ニュース

19日からまた本格的ロックダウン、1月14日まで
lockdown.jpeg
本日12月18日に行われた政府の記者会見にて、再度のロックタウンが発表された。
19日朝5時からオランダはまた本格的なロックダウンが始まる。アウトブレイク・マネジメントのアドバイスに基づき、できる限りの店舗やサービスが閉鎖されることになる。この規制は1月14日まで続く。オミクロン変異種の急激な拡大に対する懸念が今回のロックダウンの背景にある。

■ オープンできるのはスーパーマーケットや食料品店、ドラッグストア、薬局、メガネ店、といったエッセンシャル(生活に必要な)ショップのみ。

■ 閉鎖が決まったのは、これ以外の店やサービス。飲食店、生活に必要ではない小売店、スポーツ、文化施設(美術館、コンサートホールはど)は閉鎖が余儀なくされる。飲食店ではテイクアウトやデリバリーは可能だ。また小売店もオンライン予約のピックアップは可能。
医療関係を除くすべての接触業(美容、理容、ネイル、マッサージなど)は営業中止。

■ 中高等学校、大学なども閉鎖。小学校はすでに閉鎖されたが、1月3日にこれを見直し、クリスマス休暇の終わる1月10日から開校できるかを決定する。

■ 一日に招待できる人数はこれまで4人であったが、これが2人に減る。例外はクリスマスと大晦日で4名までの正体が可能。ただし大晦日はこの例外が適用されない。屋外でもグループは2人まで、クリスマスと大晦日は4人までとなる。(13歳以下は数に含まれない)

■ スポーツ
プロスポーツは観客なしで開催が許可される。アマチュアスポーツは不可。
プールやスポーツクラブは閉鎖。ただ屋外でのスポーツジムでの運動は5:00から17:00まで可能。
水泳教室は続行される。

政府は追加ワクチン(ブースター)の接種を急いでおり、18歳以上の成人は1月17日までにオンラインで予約ができるようになり、1月末までには希望者全員がブースター接種を完了できるよう手配を進めるという。


関連記事

ロックダウン一部緩和発表、飲食店や文化施設は再開ならず
maatregel14-1.png
本日19時、ルッテ首相とカウパース国民健康省大臣による記者会見が行われ、ロックダウン規制の一部解除が発表された。1月15日(土曜日)から、スポーツ施設、接触業、小売店そして学校が再開できる。ただしマスク着用などの条件つきである。なぜ飲食店や美術館などの文化施設は再開できないのかという疑問に対し、「1日に3万人を超える感染者がある中、全面緩和はリスクが伴うため、段階を踏んだ緩和を行う。」と説明している。次期の緩和については1月25日(火曜日)に発表される予定。

■ 教育、文化、スポーツ
技術教育や大学まで、すべての学校がオープンする。またスポーツや文化関連レッスン(音楽、演劇、ダンスなど)も屋内外で可能となる。ただし観客は禁止。また入場にはコロナパス(アプリ)が必須となる。

■ 小売業と接触をともなう業種
小売店は毎日17時まで開店できる。1.5メートルの距離を置くこととマスク着用が義務付けられる。美容師、理容師、ネイル、セックスワーカーやマッサージなどの接触をともなう業種も17時まで開店可能。

■ マスクの着用義務の範囲が広がる。布製マスクは無効となる。

■ 自主隔離の義務と例外
感染者と接触した人は、これまで症状がなくても自宅隔離が義務付けられていたが、1週間以上前にブースター接種を受けているか、8週間以内にコロナに感染したことがある人は、隔離の必要がなくなる。

■ その他
・コロナに感染しているかと思ったらすぐにセルフテストをし、陽性の場合にはすぐにGGDにて検査を受ける。
・1日に自宅に招待できる人数はこれまでの2人から4人までに。
・屋外でのグループ形成も4人まで
・飲食店は閉鎖だが、テイクアウトやデリバリーは可能
・映画館、美術館、劇場、コンサートホールは閉鎖
・スーパーマーケットやドラッグストアといった生活必需品店は20時までオープン

ロックダウン緩和、美容院や小売店はオープン、飲食業は不可。不公平感広がる
lockdown.jpeg
昨日情報筋からリークされた情報によれば、「土曜日から小売店やスポーツ施設は条件付き再開可能だが、ホテルや飲食店は不可」となりそう。詳細は本日夜7時に行われる記者会見で発表される。これを受け、小売店や美容サロンなどの接触業は喜んでいるが、飲食店はその不公平さに不満を隠せない。飲食店業界は、「政府の意向にかかわらず土曜日にはオープンする。」ところが多そうだと予測している。

小売店や美容院は予約制で顧客を受け入れられそうだ。マスク着用も必須となる。コロナアプリ提示も含まれそうだが、昨今のオミクロン変種の拡大で人員不足となっている店舗ではここまで手が周るかどうか心配している。イケアやメディアマルクトそしてアクションといった大型小売店舗では、人手不足の問題はないという。

これに対し、バーやレストランはまだ再開できないことに苛立っている。「予約制で顧客を受け入れれば問題ないはず」と業界は反発している。飲食業界団体はこれにより社会不安を引き起こす可能性があるともコメントしている。反発する飲食店は独自に土曜日から開店するというが、業界団体は政府の意向に反発することは支持していない。

