ニュース

オランダの2021年をふり返る
year_end.jpeg
ポートフォリオの今年1年のニュースから主なできごとやその背景を取り上げてみた。ニュースはいつも否定的なものばかりなので、暗いオランダ像が浮かぶかもしれないが、概して平和で豊かで国民の幸福度も世界5位と高い明るい国である。

ペーター・デ・フリース氏殺害される
アムステルダム市内で7月、オランダで最も有名な犯罪ジャーナリストのペーター・デ・フリース氏が殺害された。この事件にはドラッグ関連の犯罪組織が絡んでいるといわれているが、オランダのナルコス化(麻薬国家)が浮き彫りにされた。パナマやコロンビアからロッテルダム港にコンテナで運ばれてくる麻薬の量は年々増加している。ロッテルダム経由で欧州各地に運ばれるのだが、今年は数万キロのコカインが押収され、港のコンテナで寝泊まりしている運び屋が多く逮捕されている。

連立政権発足まで史上最長
3月に税務署による保育補助金スキャンダルで内閣総辞職、総選挙が行われた。それからなんと9ヶ月後の12月に前回と同じ4党で連立政権が発足した。この間は前政権が暫定的にコロナ対策を中心に政策を実施していた。

気候変動
夏には世界的な気候変動による災害が目立った。山火事、干ばつ、そして大洪水が各地を襲った。オランダでもリンブルグ地方が川の氾濫で大洪水に見舞われ大きな被害を被った。グラスゴーで開催された第26回気候変動枠組条約締約国会議 (COP26) では、世界の気温上昇を1.5℃に抑えるという目標が設定されたものの、勢いは弱々しいものとなった。温暖化による海面上昇で最も被害を被るはずのオランダは、これまで環境対策が遅れていた。しかし政府は2050年までにゼロ炭素排気を目標に、環境対策に本腰を入れる構えのようだ。原発新設も視野に入れている。

コロナ対策
ロックダウン、規制緩和、再度のロックダウンと感染者数の上下で政府は規制を行ってきた。今年からワクチン接種も始まったが、12月の感染者数は過去最大となり、ICU施設が満杯になるなど医療が逼迫した。規制により各地でデモや暴動も起きている。ワクチン肯定派とワクチン否定派による社会の分断も目立った。

好景気とインフレ
ロックダウンにもかかわらず、欧州他国や米国と同様、オランダの経済は好調だった。しかしエネルギー費の高騰などによるインフレ率も高く5.6%という高率を記録した。人手不足も大きな問題となった。さらに不動産価格も過去最大を記録、住宅不足は最悪な状態が続いている。



関連記事

オランダ、これまで税金を払っていなかった多国籍企業、2021年から課税対象に
シェル、フィリップス、アクゾノーベルといったオランダの多国籍企業は、オランダ国内でほとんどあるいは全く税金を払っていない。国内の企業や個人が課税される中、これらの巨大多国籍企業が複雑な経路で税金逃れをしている。これは既成事実であったがこれまで政府は全く手を付けていなかった。

緑の党(GroenLinks)が昨年「シェルは全く税金を払っていない」と指摘したのをきっかけに、政府が法の改定に乗り出すことになった。石油メジャーのシェルは2017年度13億ユーロの利益を上げていたが海外での損失を相殺するというトリックを使い、所得税はゼロだった。

政府は多国籍企業の税逃れにメスを入れることを決定した。緑の党は「パン屋が税金を払っているのに多国籍企業は税金を払わないというのは不公平にもほどがある。しかし今回の政府決定で多国籍企業の税回避も終焉することになった。」と法定化を歓迎した。現在、海外子会社の損失は永久に利益から差し引くことができるが、新法律ではこれに期限をつける。欧州内の子会社の損失は3年まで、そして欧州外での損失は計上できないことになる。

新法律は9月17日の政府予算発表日「王子の日」に発表される。多国籍企業から将来徴収する税金は、個人の所得税負担の軽減に回されることになるという。

3月31日から夏時間に。2021年から廃止に
暦の上ではすでに冬は終わり春。欧州では3月30日夜中から31日にかけて夏時間に切り替わる。31日の02:00に時計を1時間進めなければならない。これで普段より1時間睡眠時間が減ることになる。夏時間と冬時間の切り替えは欧州連盟(EU)で定められており、すべての加盟国は3月最後の週末に夏時間となり、10月の最終の週末に冬時間に戻す。

ところが欧州議会は26日、毎年春と秋に時計の針を1時間ずらす「夏時間」制度を2021年に廃止する案を賛成多数で可決した。欧州で夏時間制度の廃止を望む市民は多い。これを受け、欧州委員会は当初、夏時間を今年廃止することを提案していた。

夏時間の廃止には欧州議会と欧州連合(EU)加盟国各国の承認が必要。夏時間の廃止が決まれば、EU加盟国は現在使用されている夏時間と冬時間のどちらかを年間を通して使う標準時に選択しなければならない。しかし、各国が好きなように選択すれば域内に夏時間と冬時間が混在して混乱が生じる恐れがある。EU加盟国はどちらかを標準にするか、これから討論する。
オランダでアンケート調査が行われた際には、5人に2人が冬時間を標準にするほうを希望している。政府は、国民、企業、そして専門家の意見を聞き、今後方針を決めるという。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。