ニュース

食品廃棄を減らすために改良された野菜登場
broccoli.jpeg
今オランダでは、野菜のゴミを減らすための品種改良が行われている。たとえば、ハンバーガー用のバンの大きさにぴったりのサイズのレタス、捨てることが多い太い茎のかわりに細い茎のブロッコリ、黄色くなると捨ててしまうが白いままで長持ちするカリフラワーなど、捨てないことを前提にした野菜である。改良野菜は、現在行われているフィールド・オブ・イノベーションという農家とスーパーマーケットなどが参加するイベントで紹介されている。世界規模では、野菜や果物の30%から40%がゴミとして捨てられている。これを減らそうと、オランダの農業界は、消費者の要望を考慮し、新しい野菜の改良を行ってきた。

品種改良野菜を生産するシナジェンタ(Synagenta)社は、「品種改良には開発から生産までに平均7年かかる。上記のハンバーガー用レタスが例だが、長持ちするだけでなく、余分な部分を捨てることがない。」とコメントしている。ブロッコリーも、太い茎を薄く切って使う人もいるが、たいていの人はそのまま捨ててしまう。「実際には、この茎の部分が美味しく、かつビタミンに富んでいるので、もったいない。」と同社。そこで、同社が開発に着手したのは、茎が細いブロッコリー。これなら茎を捨てずにそのまま食べられる。

色が変わってしまったカリフラワーは実はまだ十分食べられるのだが、もう食べられないと考えて捨ててしまう人が多い。そこでシンジェンタ社は、色が変わらないカリフラワーの開発を行った。また独居者や少人数の家族が増える中、大きなカリフラワーは半分しか使わず、残りは古くなって捨てられることも多い。そこで長持ちし、色が変わらない品種が開発された。

種苗会社であるシンジェンタ社は農業ではトップクラスのワーヘニンゲン大学と共同で、2030年までに食品廃棄をこれまでの半分にするプロジェクトを行うと本日発表した。オランダの農業技術は世界でもトップ。農産物の輸出高は世界2位を誇る。


関連記事

食品廃棄を減らすためのヒント
先進国では食品廃棄が問題になって久しい。オランダでもこれを減らす試みが行われ2010年にはひとりあたり年間48kgの食品を廃棄していたのが2016年には41kgへと減った。しかし、これも決して問題解決にはなっていない。そこで、食品センター、ワーヘニンゲン大学、スーパーマーケット各社、マクドナルドそしてラボバンクが共同で「あなたは食品廃棄を減らしている?」というキャンペーンを開始した。

消費者の食に関する情報提供やアドバイスを行う食品センター(Voedingscentrum、政府が100%助成)によれば、小さな子どものいる家庭が食品廃棄が一番多いという。食品廃棄は環境に悪いだけでなく非経済的だ。一世帯平均50ユーロ分の食品を捨てているが、1年では600ユーロにもなる。

廃棄直前の食材を使って調理するレストラン「Instock」が食品廃棄を減らすいくつかのヒントをあげている。スーパーマーケットに行く時はショッピングリストを持参し、余計なものを買わない。料理するときは人数分のみ。冷蔵庫は食品を長期保存できる4度ぐらいに設定する。残り物はできるだけ冷凍する。といった当たり前のことなのだが、それを行わず余った食品はゴミ箱行きという家庭が多いという。

このレストラン「Instock」以外にもここ数年オランダではいくつかの食品廃棄をなくす試みが行われている。2018年から、ホテル、スーパーマーケット、パン屋、デリカテッセンなどが余った食品を知らせ、消費者は安い価格でこれを引き取れるというアプリ「Too Good To Go」が利用できるようになった。アムステルダムの5星ホテル「The Grand」もこれに参加している。毎朝の朝食ビュッフェでは大量にチーズ、パン、ハムなどが余る。これまではこれを廃棄していたが、今ではアプリで欲しい人に販売している。このアプリ「Too Good to Go」にはオランダだけで約1100の企業が参加。アプリ利用者は約35万人に登るという。

オランダ、食品廃棄減り、一人あたり年間41キロに。
オランダ政府は食品の廃棄を減らすよう呼びかけているが、2010年に一人あたり48キロだったものが、昨年には41キロへと減少した。ただ41キロへと減ってはいるものの、消費者は自分では年間21キロ程度の食品を廃棄していると考えており、ふたを開ければ2倍の量を捨てている計算だ。

廃棄が最も多いのはパンと乳製品。さらに飲料も年間ひとりあたり57リットルも捨てている。ただし41キロのうち、消費者が捨てているのは30%、残りは農業、飲食店、企業、食品工場によるものだ。

経済省のファン・ダム次官によれば、食品廃棄は減ってはいるものの、まだ満足の行くレベルには達していない。「政府、企業そして消費者が協力して食品廃棄を減らす努力が必要」とコメントしている。同氏は以前から、長期保存が可能な食品から「消費期限」をなくすべきだと提唱している。調査によれば、米、パスタ、コーヒーなどの食品から「消費期限」の表示をなくせば、廃棄量は12%減るという。

アムステルダム、ハーグ、ユトレヒトには、過剰生産で廃棄処分になりそうな食材を使ったレストランIn-Stockが人気を呼んでおり、消費者の意識も高まっている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。