ニュース

オランダ政府、化石燃料への投資を中止か。COP26
oilfield.jpeg
グラスゴーで開催されていた気候サミットCOP26(国連気候変動枠組み条約締約国会議)で、オランダ政府は海外での石炭、石油、ガスという化石燃料への投資を止めるグループに参加すると決定したと、ニュースサイトNu.nlでのインタビューで語った。先週の水曜日には、米国やカナダなどを含めた20カ国の「化石燃料投資を中止するグループ」へ参加しないと発表していた。しかし議会での激しい討論の末、180度転換し、このグループを支持する側にまわるようだ。

このグループの趣旨は、新規に油田を開発するなどの化石燃料への政府による投資をやめるというもの。地球温暖化を1.5度の上昇に留めるために必要な措置で、2022年にはこの投資を撤廃すると決定している。ただし、オランダ政府の決定は、鉄鋼やプラスチックを製造するために化石燃料を使用するプロジェクトなどは除外され、引き続き投資は続くというものである。また化石燃料を使用するプロジェクトでもCO2の排出が抑えられる場合には投資は可能だ。

オランダは、国外での化石燃料プロジェクトへの投資が比較的大きい。たとえば、アフリカでの石油やガスのオフショア開発では45億ユーロも投資している。しかし、オランダ開発銀行FMOは、先週、海外でのエネルギープロジェクトは再生可能エネルギーに関するものに限定すると独自に決定した。
オランダは再生可能エネルギーの開発や省エネルギーの分野ではEU内でも遅れをとっているが、今後は政策転換が見込めるかもしれない。


関連記事

急速に進む地球温暖化でオランダは浴槽状態に!?
Oosterscheldekering.jpeg
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は9日報告書を発表し、その中で人間が地球の気候を温暖化させてきたことに「疑う余地がない」と指摘。このままでは地球の一部地域は人間が住めなくなると述べている。熱波や大雨、かんばつといった異常気象の頻度や厳しさが増すと予測。海面水位の上昇については、2150年までに5メートル上昇する可能性も排除できないと書かれている。

オランダは国土のほとんどが200メートル以下の標高でその4分の1が海面より低い。王立海洋研究所(Nioz)のアイメー・スランゲン氏は、「オランダは水が組み上げられた浴槽のようなもの。その端に押し寄せる水はますます高くなっている。」と指摘し、「水がこの浴槽の端に近づけば近づくほど、嵐が来ると大洪水になる恐れが高まる。」と警告している。

「海面上昇は地球温暖化によってもたらされる。海水は温められ膨張し、海面が上昇する。また氷河や氷冠から溶け出した水も海に流れ込み、これも海面上昇を促す。さらに農業用水などの利用のため地下水が汲み上げられ、これが最終的に海に流れ込む。」とスランゲン氏。ICCPの報告書は2013年に発表されたものとあまり変わらないが、数値はかなり詳細化されている。たとえば、南極大陸の解氷による海面上昇は北ヨーロッパ諸国に大きな影響を与えることが数値で表されている。重力の影響により南極からの融解水は、世界の平均海面上昇に加えて、10パーセントの余分な海面上昇を引き起こす。

この海面上昇によりオランダは2年から10年ごとに高水位を経験することになる。つまり、東スヘルデ防潮水門(Oosterscheldekering)やマースラント防潮水門(Maeslantkering)は、これまで以上に洪水を防ぐために門を閉ざすことになりそうだ。

オランダ、堤防を高くしても温暖化による海面上昇には勝てない!?
afsluitdijk.jpeg
ユトレヒト大学の自然地理学教授クラインハンス氏によれば、さらなる地球温暖化はオランダにとって致命的となると警告している。またオランダ王立気象研究所(KNMI)の所長であるファン・デル・ステーンホーフェン氏は、1.5度という温暖化の限界を超える脅威について懸念を表明し、選挙後の新政府が地球温暖化と戦うためさらに積極的に取り組むよう求めている。現在、世界は3度の温暖化に向かっている。「それは劇的な状況につながる。」と同氏。

KNMIは最近、排出に起因する地球温暖化が大幅に過小評価されている可能性があることを示す研究(文末のリンク)に言及している。「私たちの2世代目は気温の3度上昇は避けられず、その結果は海面上昇だ。そして、海とともに、川はオランダの全幅にわたって上昇する。現在河川地域では、水を排出することによって都市を保護しているが、海水による背水はもはや意味をもたなくなる。」これらの川はオランダをデルタ地帯へと逆戻りさせる。北海のライン川、マース川、スヘルト川、エムス川の河口地帯となる。

前出のクラインハンス氏によれば、問題は堤防だという。満潮のたびに川が溢れて海に入るのを防いできた。しかし、それらの(マイナーな)洪水は、粘土を堆積させることによってオランダを形成してきた。
干拓による泥炭地も底が落ち着き、沈静化するという結果をもたらしたため、オランダの半分はますます深くなり、これまで以上に高い堤防に守られることになった。したがって、干拓地を乾いた状態に保つために、ますます多くの排水が必要になるが、この排水は塩の海水が堤防の下に吸い込まれることを意味する。その塩分を含んだ地下水は、農業に大きな影響を及ぼしている。

堤防を高くして国土を守るよりも、積極的に温暖化に取り組むことが緊急に必要な課題であると、クラインハンス教授は警告している。17日に行われる総選挙でも環境問題は重要な争点となっている。

