ニュース

オランダ鉄道、ベルギー行きを止めるよう呼びかけ
antwerp.jpg
ロックダウン中のオランダから隣国ベルギーにショッピングや食事に行く人が増えている。車で行く人もいれば列車を利用する人もいるが、オランダ鉄道(NS)によれば、ベルギー行きの列車は満席。1.5メートルの距離を空けるのは到底無理になっている。満員列車を避けるために次の列車を待つ人でホームも人で溢れている状態だ。

ベルギーではオランダからやってくる人に迷惑気味だ。アントワープのカフェやレストランそしてショップもオランダ人で溢れている。アントワープ州の州知事は、「社会的でない、連帯(責任感)がない、愚かだ」と非難している。
オランダ鉄道は急用でないかぎりベルギー行きを止めるよう呼びかけている。

さてオランダのコロナ感染状況だが、感染者数は減っているものの、現在感染する人のほとんどがオミクロン変異株に感染している。とくにアムステルダム市内での感染率が高い。
ブースターショットの接種はかなりの勢いで進んでおり、今日はすでに1983年と84年生まれの人が予約可能となっている。


関連記事

食事や買い物を求めオランダからベルギーへ
belgium-g5ea3025ba_640.jpeg
日曜日から飲食店や小売店が一斉にドアを閉ざしたオランダから、クリスマスショッピングや食事そして美容院を求めてベルギーに行く人が増えている。アントワープやゲントといった街はこれに備えて販売員や従業員を増やすなど準備に忙しい。

すでにベルギーのレストランはクリスマスの食事がオランダからの予約で満席になりつつあるという。ウィルス専門家たちは、クリスマスシーズンのショッピングで通りに人が増えすぎることを懸念している。
ただしレストランはオランダからの顧客の増加をそれほど気にしていないし、逆に歓迎している。着席人数は最大でも6名と決まっているので、満席になればオランダからでもベルギーからでも変わらないという。

国境の町トゥルンハウトもオランダから人が押し寄せることに冷静だ。「前回のオランダのロックダウンのときもたくさんの人が来たので準備はできている。」マスク着用は必須だし、小売店も人数制限しているので問題ないというオーナーが多い。ベルギーは今のところ、厳しいロックダウンという決定はまだない。変異種デルタ株による感染者は減りつつあり、成人の4分の1がすでにブースター接種済みである。ただしオミクロン株の感染者は増える傾向にあるため、今後どのような政府決定があるかはまだわからない。

ドイツとベルギーの観光客、オランダを避ける
amsterdam_canal.jpeg
オランダへの外国からの観光客は今年第3四半期、大幅に減少した。とくに隣国のベルギーとドイツからの観光客が減っていると、中央統計局CBSが発表している。コロナ感染者が多いというのが主な理由だというだという。

ただ宿泊者数で見るとオランダ国内のホテル、キャンプ場などの宿泊者は第3四半期には前年度同時期より5%増加している、これは国内でバケーションを過ごすというオランダ人が増えたことによるものだ。これに対し外国からの観光客は13%減っている。外国からの観光客は270万人と前年より40万人減。このうちベルギーからは130万人(34%減少)、ドイツからが50万人(8%減)となっている。

CBSによれば、外国からの観光客がオランダを避ける背景には、高いコロナ感染率があるという。オランダは欧州地図でも常に赤あるいは濃い赤に染まっている。またオランダの宿泊費や飲食費の高さも外国人観光客を遠ざける一因となっていることも否めない。

なぜ隣国ベルギーでは大型フェスが可能でオランダはだめなのか?
festival.jpg
オランダの隣国ベルギーでは大型フェスティバルの開催が可能なのに、オランダではなぜ開催できないのか? 

