ニュース

コロナ入院患者増加で医療逼迫、明日また記者会見
hospitalized.png
今週の水曜日のRIVMの統計によれば1日の感染者数は23,789名とこれまでの最多となった。これを受け、政府は当初12月3日に予定されていた記者会見を明日11月26日に繰り上げると発表した。通常は記者会見前に大筋がリークするが、今回は内容はまだ明らかにされていない。

コロナによる入院患者の流入により、病院でのがん患者の化学療法、腎臓移植などの急を要する手術がキャンセルされている。これまでも腰や膝の手術は中止されてきた。今後6週間に計画されている手術や治療が難しい状態であるという。

RIVMの資料によれば、18歳以上のワクチン接種済みの人は85%、未接種の人は12%だ。入院患者で見るとワクチン接種者と未接種者の割合は半々。ICU治療を受けている患者の68%は未接種の人である。ワクチン接種済みの入院患者のほぼ全員が心臓疾患などを抱えているか肥満の人だという。

この医療逼迫に対し、全国緊急医療ネットワーク(LNAZ)と病院は医療拡大計画を作成した。コロナ患者による医療体制が逼迫した場合には、病院のスタッフがコロナ患者用に回される。さらに軍や赤十字も援助にまわるというもの。


関連記事

オランダ、今年の初ニシンは医療関係者へプレゼント
hollandsenieuwe.jpg
オランダでは毎年最初に水揚げされたニシン樽がオークションで競られ、売上金が慈善団体などに寄付されるという伝統がある。本日6月11日は、初ニシンの日だが、コロナウィルス感染防止規制により、35年ぶりで競りが行われないことになった。その代わりに今年はコロナウィルス患者を介護した医療関係者に贈られる。

オランダインテンシブケア協会会長のホメルス氏、そして全国救急医療会長のカイパー氏が、最初の樽を受け取る。その後エラスムス大学病院のスタッフに初ニシンが贈られる。そしてもちろん他のオランダの病院やオランダの患者を受け入れてくれたドイツの病院のスタッフにも、コロナ危機での献身的な看護に感謝し、オランダ漁業協会(Het Nederlandse Visbureau)が初ニシンをプレゼントする。同協会はオークションは行われないが、自身を顧みず働いてくれた医療関係者への感謝を示したい、と今回の粋な措置を説明している。

一般の人は新ニシンを明日金曜日から購入可能だ。街角にある魚屋台などは毎年混雑するが、今年は1.5メートルを守り行列するため例年ほど混まないと予想される。また例年ではこのオークションの様子が報道されるため、一般の人が初ニシンシーズンに気づくのだが、今年はこのお祭りがないためニシンを求めて屋台に集まるという事態はなさそうだ。

オランダの医療機関「通常に戻る」。診療所は安全?!
polikliniek.jpg
ICUに入院するコロナウィルス患者数が減少し始めたため(5月1日時点で700人を下回る)、いわゆる通常の病院業務が再開を始めている。北ホラント州やフレーフォラント州の病院ではすでに本日から通常に戻っているという。救急医療(ROAZ)によれば、人との距離を開けねばならないいわゆる「1.5メートル対策」で、これまで病院業務がかなり困難な状態であった。そこで、病院内をすべて一方通行にしたり、待合室に人が混み合わないようにするなど工夫を重ねてきた。

現在、患者は病院に行く前に事前スクリーニングが行われる。電話で症状を説明し、コロナウィルスに感染していないと判断された場合には、ポリクリニーク(病院に付随する診療機関)に行くことができる。コロナ感染が疑われる場合は自宅療養か症状によっては入院となる。

ROAZは慎重な感染防止対策により、ポリクリニークは安全であるとしている。さらにポリクリニーク内では耳鼻咽喉科などの医師以外は、(患者の)マスク着用は必要ではないとコメントしている。またこれまで電話で問診を行っていたが、今後はビデオ診療も行うとROAZ。もちろんビデオ診療ですべての患者の診療ができるわけではないが、遠隔治療が可能なケースもあるという。また、ポリクリニークに行かねばならないとしても、感染を怖がる必要はないと強調している。

