ニュース

犯罪組織による攻撃に備え、ルッテ首相に厳重な警備か
rutte_on_fiets.png
全国紙テレグラーフが報じたところによれば、ルッテ暫定内閣首相は犯罪組織による誘拐や攻撃の標的になる可能性があり、厳重な警備がつくことになる。これまでは自転車で国会へ登院したり、気軽に街を歩いていた首相だが、今後はそれも不可能になりそうだ。

テレグラーフの記者は、「これまでに何度かスポッターが目撃されており、彼らはモクロマフィア(モロッコ・マフィア)に関係している。」と出演したテレビ番組で語っている。スポッターとは、犯罪世界で使われる用語で、標的をどのような方法で誘拐したり攻撃したりするかを、念入りに計画する人物だという。記者は、標的は今の所ルッテ首相であると断言している。モクロマフィアとは、モロッコやアンティール出身者からなるオランダやベルギーで活動するドラッグ関連の犯罪組織。ロッテルダム港やアントワープ港経由で輸入されているコカインを欧州全土で流通させたり、ドラッグの生産に関わっている。

モクロマフィア関連事件で2019年に弁護士のデルク・ヴィアスム氏が殺害されて以来、20人から30人もの関係者が厳重に警備されている。その中には、この殺害事件の大元となったモクロマフィアのボスであるタギの判決に関わる司法関係者が多く混じっている。今年の7月、検察は2人の容疑者に対して終身刑を要求した。この殺害は、容疑者のナビルBがタギに対する証人陳述書を作成することについて検察庁と司法取引をしたことに関連しているという。


関連記事

オランダは犯罪組織に牛耳られているのか
drugmafia.jpeg
火曜日夜に起きた犯罪捜査ジャーナリストの銃撃事件について、コメントを求められたフラッパーハウス司法大臣は、憤りと困惑が混ざり言葉少なげだった。オランダは年々激しさを増す地下犯罪組織のドラッグ戦争に直面している。アメリカのドラッグ戦争のような戦いが、オランダのマフィアによって日々繰り広げられているのだ。これまで一般人は巻き込まれなかったので、大きなニュースにはならなかったのだが、2019年に事件に関与していた弁護士が殺害されてから明るみに出てきた。殺害されたヴィエルスム弁護士は、ドラッグ犯罪組織によるマレンゴ事件の証人の弁護をしていた。これまでオランダでは組織による司法への攻撃はなかった。

前政府はドラッグマフィア撲滅のために1億ユーロの予算を計上し、警察、税務署、税関など複数の組織が共同で戦うシステムを作り上げた。しかし、この予算内でマフィア撲滅に成功していない。オランダは米国のドラッグ犯罪撲滅組織DEAのモデルを採用しようとしたが、警察の人員不足による抵抗にあっている。

オランダはコカインの取引におけるメインポートになりつつある。ロッテルダム港での大量のコカイン発見、アールスメール花市場を通してのコカイン取引、そして東部の農家への嫌がらせまで、マフィアによる犯罪はとどまるところを知らない。

2020年だけでドラッグ関連の殺人事件は115件。弁護士に続きジャーナリストへの攻撃が起きた今、オランダは犯罪組織撲滅にさらに投資をするだろう。しかし、コカインやクリスタルメスといったドラッグの需要は高く、貧しい家庭で育った若者が犯罪組織へ入るというルートがある限り、いたちごっこに終わる可能性もある。
(この記事の下に犯罪組織関連の記事を掲載)

オランダ検察、犯罪組織の拷問部屋を発見、7つのコンテナの中
chair.png
オランダ検察は、ブラバント州のローゼンダール近郊で行った捜索で、輸送コンテナ7個の中に隠された拷問部屋と思われる設備と、剪定ばさみなどの拷問道具を発見したと発表した。このうち6個のコンテナは拘束用、1つが拷問部屋だった。捜索は6月22日に実施され、誘拐や人質事件にかかわった容疑でオランダ人6人を逮捕した。

6個のコンテナにはそれぞれ、人を縛りつけるための手錠が天井と床に取り付けられていて、防音パネルと断熱材が張られていた。
コンテナの1つには歯科用の椅子があり、足と両腕を縛るストラップが付いていた。拷問用と思われる道具の入った袋もあった。さらに、のこぎり、手術用メス、ペンチ、手錠、指錠、テープ、目出し帽、頭にかぶせる黒い綿の袋も見つかったほか、ロッテルダムの民家の捜索では、24キロ分の合成麻薬が発見された。
輸送コンテナには、離れた場所から監視するためのカメラも取り付けられていた。ほかにも盗難ワゴン車やBMW車、拳銃や中国版のカラシニコフや自動小銃など25の武器が見つかっている。