原子力発電はオランダの温暖化対策に必要なのか?
Kerncentrale.jpg
先週の日曜日に行われた選挙のための党首討論会で、環境対策としての原子力発電設置が問われた。ルッテ首相は賛成派で、設置候補地にフローニンゲンを挙げていた。原子力はチェルノブイリと福島での事故以来、その是非を問うことさえもタブーになっていたが、今回の討論会で再び議題に上ったのはなぜなのか。オランダはCO2の削減目標達成に遅れを取っており、これを解決する手っ取り早い方法が原子力発電なのだ。

もちろん、オランダでも風力発電や太陽光発電にも遅ればせながら力を注いでいる。しかし、風力と太陽光は常時利用できないという欠点がある。原子力発電は常時大量供給が可能である。さらに、核分裂の際にCO2を発生しないという利点もある。ただしCO2に関しては太陽光や風に勝るものはない。
計算によれば2030年には、太陽光や風で50ギガワットの容量が利用可能になり、それまでの最大電力需要は、21ギガワットとであるため充分な供給源である。問題は、風や太陽の加減で50ギガワットが10ギガワットまで落ちる場合があるということだ。

そこで原子力発電という案が浮上してきたのだ。2年前、国際気候パネルIPCCは、原子力発電なしで摂氏1.5度の低下を目標とすることは実現不可能であると述べている。パネルによれば、2030年までに最低でも60パーセント近く多くの原子力エネルギーが必要とされる。

しかしながら原子力発電はオランダにとって最適な解決方法なのであろうか?答えは否である。
まず建設期間が長すぎること。最低でも8年かかるため、2030年の目標を達するにはすでに開始していなければならないが、その計画はない。第2にコストが高すぎること。建設、人員、燃料だけでなく、耐用年数の終わりに廃止措置といったすべてを考慮すると、新しい原子力施設からの電力は、風力や太陽光からの電力の約4倍の費用がかかる。第3に放射性廃棄物の問題がある。

原子力発電を選択するか否かは政治的な判断に委ねられている。

温暖化でオランダでのマダニ増加、ライム病の危険
teken.jpeg
国立衛生健康環境研究所(RIVM)の調査によれば、オランダでのマダニ咬傷数が過去10年間で30%増加し、150万件となった。RIVMとワーへニンゲン大学共同で作成したウェブサイトである「マダニレーダー」tekenradar.nlは、マダニ咬傷数や場所を示している。これによれば、オランダの東部での発生が多く、6月と7月がマダニの活動ピークである。

気候温暖化に伴いオランダでのマダニの繁殖が増加している。さらに6月や7月は野外で活動する人が増えているため、咬傷数も増加する。マダニは森林だけでなく、公園やゴルフ場そして子供の遊び場にも生息する。

マダニ咬傷を予防するために、「Nature Today」というアプリが開発されている。自分がいる場所でマダニが発生しているかどうかを確認できるもの。マダニに咬まれても単に赤く腫れるだけで病気にならない場合が多い。しかし、スピロヘータ科ボレリア属の細菌であるライム病ボレリアを持つマダニに咬まれるとライム病を発症する。オランダでは毎年27,000人がライム病に感染している。この数は20年前の4倍である。このうち1500人は直後に筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などの激しい症状が出ているという。感染から数ヶ月~数年を経た「慢性期」には、慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性関節炎、慢性脳脊髄炎などが出現する。大抵の場合は抗生物質で治療が行われる。

温暖化でヤブ蚊やマダニなどの熱帯の害虫がオランダにも侵入
かつては南欧にだけ生息していた人間に害を与える毛虫やダニなどが北上し、オランダでも問題化している。ワーヘニンゲン大学の生物学者でギョウレツケムシ情報センターの長であるファン・フリートによれば「ヨーロッパの自然界で大移動が起きている。」そうだ。ベルギーのアルデンネ地方ではマツノギョウレツケムシが繁殖し、この毛はオランダの樫の木につくギョウレツケムシよりタチが悪いという。またアジア原産のヒトスジシマ蚊(Tiger Mosquito)もオランダに潜入しており、チクングニア熱やデング熱を発症させる原因となっている。

さらにマダニにも注意が必要だ。イボマダニ(Reuzenteek)と呼ばれるこのマダニは、人や動物を刺して血を吸いライム病を引き起こしたダニとはまた別の種類で、主として大型動物や人間を攻撃し、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こすウィルスを持つ。これまでこのダニはアフリカとアジアそして南欧、東欧に生息していたが、今ではドイツでも発見されている。ツゲの木につく蛾も最近オランダに侵入してきた。この蛾にやられるとあっという間にツゲの木は丸裸に食い尽くされる。

害虫の北ヨーロッパへの大移動には、飛行機や車による人の移動が一要因となっているが、地球温暖化が一番の原因だ。オランダは100年前に比較して平均気温は2度も上昇している。50年前のフランス中部の気温だ。もうひとつの原因は、オランダ内の生物多様性(Biodiversity)が減っていることがある。例えば、大量の昆虫の消滅がある。これにより一種類の危険な生物が繁殖する可能性が高まる。

温暖化の影響は花粉症患者の増加にも見られる。さらに、日射時間の増加による皮膚がん患者の増加も同様だ。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。