ニュース

オーストリアへの旅行者1000人が感染!?
ski.jpeg
AD紙によれば、大晦日前後にオーストリアに旅行に行った人で、コロナウィルス検査陽性となった人が964名いた。これは12月28日前の週と比較し6倍の数字である。現在オーストリア入国には、新型コロナウイルスのワクチン接種証明か治癒証明に加え、ブースター接種の証明かPCR検査による陰性証明が必要。これらがない場合、原則として10日間の自己隔離措置が義務付けられている。この規制が実施される前に、オランダからオーストリアに大挙として押し寄せていた。

さらに12月27日から1月3日にかけて、ドイツとフランスに旅行に行った人にも感染者が増加している。保健所(GGD)によれば、休暇旅行帰りの人に感染者が増えており、検査を受けた1120名のうち45.5%が陽性という結果が出ている。外国へ旅行しなかった人の陽性率は29.4%だった。オーストリアへの旅行者に限るとこの割合は59.5%と高い。


関連記事

感染の爆発的拡大とOMT推奨マスク
mondkapjes.jpeg
オランダ全土での先週のコロナウィルス感染者数は20万人を超えた。1週間で210,536人と先々週と比較し77%の増加である。昨日は1日で28,000人を記録した。感染者が特に多いのがアムステルダムとアムステルダム近郊(Amsterdam-Amstelland)で、先週だけで22,322人が陽性だった。これは人口10万人に2,082人という割合で、全国平均の1,147人を大きく上回っている。

感染拡大防止政策をアドバイスするOMT(アウトブレイク・マネージメント・チーム)は月曜日、感染防止用のフェイスマスクについて発表した。
屋外でも人との距離が十分に取れない公共の場や混雑している場所では外科用マスク(最低でもタイプ2)の着用が望まれる。例えば、ショッピング通り、スポーツイベント、マーケットやデモ行進などである。タイプ2は98%バクテリアの侵入を防ぎ、タイプ1はこれが95%であるとOMT。
さらに屋内でも同様の外科用マスクが推奨されている。これは人との距離に関係なく、着席でも立席でも必要だ。ただし食事中は除外される。たとえば、大学や高校構内、ホテル・飲食店、文化施設、企業内、スポーツジム(ただしスポーツ中は例外)などである。OMTによれば、このタイプのマスクは通常のマスクよりも防御力が大きいという。

高齢者や病人など抵抗力が低い人には、人との距離がとれない場所や屋内でも換気が悪い場所などで「FFP2マスク」着用が推奨されている。ただしFFT2マスクは、長時間着用すると息苦しさ、疲労、頭痛などを起こす可能性がある。
手作りの布製マスクについては、特に規定はないが、正しい形のものを正しく着用しないと効果がないらしい。

感染者数、記録更新。1日で2万5千人も
ggd_test.png
5日に発表された1日のコロナウィルス感染者数は24,590名と過去最大に達した。この数はコロナ禍始めのころの感染者数と比べ大幅に大きいが、検査数の違いによるものだとRIVMは説明している。最近では大型検査場が至るところにあり、症状がある人はすぐに検査できる。現在の感染は大多数がオミクロン変異種によるものである。

ユトレヒト大学病院の感染症専門家であるブラウニング氏は、オミクロン変異株は指数関数的に増加するため、感染はとてつもない勢いで広まっている。ロックダウン以来感染者数は減少気味だったが、この急激な増加はオミクロン株の感染度の高さを語っている。再生産数(R)は1.8であるため、感染者ひとりが約2人を感染させる計算となる。このまま増加が続くと1日10万人が陽性となる可能性も否定できないと、ブラウニング氏。ただ「現在の対策(ロックダウン)がこの感染拡大をどれだけ阻止できているのかは不明」ともコメントしている。

別の疫学者ローゼンタール氏(LUMC)は、「感染した人やブースター接種を受けた人は、十分に保護されているので、ある時点で方向が変わるはず。」と述べている。つまり、感染者がまだ感染する可能性のある人に出会う可能性がどんどんと減っていく(集団免疫)のだという。

