ニュース

テストの結果や成績表を出さない学校
class.jpeg
オランダで、成績表を出さない学校が増えている。テストや点数が重要視される教育を止め、別の教育法を実験的に行っている。教師は授業のあと生徒たちがどのくらい学んだのかを知るために、生徒たちと話し合うのが基本になっている。「テスト勉強をしてもその後すぐに覚えたことを忘れてしまうのが常だ。新しい教育法では、学んだことがしっかり身についているのを確かめて、次の章に移る。」 テストも行うが、目的は採点ではない。生徒たちがどこにつまづき、何を強化しなければいけないかを教師が知るためだという。

これは、指導を行うだけでなく、生徒が言われたことを理解しているかどうかを確認し、必要に応じて教師は専門知識に基づいて質問をする。この方法で、教師は自分が教えていることを批判的に見ることができる。

成績表を出さない学校で学ぶ生徒の両親は、テストの結果が出てこないのは不安に感じる。また自分の子どもがどの程度学力が上がっているのか、下がっているのかを知りたいのが山々だ。しかし、こういう学校では教師が生徒ひとりひとりに合った教育を行うので成績やテストの点は意味がないという。テストはあくまでも理解度を計るもので、評価するものではないという考え方が基本にある。このモデル校であるアルフリンク・カレッジ(小中高等学校)には、教師や教育関係者の訪問が絶えないという。

オランダの学校では小学校のグループ3(日本の1年生)からテストが行われる。「この最初のテストで、学力が低い子供と高い子供というレッテルが貼られる。このテストは子供だけでなく両親にも大きな影響を与えている。」教育専門家によれば、子供は評価を受ける前に、より高いレベルに行くための学ぶチャンスを与えられるべきだ。

アルフリンクの教育方法は大きな利点があるものの、教師の負担は大きい。授業をするだけでなく、子どもたちひとりひとりの学力の成長を助けねばならない。ただ、学校内の中間テストや高校卒業試験に関して、疑問視する人も増えており再考するいい機会となっている。


関連記事

オランダの教師不足深刻、教育水準も下がる?!
schoolkids.jpeg
オランダの教師不足は深刻である。教師が足りないため閉鎖する学校も出ている現在小学校で働く教師は12万9千人。中高等学校では7万5千人が働いている。教師の退職などで空きが出ても小学校の場合には56%を埋めるのが難しいという状態だ。中高の場合はこれが37%となっている。学校では緊急対策としてインターンやアシスタント、ときには両親を教壇に立たせるなど、なんとか空きを埋める努力をしている。

オランダの学校が直面する問題は、この教師不足、授業の内容、そして政府の対策であるという。今回はこの教師不足問題。

教師の質は子供の教育そして将来に最も影響を与えるといっても過言ではない。それはモンテソーリやイエナといった特殊教育でも通常の教育でも共通して言えることだ。最も教師不足が深刻なのは、大都市で貧困な家庭が多い地区であるが、他の地域でも問題は広がっている。週に5日の学校を4日にして、残りは家庭学習にするという学校も出てきている。政府は教師不足解消のために85億ユーロの予算を計上した。大都市での教師不足は深刻で、アムステルダムで13%、ハーグで15%に及んでいる。

教師不足の原因は給与が低いこと、そして小学校と中高等学校の教師の給与の差が大きいことが上げられる。そして、おびただしい量のペーパーワーク。これは通常の企業では見られないほどの量だともいう。
教師の質も問題化している。オランダでは教師養成学校(高校)出、大学で教育専攻した人、修士保持者などいろいろな背景を持つひとが教師をしている。それぞれ長短はありどれが一番いいとは言えないが、教師養成を専門とする高等教育機関の設置も必要だという声もある。

教育省大臣、留学生数の規制に反対。オランダの大学のさらなる国際化をめざす
5月にオランダの大学連盟はオランダで教育を受ける留学生数をこれ以上増やさないという意向を表明したが、教育省のエンゲルスホーフェン大臣はこれに反対、大学と職業専門学校の国際化をさらに促進すべきだと発表した。オランダではここ数年、大学とくに修士課程で授業を英語のみにするところが増えており、これにより留学生の数が急増している。オランダ人は英語は流暢ではあるが、母国語ではないため学生が実際の学力を発揮できなかったり、教える側も満足の行く授業を行えないという不満が出ている。

