ニュース

オランダの教師不足は深刻
onlineschooling.jpeg
今年のニュースのタイトルで目立ったのが「不足」。住宅不足から人手不足までオランダは不足に見舞われた。どれも深刻な問題であるが、教師不足はオランダの教育そして将来の経済成長にも大きく影響する。これまで、ひとクラスの生徒数を増やし、授業時間を減らすことでなんとかしのいできた。教師不足は今年始まったことではなく、かなり前から問題化していたが、政府は根本的な解決策を出してこなかった。なぜ教師不足が起きたのか? 解決法はあるのか?

教師の世界でも高齢化は進んでおり、過去15年間多くの人が退職した。それにもかかわらず、空席を埋める新しい人材は十分に供給されていない。新人教師の教育もうまくいっていないことが多いのと、キャリアの将来が見えないことが大きな要因だ。実際、若い教師の約4分の1は、教え始めてから5年以内に辞めている。

ここ2年間はコロナ危機で授業時間が減ったりオンラインに切り替わった。これにより学力の低下が見られるようになった。政府は学校に補助金を出し、学力向上を励行したが、教師不足により根本的な解決は見られなかった。臨時教員もほとんど見つからない状態だ。ときには教師免許を持たない人も教壇に立っている。

新政府は、この問題を深刻にとらえ、改革を公約している。
中高等学校では教師免許の改善も検討している。例えば数学、化学、物理学の教師が不足しているが、生物の教員資格を持っている人が簡単に化学教師の免許が取れるような仕組みを作ったり、経済の専門教師が数学の教師資格を取る訓練を受けられるようにするといった方法だ。
とくに教師不足が目立つ小学校での解決策は、給与の値上げである。公約では、小学校教師の給料を中高等学校の給与レベルまで引き上げるとしている。これによって教師のなり手が増えると見込んでいる。


関連記事

1月10日から小中学校再開、高等学校、大学はオンライン授業
primaryschool.jpeg
小学校そして中等教育はクリスマス休暇後の1月10日(月)から再開すると、政府が3日発表した。さらに学童保育(BSO)も同時に再開する。ただしこれまでの学校でのコロナ規制はそのまま続行する。グループ6からは週に2回コロナのセルフテストを行い廊下ではマスクを着用する。

MBO(職業学校)や高等学校(HBOなど)そして大学は少なくとも1月14日まではオンライン授業となる。この年齢層での感染がかなりの速度で広まっているというのがその背景にある。

詳細は以下の政府のページから。

現行のコロナ規制、1月14日まで延長。小学校も休暇早まる
pressconference14-12.png
12月14日の政府記者会見にて、現行のコロナ規制の延長が発表された。延長は少なくとも2022年1月14日まで続く。コロナウィルス感染者数は減ったものの入院患者数は多く、通常患者の手術や手当が遅れている。また変異株であるオミクロン株に対するワクチン効果などの不確実性もあり、政府は規制を延長した。

現行の規制は、飲食店や小売店などの営業時間の短縮などを含む夜間外出禁止。1.5メートルという距離を保ったり、手を洗い、自宅勤務といった基本的な規定である。クリスマスでも家に招待できる人数は1日4人まで。(ゲスト、ホストともに簡易コロナテストが必要。)これらの規定や措置はこのまま続行される。

■小学校
このほかに、新しい措置として、小学校がクリスマス休暇(通常は24日から)の始まる週(遅くとも12月21日)に閉校する。0−4歳までの保育所は閉鎖されない。学校が休みになった場合、子供はできるだけ自宅にいるようにし、高齢者に近づかない。

■ ブースターワクチン接種
他の欧州諸国から遅れをとっていたブースター接種(ワクチンの追加接種)は急速に早まる。
これまでは最終の接種から6ヶ月以上たった人がブースター接種を受けられたが、これが3ヶ月後に縮小される。これにより18歳以上の人は1月末までに接種が可能となる。国立衛生感染研究所(RIVM)あるいはホームドクターから接種の通知を受ける場合もあるが、自分でGGDに申し込むことも可能である。(オンラインでは以下のリンクから)

■ 補償
政府は文化セクターと企業へ補償を出す。44億ユーロに上る補償金は、飲食店など時短により収益が減った業者、企業そして従業員への支援である。

学力が低い学校の教師8%昇給で教師不足解消めざす
students.jpeg
オランダでは教師不足が大きな問題となっているが、学力が低い生徒が集まる学校での教師不足は特に深刻だ。移民や貧困家庭が多い地区に学力が低い子供が多い。これを解消するため、オランダ教育省はこれらの学校で働く教師や職員に2年間8%の昇給をすると発表した。

小学校教諭で月額350ユーロ、中高等学校では430ユーロの昇給が示されているが、生徒の数などでこの金額は変動する。オランダにある学校の15%にあたる1300校(小学校、中高等学校)がこの「学力遅れ」校に指定されている。

「これらの学校で教師を務めたいという人が少ない。実際には学力が遅れている学校ほど、生徒の将来を考え、質の高い教師が必要だ。そのために今回の昇給を決定した。」とスロブ教育省大臣。

ただ、教師の昇給だけでこの低学力問題が解決するわけでないことは確か。言語が不自由な親や子供の教育に無関心な親の家庭で育つ子供たちをどのように指導するかが課題となる。

寒波で列車不通、道路凍結、学校再開延期も
IMG_0247.JPG
オランダ全土を襲った寒気で本日12時までコード・オレンジの気象注意報が出ている。コード・オレンジはレッドに次ぐ危険度。南部では雪と凍結による危険、北部では雪による交通麻痺が問題となっている。水道交通局(Rijkswaterstaat)は、「今朝は道路を使用しないように。」と警告を発している。

列車はほぼ不通。新聞も朝刊は配達されない。また本日から再開のはずだった小学校も多くが再開日を延長している。教員の一部は学校までたどり着くことができないという。

気温は非常に低く最高気温も零下5度。今日はときどき粉雪が舞う予想だ。今朝の体感温度は零下10度から15度だった。
オランダ気象協会(KNMI)は、本日12時過ぎには、コードオレンジからイエローへと危険度が下がると予想している。しかし一日中道路は積雪の残りによる凍結で滑りやすくなっているので注意。

小学校と保育所、2月8日から再開
Basisschool.jpg
クリスマス前から閉鎖されていた小学校と保育所が2月8日から再開する。教育省のスロブ大臣が日曜日に発表した。学校の閉鎖による児童の学力の遅れが懸念されていたものの、とくに英国発のウィルス変異種の拡大で学校の再開は決定が遅れていた。大臣は、子どもたちがオンラインで学ぶのではなく、実際に学校に通うことが重要だと強調した。

ただし、親や教師たちが感染を心配することにも理解を示している。もしひとりでもクラスにコロナウィルス陽性者が出た場合には、学級閉鎖となり5日間クラスのすべての児童が自宅隔離となる。また教師はスピード・コロナウィルス検査が必須となる。
保育所も再開するが、保育所担当のコールメス大臣は「あくまでも両親は在宅勤務を続けることが重要。」と述べている。

火曜日(2日)には、通例の政府記者会見が行われるが、ルッテ首相は今後の規制緩和計画について発表する予定である。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。