部分的ロックダウン開始でも、感染者また増加1日19200人に
RIVM15-11-21.jpeg
昨日14日の感染者数はこれまでの最多の19,200人となった。ただし週末にRIVMへの報告に問題があったため数字は若干違うというが、増加していることは確かだ。全国緊急医療協会のカウパース会長によれば、オランダは医療逼迫に直面しており、コロナによる現在入院患者数は2000人で380人がICUで治療を受けている。
「またピークには達していない。コロナに感染した入院患者数はまだ増加する。」とカウパース氏。1週間後には2600人、その後は2800人まで増加すると予測している。

先週金曜日政府は、医療逼迫が深刻化するのを鑑みて、部分的ロックダウンを開始した。リンブルグ州の病院はコロナ患者数の増加で病院が対応できず、入院患者を他の州の病院へ搬送している。昨年はドイツの病院への移送もあったが、今年はオランダ同様感染者数の急増するドイツからの援助は期待できない。

入院患者にはワクチン未接種の人も接種済みの人も混じっているが、未接種の割合が高い。接種済みでも感染は避けられないが通常は比較的軽い症状ですむ。しかし高齢者など抵抗力の低い人は感染すると入院するほど悪化する可能性もあるという。
(グラフ:RIVM)


ロックダウン:飲食店やスーパーの閉店20時に
ECDCmap.png
昨日RIVMに登録されたコロナ感染者数は16,000人を超え、1日の感染者数ではこれまでの最多を記録した。12日午後7時にルッテ(暫定内閣)首相とデ・ヨング(同)国民健康省大臣は、記者会見を開き、感染拡大を防ぐため人と人との接触を極力減らすための規制(部分的ロックダウン)を行うと発表した。すでにロックダウンの内容は一部のメディアで報道されていたが、最終的な店舗の閉鎖時間などの詳細は以下の通り。

【閉鎖時間】
・飲食店 20時、入店にはコロナチェックアプリの提示と席の指定が義務付けられる
・スーパーマーケット:20時
・日常生活に不可欠ではない店舗:18時
・イベントは開催可能だが18時まで、飲食店と同様にコロナチェックの提示と指定席、1250人まで
・劇場、映画館、コンサートホールには終了時間の規定なし

【他の規制】
・職場に行かなくては仕事にならない場合(医療従事者など)を除き、在宅勤務を要請
・学校はそのまま開校。ただしグループは75人まで
・コロナチェックの提示が必要でない場所では、1.5メートルルールとマスク着用が義務付けられる。
・1日に自宅に招待できる人数は4人まで
・同居人が感染した場合には、他の人も自宅待機が必要。これはワクチン接種済み否かにかかわらず。

【現在検討中】
政府は以下を議会の審議にかけている。
・動物園や遊園地でのコロナチェックの提示要請が法的に可能か
・オフィスでのコロナチェックの提示要請が法的に可能か
・コロナチェックを現在の3Gから2Gへ変更することが可能か (3Gとは、ワクチン接種済みか、すでに感染し完治しているか、検査で陰性のどれか。2Gとは、ワクチン接種済みか感染し完治の証明で、検査陰性は含まれない。)
政府は、ワクチン接種は強制しない、義務ではないと繰り返し述べているが、2Gが採用されればと事実上の義務化ともいえる。

画像:EDCD 欧州疾病予防管理センター(2021年11月11日)

政府、3週間の部分的ロックダウン
pub.jpeg
RIVMは昨日、10日1日の感染者数がコロナ禍が始まって以来の最高値である16,364名に達したと発表した。これはこれまで最多数であった2020年12月20日の12,997名を大幅に上回る数である。

一昨日のOMTによる勧告とRIVMの報告をもとに、政府は規制強化を検討。昨夜、3週間の部分的ロックダウンを行うとNOSなどのメディアに通達した。ただし正式な発表は本日午後7時の記者会見にて行われる。

飲食店と生活必需品以外を扱う店舗の閉鎖時間が午後7時となることなどが、今回のロックダウン規制に含まれる。家に迎えるゲストの数も4人までとなる。他の規制はそれほど厳しいものではなさそうだ。たとえば当初OMTが推奨していた劇場や映画館の閉鎖も今回は含まれていない。またスポーツの試合も続行できるが、観客なしとなる。来週火曜日に予定されているオランダ対ノルウェーのワールドカップ予選も行われるが、観客は入場できない。

このロックダウン規制とは別に、政府は法的な義務が生じる規制を検討中である。たとえば1.5メートルの距離を置くことなどが法的効力を持つようになる。ただし現在国会での法案通過を待つ状態で、おそらく1-2週間かかりそうだ。さらにコロナチェック・アプリについても国会での討議のあとに法定化される可能性がある。これはコロナアプリの2Gを推進するもので、これまでの3Gが有効でなくなるというもの。

2Gとは、ワクチン接種済み、あるいはすでに感染し完治した証明のどちらか2種類を有効とするQRコード。これに対し現在使われているQRコードは、この2つの他に、至近の検査での陰性証明も含まれており、ワクチンを接種していなくても陰性証明があれば入場できるというもので、こちらは3Gと呼ばれている。政府はワクチン接種の拡大を目的に2Gを推進させたい意向であるが、国会では反対意見も出ている。

詳細は今夜7時の記者会見にて発表される。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。