディスタンスの廃止とコロナパスの導入などの他、イベント開催などについても詳細を発表した。

■ 1.5メートル規制廃止
ちょうど1年半前から導入されていた1.5メートルのソーシャルディスタンスに関する規制がなくなる。ただし、人との距離を置くよう強く推奨されている。

■コロナパス(証明書)提示
飲食店、ホテル、文化芸術施設、スポーツ競技でのコロナパスの提示が義務付けられる。例外は、人の動きがある美術館や図書館など。コロナパスは、ワクチン接種が終了しているか、至近のコロナ検査陰性証明、最近コロナに羅患し完治している証明などを示すもので、13歳以上に義務付けられる。

■イベント
屋外のイベントやフェスティバルは再開できるようになった。ただし訪問者はコロナパスの提示が必要で、複数の日にまたがるイベントでは24時間毎の提示が義務付けられる。終了時間の規制はない。
ポップコンサートなどの屋内のイベントも25日から開催可能となる。ただし、収容人数の75%までの集客が許可されるのと、コロナパスの提示の義務化は屋外のものと同じ。ただし終了時間は午前0時。
着席のコンサートは最大収容人数の集客が許可される。

■ クラブやディスコティーク
クラブやディスコは再開するが、飲食店と同様開店は午前0時までに限られる。コロナパスの提示も必要だ。

■ 学級閉鎖
これまでコロナ陽性の子供がいた場合クラス全体が閉鎖されていたが、9月20日からこの必要がなくなる。ただし、陽性の子供と深い接触があった子供たちは、対面授業が受けられない。また、感染者が多く保健所が危険とみなした場合には、学級閉鎖もあり得る。

■ 中高大学内でマスク不要

■ 公共交通機関内では引き続きマスク着用
空港内では必要だが、駅舎やプラットフォームでは不要となる。

■ 自宅隔離不要
コロナ危険国から帰国した人はワクチン接種済みならば自宅での隔離は不要となる。これは22日から有効となる。

■ プロサッカーの試合観戦
サッカースタジアムは満席で完全オープンとなる。ただしここでもコロナパスの提示は必要だ。9月25日に予定されているエレディビジーPSV対WillemIIの試合はすでに完売。1年半ぶりの再開である。


関連記事

9月25日から飲食店などでコロナパスポート導入か
cafe_in_town.jpg
オランダ各メディアが報じたところによると、9月25日から飲食店や文化イベントなどでコロナパスポートが導入されそうだ。またこの日から1.5メートルのソーシャルディスタンス義務が廃止される。ただし、公共交通機関内ではマスク着用は必須である。ホームや駅舎内での着用は不要となる。また、自宅勤務の奨励は変わらず、飲食店の夜間(0:00-06:00)の営業禁止は続きそうだ。

イベント開催についてはまだ決定していないが、上記を含む規制緩和については火曜日夜の記者会見で政府発表がある。プロサッカーの試合に関してはスタジアムに100%観客を入れることができそうだが、ワクチン接種証明かウィルス検査陰性証明を求められる。政府は先週の時点でコロナパスポートの導入の義務化を検討していると発表している。オランダでは成人の約80%の人がワクチン接種済みだが、まだ180万人が接種しておらず、医療機関の逼迫などを防ぐため、この措置を導入するという。

コロナパスポートは、13歳以上にワクチン接種完了、コロナウィルス検査陰性、あるいはコロナウィルスに羅患したが完治を証明する証明書で、携帯アプリ(Corona Check)で提示が可能だ。携帯アプリを使用しない場合には紙のものも代用となる。この証明書はEU内の渡航にも必要となっている。
フランス、イタリア、そしてスイスなどはオランダに先んじてこのコロナパスがすでに義務付けられている。

ブリュッセル、10月1日からコロナパス導入
cafe_terrace.jpg
ベルギーの首都ブリュッセルでは10月1日から、いわゆる「コロナパス」が導入されそうだ。飲食店に入店する場合、16歳以上の人は、ワクチン接種証明か至近のウィルス検査陰性証明を提示しなければならなくなる。おそらく、この制度はスポーツジムやナイトクラブ、劇場などでも採用されるはずだ。

ベルギーのメディアVRTによれば、この証明書は「コロナ安全ティケット(Covid Safe Ticket)」と名付けられる。上記のほか、イベント会場や病院そして老人ホームなどの訪問の際にも提示が義務付けられそうだ。
今回の決定は、ブリュッセルでのワクチン接種率が低いことが引き金となっている。現在住民の62%が接種済みだが、フランダース州の90%と比較し、かなり低い。ただ一部の地域ではワクチン接種率が高いことから、この制度を施行しないと、すでに発表している行政官もいる。

コロナパスはすでにイタリアやフランスで採用されている。ベルギーではワクチン接種率が低い州などで各州が独自に採用を決定できる。

オランダでも5日前にコロナパスの導入について政府が検討中だと発表している。まだ感染者数は多く、180万人がまだワクチン未摂取であることで、これを促す目的でコロナパスが導入される可能性がある。詳細は9月14日に閣議で決まりそうだ。

 EUのコロナパスポート導入最終合意。QRコードで証明
coronapas.png
EUは木曜日、コロナウイルスの陰性やワクチン接種を証明する「コロナパスポート」の詳細に関して最終合意に達した。「COVID-19認定書」と呼ばれるコロナパスポートは、夏のバケーション時期までに間に合いそうだ。

コロナパスポートは、スマートフォンのQRコードもしくは紙の形式となり、「ワクチン接種終了」「直近の検査で陰性」あるいは「感染から回復して免疫を獲得」を示すものだ。このために1億ユーロ分のコロナ検査が無料で提供されることになる。コロナワクチンはヤンセン(ジョンソン&ジョンソン)のものを除き2度接種する必要があるが、1度目の接種でもコロナパスポートを取得は可能だ。

ただし、コロナパスポートがあれば必ず入国できるとは限らない。加盟国各国で、入国の際に再度のウィルス検査や隔離を義務付けることもあるという。

今回の合意により、欧州議会は6月7日の週に関連法案を可決する見通し。各国での正式導入は7月1日が計画されている。

(画像:NU.nl)

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。