ニュース

コロナパス、追加接種なしだと2月1日で失効
covidpass.jpeg
欧州連合(EU)は来年2月から(渡航のための)コロナパスを有効にするために、追加接種(ブースターショット)を義務付けたい意向だ。オランダも基本的にこのEUの措置に同意しており、今後数日間で正式化する予定である。デ・ヨング国民保険省大臣は、国境開放を維持するためにはこのディジタル認定書であるコロナパスは重要だとし、ブースター接種は必須だと述べている。

最後の接種から6ヶ月以内にブースター接種を受けていないEU在住者は入国を認めないという国も出てきている。ただし、EU加盟国は域内の自由な移動を阻止するような規制は認めないというルールもある。また、各国の国内での規制はこれとは別の問題なので、ブースターなしで飲食店に入れるか否かなどはまだ何も決定していない。デ・ヨング大臣はEU各国の同調を呼びかけていると同時に、EU域外からの旅行者へ到着時のPCR検査を義務化したいと考えている。

オランダはブースター接種が遅れており、やっと始まったばかり。「今後2度接種するのに十分な在庫はある。」と発表し、今後追加接種を急ぐと述べている。RIVMによればこれまで67万人が追加接種を受けている。これは成人の約5%と欧州では最低のレベル。

*コロナパスは国内用と国外用に分かれているがこれはEU内用。


関連記事

ブースター接種の予約のしかた
vaccination_pixa.jpeg
コロナ変異種であるオミクロン株の感染が拡大する中、オランダ政府は追加ワクチン接種(ブースターショット)を受けるよう呼びかけている。他の欧州諸国に比べブースター接種開始が大幅に遅れていたオランダは、1月末までにすべての18歳以上の希望者が接種完了するよう全速力で接種を進めている。高齢者から始まった接種もすでに1964年生まれまで年齢が下がっている。来年1月7日までにはすべての18歳以上の人が接種予約ができるようになり、1月後半には接種が終了する予定だという。オランダ政府によるブースター接種についての詳細

これまでは最終の接種(第2回めの接種)が6ヶ月以上前が条件だったが、これが3ヶ月前に短縮されている。
何年生まれが予約可能かは新聞やテレビといったメディア以外にもフェイスブックやツイッターなどのSNS経由で発表されている。また  RIVMのページでもチェックできる。RIVMやGGDからの招待状を待つ必要はなく、予約可能になればオンラインあるいは電話で予約ができる。(オンライン予約は下記のリンク)

ブースターワクチンは、ファイザーかモデルナ製。以前に受けたものと違っても問題ないという。接種後はコロナアプリに反映される。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。