ニュース

オランダのガス貯蔵庫、枯渇状態
gas.jpeg
ガス料金が恐ろしいほど上がっている中、ウクライナ戦争でロシアからのガス輸入が止まるという状況で、オランダのガス貯蔵は枯渇状態にある。唯一の解決法は、運用を止めたフローニンゲンのガス採掘を再開する以外にないかもしれない。

ガス需要が高かった冬は過ぎたが、これでガス供給問題が解決したわけではない。通常地下貯蔵庫のガス充填は4月に始まり、10月からの需要増加に備える。ところが今年はこの予備貯蔵ができない状態だ。オランダには地下ガス貯蔵庫が3箇所ある。ドレンテ州のNorg, フローニンゲン州のGrijskerk そして北ホランド州のBergemeerだ。このうちNorgとGrijpskerkの貯蔵庫は国営だが、オランダの需要の3分の1を供給するBergermeerは民間企業が牛耳っている。そしてこの企業の40%はロシアの国営企業ガスプロムが所有している。その部分が昨年まったく補充されていなかったため、数十年で最大のエネルギー危機の間は役に立たなかった。

アムステルダム大学の国際経済学ワインベルヘン教授は、これはオランダの戦略的誤りによるものだと指摘している。 「当時、経済省は強制条項を追加すべきだった。つまりガスプロムにも貯蔵を維持することを義務付けるべきだった。」

このガス不足を解消するには2つの選択しかない。どちらもオランダ政府としては痛みを伴うもので極力避けたい選択である。石炭かフローニンゲンのガス採掘だ。石炭はガス発電を補うもので、約25億立方メートルの天然ガスを節約できる。(オランダでの年間使用量の約7.5%)。ただ石炭発電はCO2排出量が増加する。

そしてもうひとつの選択であるフローニンゲンのガス採掘の再開。採掘による地震と家屋への被害で、ガス採掘は中止になったばかりだ。これを再開するのは政治的な問題が伴う。しかしフローニンゲンでのガス採掘が始まれば、数10億ユーロにのぼるロシアへの支払いがなくなるという利点がある。また一時的でもヨーロッパのガス価格を安定させることが可能となる。


関連記事

ロシアのガス依存を減らすには。フローニンゲンのガス田再開は?
gaspipeline.jpeg
ウクライナ戦争でロシアからのオランダへのガスの供給が問題化している。今のところ供給は滞っていないが、ガス料金は急激に上昇している。さらにロシアに対する制裁措置の報復としてガスの供給が止まる可能性もないわけではない。オランダや欧州各国は他の供給ルートを探っている。

オランダで使用されるガスの15%がロシアからだが、ドイツなど他国ではこの依存度はもっと高い。欧州全体ではガス供給をロシアからの輸入に約40%依存しており、その大部分はパイプラインを経由している。オランダの国営ガス企業ガスユニー(GasUnie)はドイツと協議した結果、ロシアの天然ガスへの依存を減らす計画に乗り出した。液化天然ガス(LNG)の輸入に力を入れ、ドイツに貯蔵ターミナルを建設するなど早期の実施実現が期待されている。またドイツのWilhelmshaven とBrunsbüttelに建設計画のLNG貯蔵ターミナルは今年中には建設に着工できそうだ。Brunsbüttelでは未来のエネルギーである水素の貯蔵も計画されている。
現在LNGを輸出しているのは米国やオーストラリアなどだ。

実はオランダには2兆7,400億立方メートルの天然ガスを獲得できるこのガス田が北西部のフローニンゲン州にある。これはヨーロッパで最大の天然ガス田であり、世界でも最大級なのだ。しかし近年の採掘による地震と家屋の損傷が問題化し、今年から採掘を停止するという決定がくだされていた。政府はこのエネルギー危機でもガス採掘の再開はしないと発表している。ただ国民の38%が再開を望むという調査の結果も出ている。
(画像:2014年National Geographic、ロシアからのガスと石油)

ロシアのウクライナ侵攻でガスと原油価格高騰
benzine.jpeg
24日のロシアによるウクライナ侵攻を受け、原油とガスの価格が大幅に上昇した。ブレント原油価格は今朝5%上昇し102ドルの高値をつけた。100ドルを突破したのは2014年以来初めてである。原油価格の高騰はガソリン価格に反映される。リットルあたり2.2ユーロまで上がるという予測もある。

ガス価格は今朝27%上昇した。欧州のガス価格をリードしているオランダの先物市場ではメガワット時あたり113ユーロをつけている。これは昨年12月のレベルに匹敵する。12月21日には166ユーロまで上がっていた。

アムステルダム証券取引所は「エネルギー価格の上昇、ドルの上昇、ルーブルの下落は投資家にとって最悪のシナリオだ。」とコメントしている。「企業によっては損失を被るところと利益を得るものに分かれる。シェルなどは高いエネルギー価格で利益を出すだろう。」

