ニュース

イスラエルのメーカー、オランダで3Dプリント肉を生産
3Dmeat.png
イスラエルのビーガン肉メーカーであるリデファイン・ミート(Redefine Meat)社は、ブラバンド州ベスト市で、人工肉生産を開始する。12月の末から3Dプリントで作る培養肉を欧州、中東、アフリカ市場向けに生産するという。

同社がオランダを生産拠点に選んだのは、人口ひとりあたりのビーガン肉の消費量が最多であるからだという。(ただしデータはない) リデファイン・ミート社は今のところ世界唯一のビーガン肉を3Dプリントで生産する企業である。原料は、大豆、ひよこ豆、えんどう豆で、同社によれば本物の肉に比較し環境への負荷は95%少ないという。

オランダのトップシェフであるロン・ブラウ(Ron Blaauw)氏は、この「ニセ肉」に驚き、「最初に食べたとき、まるで本物の肉を食べているのかと思った。」とコメントしている。このほか、イギリスやドイツのミシュラン星シェフもこの人工肉を実際に使用しているという。イギリスで22軒のステーキハウスを運営する3星シェフ、マルコ・ホワイト氏やベルリンの2星シェフヨアヒム・ゲルナー氏もこの人工肉を使っているという。

リデファイン・ミートがオランダで製造拠点として購入したのは、ベストにある畜産工場ファン・ローン社。オランダでの製造と販売が軌道に乗れば、イギリスやドイツでも生産を始めると同社はコメントしている。


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。