ニュース

今年の冬はインフルエンザが蔓延。ワクチン接種について
flu.jpeg
コロナ規制が大幅に緩和されたことに伴い、今年の冬は通常のインフルエンザが猛威を振るう可能性が高いと、ウィルス専門家が警告している。今日は全国インフルエンザ・ワクチンの日。インフルエンザに関するシンポジウムなどが開催される。オランダでは10月と11月には、約400万人にインフルエンザのワクチン接種が無料で提供される。対象は60歳以上の人、慢性疾患のある人、そして医療関係者である。

インフルエンザ協会は対象者がワクチン接種を受けるよう呼びかけているが、それでもWHOが推奨する75%に満たない。さらに、コロナウィルスの感染する人は減少しているものの、水平線をたどっている。それでも、イベントは開催されるし、1.5メートル規制も廃止されるなど大幅にコロナ規制は緩和された。さらに、ここ1年半の期間インフルエンザに感染した人はほとんどいないため、免疫を持つ人が減っている。このため、今年の秋冬にインフルエンザが爆発的に広がる可能性があると、アムステルダム大学病院のウィルス専門家であるデ・ヨング博士が警鐘を鳴らしている。

インフルエンザワクチンは子供も摂取を受けることができる。子供は感染しても症状は軽いが、これを両親あるいは祖父母に感染させる可能性がある。
政府が対象としていない60歳未満の健康な大人も希望すれば自費でワクチン接種が可能だ。ホームドクターに連絡しワクチンの処方箋を出してもらい、これを薬局で受け取る。受け取ったワクチンをホームドクターに持っていき摂取を受けるという仕組みである。費用は保険でカバーされる場合が多い。また企業によっては会社負担でワクチン接種を進めているところもある。


関連記事

渡り鳥がオランダの鳥インフルエンザ感染源か
オランダ・エコロジー研究所は、オランダの数カ所の養鶏場で発生した鳥インフルエンザの感染源を調査していたが、本日、鳥インフルエンザの変種ウィルスを2羽のヒドリガモの糞の中から発見した。「このヒドリガモが鳥インフルエンザに感染していることがわかったが、もっと多くの種類の渡り鳥も感染している可能性が高い」とロッテルダムのエラスムス医療センターのウィルス専門医が語った。「現在オランダの養鶏場に広まりつつある鳥インフルエンザの感染源はこの野生の鴨だけでないといえる。」

オランダの数カ所の養鶏場で発生した鳥インフルエンザはお互いが感染源にはなってはおらず、渡り鳥によってウィルスが運ばれてきた可能性が高いと、同研究所。渡り鳥のヒドリガモは農場付近に多くいるが、おそらく農業従事者がその糞がついた靴や長靴で養鶏場に入ったときにウィルスを運んだのではないかと見ている。

ただヒドリガモ自体がウィルスの感染源であるかどうかも不明である。鳥インフルエンザはアジアが発生地だがオランダにやってくるヒドリガモはアジアからではなく北スカンジナビアやロシアからやってくる。これらの地域でアジアからやってくる渡り鳥から感染したのではないかという可能性もある。
現在欧州で鳥インフルエンザ感染が確認されているのはオランダ、イギリス、ドイツの3国である。

オランダ、別の地区でも鳥インフルエンザ発生
11月16日に最初の鳥インフルエンザがユトレヒト付近の農場で発生してからすでにオランダでは3ヶ所で感染が浮上した。金曜日にはオーバーアイゼル州のカンパーフェーンの農場で鳥インフルエンザが検出され約10000羽の鶏が処分された。また付近の農場でも鴨15000羽が同様に処分されている。この鳥インフルエンザはH5N8種できわめて感染性が高い。

またドイツでは本日、野生の鴨からこのH5N8菌が検出発見された。野鳥から感染が発見されたのは欧州では初めて。現在オランダでは全国で卵、鶏肉、鶏糞の輸送を禁止している。2003年にオランダおよび欧州諸国を襲った鳥インフルエンザの流行で、オランダの養鶏場では最低でも3億ユーロの損害を出している。

オランダでのH5N8型鳥インフルエンザ発生で、EU緊急対策導入検討
昨日16日にオランダで発生したH5N8型鳥インフルエンザの拡大を防ぐため、欧州委員会は家禽類の輸出禁止などの緊急対策の導入を検討している。輸出禁止令が該当するのは家禽、卵、その肉で、欧州内外への輸送を禁じるもの。オランダは毎年600億個の卵を輸出しているので痛手は大きい。

オランダ政府は、16日の昼ごろユトレヒト州のヘーケンドルプにある養鶏場で感染性の高いH5N8型鳥インフルエンザが検出されたとして15万羽の殺処分を開始、72時間の移送禁止令を出した。さらにこの養鶏場から10km以内にある16の養鶏場に対しても30日間の移送禁止処置が取られている。

国外では日曜日イギリスのヨークシャーの農場でも鴨から鳥インフルエンザウィルスが検出されている。ウィルスの型は明らかではないが、H5N1ウィルスでないことは確かだという。イギリスで鳥インフルエンザが発生したのは2008年以来はじめて。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。