当局によると、今回の捜査は4月から開始し、暗号化されたチャットプログラム「EncroChat」にアクセスすることに成功。2500万件のメッセージを盗聴、グループの動きや犯行計画を監視して、狙われていた複数の人物を割り出した。検察はこの拘束施設と地下組織の犯行計画を「冷酷で衝撃的」だ動揺を隠せない。容疑者は誘拐、暴行、恐喝、犯罪組織への参加の容疑で逮捕されたが、アムステルダムの地裁は月曜日、さらに90日間の拘束を命じている。(画像:オランダ検察)

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。
木曜日午後、アムステルダム郊外アムステルフェーンのスポーツ・ジム「Health City」の駐車場で、39歳の男性が射殺された。この男は警察にはすでに目をつけられていた犯罪者だった。射殺時、男が乗った車には4歳の子供も同乗していたが、事件後無事に家族に保護されている。

この射殺事件は犯罪組織の粛清と見られている。被害者は犯罪者のラシッド・コーターで、現在逃走中の犯罪者リドゥアン・タギの組織と抗争中の組織の構成員らしい。リドゥアン・タギはオランダ犯罪史上でも最多数の殺人を含む犯罪を犯したお尋ね者で、麻薬取引犯罪組織のトップ。通報者には100,000ユーロの懸賞金が支払われる。

ラシッド・コーターやリドゥアン・タギは、モロッコ系オランダ人で構成される犯罪組織に属する。現在オランダではこのモロッコ系の犯罪組織が勢力を増しており、TVシリーズにちなみ「モクロ・マフィア」と名付けられ警察に追われている。

今回の射殺事件の容疑者は、シルバー色のフォルクスワーゲン・トランスポートで逃走。その後車はダウフェンドレヒトで燃やされている。警察は目撃者を探している。

アムステルダム市、犯罪組織の資金での飲食店開店を阻止
今後アムステルダムでカフェやレストランなどを開店する際には、資本金の出所を明らかにせねばならない。犯罪組織が飲食店などを利用し闇金のマネーロンダリングを行うのを防ぐのが目的である。

最近ではアムステルダム西部にあるスロータープラスで、市当局は営業許可を取り上げている。またセントラム地区のスナックバーも同様な理由から閉店を余儀なくされている。これはブレッド・アンド・ソルトという店で、シリア人オーナーがサウジアラビアから合法的に借入したものであることを証明できなかった。

これまでは市当局のみが営業許可に関与していたが、今後は警察、税務当局、労働局、検察なども調査に加わることになる。これにより犯罪組織の資金洗浄をきびしく取り締まるのが目的。

オランダの農家の15%に犯罪組織がドラッグ生産拠点として接触
オランダの農家の15%が犯罪組織から飼育場や倉庫を使わせて欲しいという話を持ちかけられている。犯罪組織はこれを(デザイナー)ドラッグ製造場所として使用するのが目的だ。これは水曜日に全国紙「Trouw」が発表したものだが、表面化を恐れる農家も多いため、おそらくこの数はもっと多いと見られる。特にオランダ南部では農家5軒のうち1−3軒が犯罪組織に何らかの形で接触していると警察と司法当局は見積もっている。

警察のデザイナー・ドラッグ(Synthetic Drugs)取締りを行う担当者によれば、農村地帯で犯罪組織がますます手を広げているという。跡継ぎがいない農家が増え、飼育場や倉庫の空きが目立っている。こうした状況で農家が大金を提示する犯罪組織の誘いを断るのは難しい。
司法当局によれば、倒産農家や空き家の目立つ農村の犯罪化を阻止するには、政府による介入とくに農家への援助が不可欠である。これに対しスハウテン農業省大臣は、農家からの買い取り価格を叩くスーパーマーケットが農家の衰退を担っていると批判している。オランダでは生産性の高いハイテク農家が脚光を浴びる影で、昔ながらの農法を営む農家が衰退し、犯罪組織がこれにつけこむという暗い現実がある。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。