株式市場の悪化にともない仮想通貨も大きな下落を見せている。ビットコインは昨日から8%の下落、先週からは20%も下がっている。RTLのニュースによれば、投資家は不安定な株式市場から逃げ国債など債権購入に走ることで、市場金利は下がると見られている。

ウクライナ危機で深刻なガス不足が懸念
europeangas.jpeg
ロシアのウクライナ侵攻の懸念から天然ガスの価格が急騰している。ロシアとNATOが戦争状態になりNATOが制裁を加えることになれば、ロシアが欧州向けガスパイプラインを閉める可能性も大きい。オランダ政府も最悪の事態を想定しシナリオを描いている。フローニンゲン州の地底に埋蔵されている天然ガスを再び採掘するのだろうか? それとも?

フローニンゲン州の地底には4,500億立方メートルの天然ガスが埋まっている。しかしガス採掘による地震で家屋の崩壊が起きていることで、2018年に2022年には採掘を停止すると政府は決定した。例外は極寒の冬でガス需要が高まる場合は2024年までの採掘は許可されている。経済気候省の気候担当イェッテン大臣は、ロシアが欧州向け天然ガスの供給をストップしてもフローニンゲンガス田を採掘再開する可能性は低いと述べている。

フローニンゲン州のガス田は1962年に採掘が開始された。当時政府は将来の原発への移行を念頭にガスの早期販売を計画し、イタリア、ベルギー、フランス、ドイツへの販売契約を結んでいる。さらに温室栽培などの業種へは特別な価格で提供をしている。当初は35基の原発設置を計画していたが、これは実現せず、その代わりに80億ユーロ以上をかけて貯蔵と欧州各国へのパイプシステムを建設した。またロッテルダム港にはガス不足時のバックアップとしてLNGターミナルを建設している。LNGターミナルは長い間使われていなかったが、現在は各国、特に米国からの供給で満タンとなっている。

政府は現在大量のガス利用をしている60の企業と協議中である。タタスチールなどの鉄鋼業者は莫大なガスを利用しているが、これらを減らす交渉を行っている。消費者や欧州他国へ向けてもガス消費を控えるよう呼びかけが始まることもシナリオに含まれている。またドイツなど欧州の他の地域でのガス田採掘も視野に入れている。
画像:ENTSO-G, Capacity Map (2017)

ガス価格昨年の8倍に上昇、欧州全体で問題化
pipeline.jpeg
ガス貯蔵不足の懸念からガス価格がさらに高騰している。欧州の天然ガス価格の指標となるオランダTTFの先物価格が火曜日朝1メガワット118ユーロと100ユーロの壁を超えた。これは1年前の約8倍という驚くべき数字である。

このエネルギー価格高騰で工業製品の生産が縮小されたり、価格の大幅値上げが予想される。企業にとっては深刻な問題となる。消費者も契約の形態によっては、エネルギー費が大幅に上がることを念頭に置いておいたほうがいい。

地震問題でフローニンゲン州にあるガス田がほぼ全面閉鎖されて以来、政府はガス価格は市場に任せていた。このため、ガス代の値上げや不足が懸念されている。欧州全体でもガス在庫は低く、オランダ以外でもガス価格の急騰が始まっている。欧州のガス貯蔵施設の在庫は容量の75%を下回る程度で、この時期としては過去10年余りで最低の水準。天候次第だが、例年は10月末までに在庫の減少が始まる。

欧州のガス代値上げは、ロシアが供給を削減したことが背景にあり、暖房需要が高まる冬季を前に、ロシアが欧州に一段と圧力をかける可能性が高まっている。
ロシア国営の天然ガス企業ガスプロムが10月は供給能力の3分の1しか契約しなかったことを受け、天然ガスパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」を通したロシアから欧州へのガス供給は10月1日には前日の約77%減少している。

スロバニアで行われた欧州トップ会議でも、この天然ガス問題が話し合われた。南欧と東欧諸国は、具体的解決案はないものの欧州全体としての解決策を支持している。これまでは、各国が独自に対処してきた。フランスではガス料金の凍結、スペインではエネルギーにかかるVATの値下げが行われた。オランダではエネルギー税を下げるため5億ユーロの予算が計上されている。


「アスパラガスの天ぷら」なんてどうでしょ?
mayumi_cooking_aspara_tempra.jpg
白アスパラの栽培で有名なオランダの南端リンブルグ州に住んでいます。また白アスパラ農家に、朝取れを買いに行きました。今季3.4キロ目。
2級品の、市場に出せないクズアスパラがあったので、今日は2キロ買いました
2キロで7ユーロ。しかも、皮剥きしてもらい、です、
今日は、和風
天ぷら
卵炒め
トマトのアスパラ炊き込みごはん
おひたし、
天ぷらが最高です!

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。