ニュース

最後の11市スケートマラソンから25年、今年は?
11stedentocht.png
11市スケートマラソン(11 Stedentocht)は、フリースラント州の11の市町村を結ぶ運河をスケートで走るという競技。全長約200kmという世界最長のスケート競技が最初に開催されたのは1909年と100年以上前になる。気温が下がり氷が十分の厚さになるとこのスケートマラソンが開催される。1000人ごとのグループが一斉にスタート。総計約16000人が参加する。これまでに15回開催されたが、最後に開催されたのが1997年の1月だった。それから25年の間、何度かの試みにもかかわらず気温は十分に下がらず開催はならなかった。

オランダ気象庁(KNMI)によれば、20世紀の始めに比べ11市マラソンが開催できる可能性は温暖化の影響で半減した。今後ますます可能性は低くなるという。最低でも気温がマイナス4.2度以下が15日間続かなければ、16000人の重みに耐えられる氷はできない。また強風や雪も大敵だという。気温上昇が2度までに保持されれば、20年に1回は11市マラソンが開催できるとKNMIは試算している。
さて今年は開催されるだろうか?

ちなみにレウワールデン、ヒンダーローペン、スネーク、フラネカーといったフリースラントの11の市は、17世紀18世紀の建物や町並みが残る趣がある街である。車で周るのもいいかもしれない。


関連記事

土曜日、人気スケートエリアは混雑の予想、閉鎖するところも
 skating.JPG
明日土曜日はおそらく最後のスケートチャンスとなり、人気のあるスケートエリアは混雑が予想されている。日曜日には気温が上がるというので、土曜日に多くの人が湖や運河に押しかけそうだ。その上、土曜日は快晴の予報がでているので、天然アイスを楽しむのにはうってつけである。

これに対し懸念を示す市長たちも少なくない。あまりにたくさんの人が集まると、1.5メートル規則が守られず感染の危険も高まるというのだ。またグループ形成は家族以外もうひとりのみという規制も適用される。
今の所スケートが禁止されているのは、ユトレヒトの近くのマースフェーンス湖で、ここは3日間の閉鎖が決まっている。

ハーグの国会議事堂のあるホフ池もスケート可能だが、首相執務室の周りはセキュリティのため進入禁止となっている。
オランダの天然アイススケート場のリストが載っている「schaatsen.nl」は現在サイトアクセスがオーバーヒート気味で閲覧が不可能な状態だ。閲覧不可の場合はそれぞれの地方や都市のサイトで検索するのがいい。


寒波で期待されていた「11市スケートマラソン」は中止
elfstedentocht.jpeg
この寒波で、「もしかしたら例外的に開催されるかも」と淡い期待を抱いていたオランダ人は多い。すでに11月に、1.5メートル規則がある限りこの「11市スケートマラソン(Elfstedentocht)」は開催しないという発表があったものの、例外もあり得ると考えていた人が多かった。しかし本日、王立フリースランド11市スケートマラソン協会が、「今年は開催されない。」と正式に発表した。

この11市を結ぶ運河や水路200Kmを走るスケートマラソンは、25,000人の参加者と数1000人のボランティアそして100万人の観客が集まる。これだけでもコロナ禍でイベントが中止されている今、開催は無理だ。この11市スケートマラソンは、オランダの伝統的なイベントだったが暖冬が続き運河がこれだけのスケーターに耐えられるほど充分凍ることがなかったので、1997年以来開催されていない。

昨日ルッテ首相は、120人のプロ選手だけを集めて11市スケートマラソンを開催するという提案をしたが、協会は「そんなものは本物ではない。」と却下している。

今週末は冷え込み零下に、週末はスケートもできそう
金曜日夜から土曜日にかけて、オランダ全土で気温が零下5度から8度に下がると予想されている。週末には一部の地域で零下10度にまで下がりそうだ。気象情報サイトWeeronlineによれば、今週末には東と北東の強い風に乗ってシベリアからの寒気が押し寄せるという。

同サイトによれば来週の月曜日と火曜日には零下12度にまで下がりそうだ。週末には水深が浅い場所ではスケートができるという。ただし湖などの水深が深い場所では日中は気温が上がるためスケートは無理そうだ。
来週の水曜日ごろにはこの寒気も緩むが、夜間は零下が続くという。

オリンピック4日目、オランダ、メダルラッシュ。スケート女子1500メートルでまた金と銅。
オリンピック4日目、イレーン・ブスト(31)は、女子スケート1500メートルで優勝し通算5個目の金メダルを獲得した。優勝候補の日本の高木美帆選手はギリギリで金を逃し2位となった。3位もオランダのマリット・レーンストラ選手が獲得した。ブスト選手は、先週土曜日に行われた3000メートルでも2位に入賞している。
オリンピックで金を5個獲得したのはオランダ人選手で初めて。男子スピードスケートのスベン・クラマー、競泳のインゲ・デ・ブラウン、自転車のレオンティーン・ファン・モーセル、乗馬のシャルル・パフッド・ド・モンターニュそして陸上のファニー・ブランカースがそれぞれ4個金メダルを獲得している。

現在オランダのメダル獲得数は金3,銀2,銅2とドイツに次いで2位。サッカーでは低迷しているが、スケートでは絶好調のようだ。

スケート男子5000メートルで、クラマー3度目の金
平昌オリンピック2日目、スケート男子5000メートルでオランダのスベン・クラマー(31)がオリンピック記録6分9秒76を出し金メダルを獲得した。2位はカナダのブルーメン。ブルーメンは前回オリンピックまではオランダチームに所属していた生粋のオランダ人だが2014年にカナダに移住している。3位はノルウェーのピーダーセン選手。クラマーバンクーバー、ソチの大会で金メダルを獲得し、今回で3度目。クラマーは10000メートルの選手でもあり、活躍が期待されている。
11日(日)には男子スケート1500メートルで優勝候補だったクネヒトが2位に終わった。オランダはこれまでに金2個、銀2個、そして銅1個と合計5個のメダルを得ている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。