8月13日からベルギーでは75,000人を動員するような大型イベントが開かれている。参加条件は、ワクチン摂取を完了して2週間以上たっているか、PCR検査で陰性であること、あるいはコロナウィルス感染後完治していること。今月コルトレイクで1日に12,000人が参加したアルカトラス・フェスティバルでは、ヘッドバンギングや至近距離でのダンスが許可されている。

これまで、社会や文化イベントの再開のため、ベルギー政府はオランダ政府と同様な政策を行ってきている。しかし大型イベントに関しては見解と施行が異なる。大きな違いはベルギーが取り入れている4つ方針にあるようだ。

第一に「換気」。ベルギーのイベント会場にはCO2計測器が取り付けられていて、900PPM(外気は400PPM)になると、空気の入れ替えなどの措置が取られる。

第2にベルギーでは、コロナ・セーフ・チケット(CST)というワクチン接種、PRCテスト陰性などを証明するアプリとIDの提示が必須となっている。(他人の証明書の使用を防ぐため)

3つめには、マスク着用や消毒液の使用も、イベント前後に義務付けられていること。そして第4番目に挙げられるのが、イベント前後でのアクセスフローの管理である。

これに対し、オランダでは規制緩和の6月25日から再開したイベントで大失敗している。ワクチンを摂取したばかりの人たちがイベントに押しかけたり、デジタルのコロナ証明書が偽造されたり、換気の面でも管理が甘かった。このため多くの人が感染するという結果となった。

ベルギーでのイベント管理に学ぶことは多い。

ドイツやベルギーを襲った大洪水、オランダ南部でも被害
overstroming.png
豪雨による川の氾濫で起きた大洪水で、ドイツでは81人が死亡1000人以上が行方不明となっている。ベルギーでもリエージュ付近で大洪水が発生し、少なくとも4人が亡くなっている。この洪水はドイツやベルギーに隣接するオランダのリンブルグ州の南部にも及び、大きな被害を出している。とくに、ルールモントやファルケンブルグでの被害は深刻である。

洪水はドイツのライン川沿岸、そしてこの支流であるマース川沿いのベルギーそしてオランダの南部を襲った。オランダでも床上浸水のみならず、車が流されるほどの高水位となり、住民や家畜が避難することになった。今朝3時には、マーストリヒトを流れるマース川の推移が最高位に達している。昨日まで深刻な洪水に見舞われていたベルギー国境に隣接する南リンブルグ州の水位は少しずつ下がるとともに、これが北部に移動している。マース川の水量は、通常の夏の水量の76倍に達しており、マーストリヒトの南のアイスデンでは、アムステルダム標準水位(NAP)を50メートル超えている。

被害額などはまだ算出されていないが、ルッテ首相は洪水による損失は国が補償すると発表している。
この豪雨は気候変動の結果だと言われている。また、ライン川やその支流の川の流れを、昔の曲がりくねったものからコンクリートで固めた真っ直ぐなものに変えてしまったことで、地中に水を貯めることが不可能になってしまったことも原因だ。

ベルギーでは余剰ワクチンをウェイティングリストに。オランダはいまだに混乱
vaccination.jpeg
今日からベルギーではワクチン接種のウェイティングリスト(キャンセル待ち)に登録できるようになった。ワクチン接種を行うセンターで余剰があれば、リスト登録者に連絡が行き即刻摂取が可能となる。これにより余剰ワクチンの無駄を省くことができるようになるはず、とベルギー政府は予測している。

ベルギーでは成人はウェブサイトからこのウェイティングリストに登録できる。登録した人は余剰が出ると数時間前にSMSでメッセージが送られてくる。30分以内にこの招待を受諾すれば、ワクチン接種を受けられるという仕組みだ。

オランダではいまだにワクチンの摂取は混乱している。このようなウェイティングリストシステムは存在しないだけでなく、ワクチン接種の知らせも保健所(GGD)から来ることもあれば、ホームドクターから来ることもある。多くのサービスでデジタル化が進んでいるオランダだが、ワクチン接種に関してはこれが不十分だ。デンマークでは、すべての市民がアプリを使用して電子患者ファイルに接続されており、プッシュメッセージと招待状が送られる。これに対しオランダでは、このシステムが確立されていない。
医療関係者のワクチン接種についても、対象者のうち8万人が実際に摂取しておらず、このワクチンが余剰となっている。国立衛生環境研究所(RIVM)と国民健康省は、このような事態に対応するため、対象外の年齢層にも余剰ワクチンの摂取を拡大することを検討している。
以下のリンクに、ワクチン接種計画リストが載っている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。