オランダでのオミクロン感染、南ア以前?
omicron.png
11月28日南アからオランダへの渡航者13名から新型コロナウィルス変異株であるオミクロン変異株が見つかった。これに関連し、オランダ国立衛生環境研究所(RIVM)は、11月19日と23日の陽性者の検体を調べた結果、2人がオミクロン変異種に感染していたと発表した。南アがWHOに報告した24日よりも前に感染者が存在していたということになる。このうち一人は南アフリカに滞在していたが、もうひとりはアフリカに行ったことがない。感染源をたどることで、どんな経由で感染したかがわかるというが、まだ明らかになっていない。

RIVMは、過去の検査結果をさかのぼって再調査し、オランダにこのオミクロン変異株がどの程度広がっているのかを突き止める。検査結果は2ヶ月前までが追跡可能だという。
このほか、最近アフリカ南部に渡航したことがある人にも検査をするよう依頼している。過去のデータと新規検査により、国内のオミクロン変異株の広がりを調べるという。

RIVMは「結論を出すにはまだ時期尚早かもしれないが」、現在流通しているワクチンはオミクロン変異株に対しての防御効果はこれまでの変異株と比較し、高くないと述べている。ワクチンメーカーがオミクロン変異株にも効果があるワクチンを開発するには数ヶ月かかりそうだ。

EU内では44件のオミクロン変異種感染が見つかっている。オランダの他にはベルギー、ドイツ、デンマーク、スエーデン、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、オーストリア、チェコである。英国では14件が確認されている。

変異株オミクロン感染者オランダで13名
omicron.jpeg
アフリカ南部で発生したと思われる新しいコロナ変異株オミクロン感染者が、南アフリカからオランダへ到着した2便から13名見つかった。日曜日午後の国立公衆衛生研究所(RIVM)の発表によれば、624名の乗客のうち61名が陽性。このうち13名がこの変異株オミクロンの感染者だった。

南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグから金曜日にスキポール空港に2機が到着。乗客は全員コロナ検査を受け、結果が分析された。結果はまだ全員分ではないため、13名以上がこの変異株に感染している可能性もあるという。

デ・ヨング健康省大臣は、日曜日の記者会見にて今回の陽性者はすべて隔離、さらにアフリカ南部からオランダに戻る旅行者は全員隔離義務があると発表した。「オミクロン感染者がもっと拡大していた可能性も否めない。これまでの感染者検査ではこのオミクロン変異株は分析されていない場合もある。この変異株は感染力が高いことが懸念される。」と同大臣は述べている。南アフリカなどからの飛行制限はEUの規定に従うというが、オランダのような国での国境閉鎖は事実上難しいとしている。

WHOによればオミクロン変異株はデルタ株に比べ感染力が高いという。しかし重症化の可能性、そして現在のワクチンの効果についてはまだ判明していない。

子供の新コロナウィルス感染激増
children_infected.png
先週末からのコロナ規制(ミニロックダウン)にもかかわらず、感染者数は増加しており、すでに1日に2万人を超えている。その中でも子供の感染が目立っており、子供同士の感染そして子供から大人への感染が問題化している。

10歳から14歳までの子供の感染はここ3週間で10万人に上っている。RIVM(国立衛生環境研究所)の「12歳以上の子供はワクチン接種を受けられるが、11歳以下の子供には接種がまだ行われていない。これが子供の感染を爆発させている原因。」も理由のひとつとして挙げられる。また子供には1.5メートルルールは適用されていないというのも、感染拡大の一因である。

ただ子どもたちは感染しても症状が出ないか、軽症ですむことが多い。入院をするケースもほとんどない。
問題は、子供からの感染である。0歳から11歳の子供は他の子供を感染させるだけでなく、とくにワクチン未接種の大人(50歳以下)を感染させているというRIVMのデーもある。
それでは子供もワクチン接種をすべきかというと、重症化する可能性が低いのと副反応というリスクもあるため、必要ないという専門家の意見もある。別の専門家は、ワクチンによる副反応に比べ、重症化する可能性は10倍あるとし、ワクチン接種を勧めている。いまのところは接種は両親の判断に任せているが、12月には欧州医薬局(EMA)が12歳以下の子供のワクチン接種に関する結論を発表するという。

学校での子供間の感染拡大を防ぐために、クリスマス休暇を早めたり、シンタクラース祭をキャンセルするべきだという意見も出ているが、まだ統一見解は出ていない。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。