ニュース

フライトキャンセル、返金の権利は?どのように?
schiphol_full.jpeg
スキポール空港の大混雑は週末が過ぎてもまだ続いている。コロナ禍で離職した人が多く人手不足がこの混雑の要因となっている。この問題は容易く解決できるものではない。KLMオランダ航空もこの空港混雑のため、先週末数十便をキャンセルした。この場合乗客は泣き寝入りが強いられるのか? フライトのキャンセルや遅延によるクレームを請け負うサービス Vlucht-vertraagd.nlの担当者がオランダ経済ニュースRTLZに説明している。

出発前2週間前(14日前)以内にフライトをキャンセルした場合には、航空会社はチケット代を返金する義務が生じる。ボックホーフェン氏によれば「今回のKLMのフライトキャンセルは、スキポール空港の混雑だけが理由ではなく、航空会社自体の問題もあった。この場合、乗客はチケット代を返金要求できるだけでなく、損害賠償として最高600ユーロまで請求できる。」という。KLMの人手不足も今回のフライトキャンセルを余儀なくした。このため、航空運賃の返金だけでなく損害賠償も請求する権利がある可能性があるという。

さて、返金や賠償金請求はどのようにしたらいいのか? ボックホーフェン氏は、まずは航空会社に直接交渉することが基本だとしている。しかし、コロナ危機以来航空会社は混乱が続いており、素早い反応があるとは限らない。Vlucht-vertraagd.nlのような法的なサービスを使うのも一案だと同氏。フライト遅延やキャンセルの問題はコロナ禍には最多の苦情事項だった。このサイトを通し司法手続きを取る人も爆発的に増えたという。先月は11,000人が利用し、先週だけでも1000人が損害賠償に関し相談している。

フライトに関するクレームは、複数のサービス機関が取り扱っている。「EUClaim」「Air help」, 「aviclaim」などである。 これらのサービス機関は「ノーキュア・ノーペイ」が基本で、クレームによる返金がなかった場合にはサービス料は取らない。返金があった場合には25−35%の手数料を払うという仕組みだ。手数料を払いたくないという人は、航空会社に直接クレームするのがいい。遅延やキャンセル時の乗客の権利については、以下の政府広報ページに詳しい。


関連記事

KLM 全ての長距離フライトを停止か?
klm.jpeg
KLMオランダ航空は全ての長距離フライトを停止する可能性があると発表した。コロナウィルス規制強化で、オランダに入国する際の事前PCRテストを受ける義務が課せられたことで、大陸間を飛行するのが乗務員の負担を考えるとこのまま運行を続けるのは不可能だという。乗務員が飛行先の国でPCRテストを受け、それが陽性だった場合にはその国に滞留せねばならなくなるリスクがあるためだ。現在計画している飛行停止のフライトは、通常の乗客輸送だけでなく、貨物運輸にも適用される。

KLMは、大陸間のフライトだけでなく、一部の欧州内フライトも停止する計画だ。とくに夜間の飛行で飛行先の国で一泊せねばならない場合があるため、夜間のフライトは廃止される。このフライト停止がいつから実施されるかは不明だ。



KLMエアフランス、90%のフライトを停止
エアフランス・KLMはコロナウィルス感染の拡大により、今後2ヶ月の間フライト数を90%まで減らすと発表した。この計画でKLMのボーイング747機体はすべて地上待機となる。KLMの提携会社であるエアフランスはエアバスA380機が飛行停止となる。

コロナウィルス拡大での損失をできるだけ減らし、2億ユーロのコスト削減を行うため、飛行停止のほかいくつかの措置をとるという。ただ単純なコスト削減計画ではここ数日で被った損失を補うことはできないと同社は懸念している。

先週KLMは2000人を解雇すると発表した。このほか同社は、労働時間縮小措置を申請する予定だ。これにより労働時間が減らされた従業員は失業保険を受け取れるという。KLM,エアフランスの他、ルフトハンザ航空などの大手もフライトを削減することになっている。

KLMオランダ航空、トランプ大統領の禁止令を受け、米国行フライトで7人を搭乗拒否。
オランダ航空KLMは、28日トランプ大統領によるイスラム教徒の米国入国拒否決定を受け、米国行き便に搭乗予定だった7人の乗客を拒否した。拒否された7人はいずれも米国のビザを持っている。このうち2人はスキポール空港から、5人は他の空港からの搭乗予定だった。KLMによれば、米国での入国拒否される可能性が高いため、搭乗を控えてもらうことにした。KLMは乗客の最初の搭乗地点までの費用は支払う発表している。

トランプ大統領は28日、イラン、イラク、ソマリア、スーダン、シリア、リビア、イエメン国籍所持者の米国入国をテロ対策という名目で3ヶ月間禁止した。米国での永住権(グリーンカード)所持者でも、上記出身国者の入国は不可能だ。さらに難民も数ヶ月間は入国は禁じられることになった。現在アメリカの各空港では拘束や送還された人が相次いでいる。中には10年以上アメリカの政府機関で働いていたイラク人なども含まれているという。
KLM以外の欧州各国航空会社、そしてカタール航空やエジプト航空などでも上記7か国の乗客搭乗拒否を実施している。

KLM, 長距離フライトにWIFI設置
KLMとパートナーのエールフランスは、長距離フライト用の機内の大半にワイヤレスインターネット(WIFI)を設置する。両社は、機内WIFIの専門であるGOGO社と契約を結んだと29日発表した。これにより、機内でインターネットを利用することが可能になる。KLM航空は 現時点では、最新のボーイング787ドリームライナーすべてと、ボーイング777-300のうち1機にて、WiFiが利用できるが、これが今後さらに増える。

GOGO社との契約でWIFIを取り付けるのは、ボーイング777とエアバスA330で、合計124機を予定している。実際に使用が開始されるのは来年の始めになりそうだ。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。