ニュース

旅行会社TUI,夜行列車旅行を販売
nightjet.jpeg
世界最大級の旅行代理店であるTUIグループの傘下にあるオランダTUIは、5月25日から欧州6カ国に向けた夜行列車旅行を販売する。月に数回運行する夜行列車は、オランダからコペンハーゲン、プラハ、ウィーン、ベニス、ミラノそしてフィレンツェを繋ぐ。TUIは、昨年10月から夜行列車を運行しているグリーンシティトリップ(GreenCityTrip)と共同でこの事業を行うという。列車はアムステルダムとユトレヒトから出発する。

TUIは現時点でも列車旅行パッケージを販売しているが、あくまでも国際列車とタリス(国際高速列車)のみを扱っている。これが夜行列車も提供するようになる。

列車はユトレヒトあるいはアムステルダムを16:30か20:00に出発し、目的地には次の日の8:00から11:00に到着する。TUIは格安の航空旅行を提供しているが、今後は環境に優しい列車旅行を増やす予定。

グリーンシティトリップは旅行会社フライワイズの子会社で、昨年10月から欧州各国の夜行列車旅行を提供している。夜行列車旅行の人気は高まる一方で、今年の4月から各列車に5車両増やしたり目的地を増やすなどサービスを強化している。今回のTUIとの協力で市場が拡大すると見ている。

TUIでの夜行列車旅行は5月11日から予約可能。また各都市での滞在を含む4泊5日のパック旅行も販売する。1日目と最後の夜は車中泊。


関連記事

 スイスまでの夜行列車開通
nighttrain.jpeg
12月12日からアムステルダムとスイスのチューリッヒを結ぶ夜行列車が運行開始した。列車は毎日20:30にアムステルダム中央駅を発車し、ユトレヒト、アーネム、ドイツのデュッセルドルフなどで停車し、翌日の8:05にチューリッヒに到着する。スイスからは21:59にチューリッヒを出て、オランダには7:51に入る。

列車は8両の座席車両、4両の横になれる簡易ベッド車両そして2両の本格的寝台車両からなる。座席車両は日中に使われる通常の座席である。さて簡易ベッド車両(Lichrijtuigen)と寝台車両(Slaaprijtuigen)の違いはいったい何か? 寝台車は一等車と考えればよい。すべてのコンパートメントが個室で洗面所の他にシングル、ダブル、3ベッドが選べる。もちろん、たためば座席になる。横になれるベッド車両には、コンパートメント内に6つのベッドが上下に設置されている。ただしベッドは通常の座席を横に使っているだけで、寝台車に比較すると硬い。ただし現在はコロナ感染を防ぐためこのベッド付き車両は使用されていない。ベッド車両そして寝台車両ともに朝食付きだ。ただし朝食の内容も違い、簡易ベッド車両はパンとジャムとコーヒーのみ。寝台車はもっと充実している。

さて、料金だが、アムステルダム・チューリッヒ間で、座席車両は38ユーロから、ベッド車両は60ユーロから、そして寝台車は90ユーロからとなっている。予約は、NS Internationalから。

欧州では環境に負荷がある航空機の使用を減らすために、列車の運行を充実させるという動きがある。今年の5月にはアムステルダム・ウィーン間の夜行列車が復活している。


ウィーンとアムステルダムを結ぶ夜行列車復活
OeBB-Nightjet-train.jpeg
アムステルダムとオーストリアのウィーンを結ぶ夜行列車「ナイトジェット」が、24日夜20:13分、ウィーン中央駅を出発した。アムステルダム中央駅には25日10:43に到着する。この区間を夜行列車が運行するのは2010年以来初めて。ウィーンを出発した列車は、ニュルンベルク、フランクフルト、アーネム、ユトレヒトなどに停車し、アムステルダムに到着予定だ。

夜行列車の復活は、環境破壊の原因となっている航空機運行を少しでも減らすのが目的で、欧州全土でこの動きが広がりつつある。アムステルダムからウィーンへの運行では、航空機利用に比べて350キロの二酸化炭素排出が少なくなるという。10年前までは、オランダからミンスク、コペンハーゲン、ミラノなどを結ぶ夜行列車が運行していたが、飛行機代の値下がりや便利さで廃止となる線が相次いだ。しかし、オーストリア鉄道(ÖBB)が中心となり、夜行列車の復活が始まりつつある。 ÖBBは、ローマ、ハンブルグ、そしてベルリン行きの路線などに、巨額を投資している。今回のウィーン・アムステルダム線には、オランダ政府も670万ユーロ投資した。

夜行列車ようやくの復活だが、今のところドイツやオーストリアはコロナ規制でオレンジに指定されており、不要不急の渡航が禁止されている。特にドイツへ行く場合にはオンラインでの登録とPCR検査の陰性証明が必要となっている。

来年末からアムステルダムからウィーンへの夜行列車再開に
来年末(2020年)からオランダとオーストリアを結ぶ夜行列車が再開する、とオランダ鉄道NSが発表した。NSとオーストリアの鉄道会社ÖBBが共同運行する。オランダ政府はこのプロジェクトに670万ユーロを投入。2020年12月から毎日、夜行列車はアムステルダムを発車し、ミュンヘン、インスブルック、そしてウィーンへ向かう。オランダ国内ではユトレヒトとアーネムからも乗車可能だ。これによりオランダは欧州夜行列車ネットワークにつながることになる。現状、乗客はまずデュッセルドルフまで行きそこからドイツの夜行列車を使わねばならなかったが、これが直行となる。

NSは、夜行列車は航空機に代わる環境に優しい交通手段であることを強調。夜行列車はまだ改良の余地はあるが、乗客には楽しめるはずとNS。今度始まるウィーン行き列車は、アムステルダムを夜発車し、700kmを走り朝にウィーンに到着する。約14時間の夜行列車には、通常の座席、ベッド付きの座席がある。また個室のデラックスルームも用意されるという。料金は29ユーロから89ユーロ。

3年前まではアムステルダムとミュンヘンそしてチューリッヒを結ぶ夜行列車があった。しかし乗客数の減少によりドイツ鉄道が運行を中止していた。航空機使用に批判が高まる中、欧州内の夜行列車は復活する気配だ。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。