オランダ、来年から自分の医療データの閲覧可能に
来年からオランダでは自分の医療データをコンピュータ、タブレット、スマートフォンなどで閲覧できるようになる。また、このデータを介護者や他の医療関係者に送付し共有することも可能となる。医療介護・スポーツ省ブラウン大臣(VVD党)が19日フォルクスクラント紙でのインタビューで語ったもの。同省が300万ユーロを助成しているPGOと呼ばれる個人健康制度は、患者、医療機関そして医療介護ICT協会が共同で取り組んでいる。

この制度で問題となりえるのは、医療データを含む個人情報の管理だ。今世紀の初め、当時の政権はEPDと呼ばれる個人の電子カルテの開発予算3億ユーロ予算を、この理由から突如撤回している。しかし2011年には上院がこのEPD導入を承認した。

新しいPGO制度は、このEPDとは異なる。まずこの制度は、個人がどのデータがPGOに含むかを自分で選ぶことができる。さらにデータ選択もホームドクター、病院、理学療法士、薬局などと相談することも可能だ。またどのデータをどの医療機関と共有するかを管理することも可能となる。

オランダ、組閣は間近? 残るは「人生を全うした人の安楽死」と「胎芽検査という医療倫理」での合意
総選挙から5ヶ月、3人目の仲介役を投入後組閣にもやっと光が見えてきたようだ。4党の連立政権では各党が方針の違いをどれだけ歩み寄れるかが焦点となる。現在もっとも障害となっているのが、「安楽死」と「医療倫理」に関する問題だ。とくに、この問題にリベラルな立場をとる民主66(D66)党と、強いキリスト教倫理のもとに政治を行おうとするキリスト教連盟(CU)の完全合意は困難だ。

D66党は、治癒の見込みのない病にかかっている老人への安楽死適用だけでなく、人生を全うしたと考えている(そして孤独な)老人へも安楽死(自殺幇助)を適用させようと考えを支持している。これに対しキリスト教連盟は強く反対。さらに同党は、生まれる前に将来の病気を予測する胎芽検査に対しても反対している。組閣が成功しても、前政権が進めようとしていたこの2点は合意にいたらず、施行される可能性が低くなった。オランダ各紙は、両党の歩み寄りと妥協で組閣を進めるために、今期安楽死と胎芽検査に関する立法は行わないという秘密裏の決定がリークされたと報道している。

妊娠中の胎芽の検査については、遺伝性の重傷の病を防ぐ目的でにすでに行われている。前健康省のスヒッペルス大臣は、遺伝性乳がんの発見など検査の拡大すら提唱している。

3月15日のオランダ総選挙を前に、党首による第一回討論会「移民、年金、医療」
3月15日に行わられる総選挙前の党首による第一回討論会が、アムステルダムのカレ劇場で5日夜行われた。討論の焦点となったのは、移民、年金、医療費である。最も注目を集めている極右の自由党(PVV)のウィルダース氏は招待を断り参加しなかった。

ルッテ首相(VVD党)は、オランダ文化と医療介護問題で野党と衝突する場面が見られた。同じく中道右派のキリスト教民主党(CDA)も、緑の党、社会党、そして労働党との間で、移民に関するオランダのアイデンティティという問題そして医療費について激しい討論が繰り広げられた。左派の党は、医療費の自己負担金を撤廃させると主張したが、CDA党はこれを否定した。

歴史的に移民からなる多民族国家オランダの独自の文化とは?という問題でも労働党とキリスト教民主党(CDA)の討論は過熱した。異質な文化(イスラム教)を受け入れるべきだという労働党や他の野党に対し、CDAとルッテ首相(VVD)は、オランダ特有の文化が失われていくと警戒心を露呈している。

年金受給年齢では、社会党、50プラス党、労働党は、今後予定されている67歳からこれまでの65歳へと戻すべきだと主張。ルッテ首相によれば、これが実現されるには数十億ユーロの増税が必要になると対応した。緑の党は、この年金受給年齢引き下げにかかる120億ユーロは、初等教育予算を上回るもの。次世代の教育費を削ってまで年金年齢を引き下げるべきではないと主張した。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。