これに対し大臣は、大学や高等教育の国際化はオランダの科学や経済の発展に役立ち、学生にとってもプラスとなると、教育の英語化推進を支持している。とくに学生は外国人と協調することで将来的に世界での労働市場で活躍できると国際化の重要性を語っている。ただし授業を英語化するにあたり、教育の質が落ちないこととオランダ人学生にとって不利にならないことを条件としている。さらに、英語で教育を受けることにより卒業後の就職にプラスであることも必要条件だ。また最近では中国人留学生だけのクラスもできるくらい学生が偏っているが、これも避けるなど、留学生とオランダ人学生を混ぜることも条件となる。


ただこの大臣の「国際化願望」には財源が伴わないという批判もある。都市間学生連盟(ISO)によれば、大学への予算は留学生数の増大と比例していないと、財政の難しさを批判している。「教育省は国際化を叫んでいるが、これに対する助成金は出していない。」という。
大学や高等専門学校の多くは教育の英語化が学生の将来に役立つとして大臣の考えに賛成している。学生はオランダ国内だけでなく世界の労働市場で職を求めるべきだと主張している。

オランダ新政府、教育、防衛、警察そして環境に投資
まだ組閣は完了していないが、オランダ新政府はほぼ方針を固めた。自由民主党(VVD)、キリスト教民主党(CDA)、民主66党(D66)そしてキリスト教連盟からなる、中道右派の新政権は大まかな方針を固めている。たとえば、これまで経営者は長期病欠の従業員に対し2年間給与を支払続けねばならないという法律があったが、このために窮地に陥った小企業は多い。この不公平を是正するため、従業員20人以下の小企業に限ってこの期間を1年とし、2年目は国と企業が半々に支払うことになる計画だ。

新政府の方針は思い切ったものが目立ち、例えば教育、防衛、警察、環境に大きな投資を行う。とくに重労働低賃金で問題になっていた小学校にはこれまでの予算を2億7千万ユーロ増額し、教師の給与値上げを行う。税制では、消費にかかる税金を上げ、労働へは低率課税が適用されることになる。低税率の消費税は税率が上がる。エネルギー消費には高税率が計画されている。

新政権発足は10月23日の週に予定されているが、総選挙から現在まですでに200日以上過ぎている。これまでに一番長かったのは1977年の組閣で208日が記録されているが、今回の第3ルッテ内閣組閣は、オランダ政治史上最長になる。


「極右PVV党支持と教育の相関性が他の要因と比較し最も高い」FTによる分析
欧州のポピュリズムの行方を問う3月15日に行われるオランダの総選挙。反移民、反イスラム、反EUを掲げる自由党(PVV)の支持率が世界の注目の的となっている。一時、150議席のうち38議席を獲得し第一党となるという世論調査の結果も出たが、最新の数字は22議席と下がっている。しかしながら、米国の大統領選挙や英国のEU離脱国民投票と同じく、蓋を開けてみるとポピュリズムの勢いが優勢だったという事実もあるので予想は難しい。

3月2日に発表された英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の調査分析によれば、PVV党支持と教育程度の相関性が非常に高いことがわかった。これまで、移民の数とPVV党支持者数の相関性が取りざたされていたが、実際には相関性はそれほど高くない。たしかに移民の割合が高いロッテルダム市でのPVV党支持者は多いが、同じように移民が多いアムステルダムでの支持者は少ない。

中等教育や職業教育を中途でやめた人のPVV支持者は多い。FTの調査では学歴と極右政党支持の相関性が、他の要因(都市部か地方、移民の割合、年齢など)に比較すると圧倒的に高いことがわかった。低学歴者は極右に走りやすいというのは単純すぎる結論だとしてFTはこれを却下しているが、高学歴者は自らの考えと分析で選挙に臨むのでディベートを避け続けてきたPVV党首ウィルダース氏には投票しないと結論づけている。また英国での国民投票でEU離脱を支持に高齢者が多かったが、オランダでは年齢との相関性は当てはまらないようだ。

オランダの外国人市民化教育失敗、大都市で制度見直しに
23日会計監査院は、2013年に導入された「移民の市民化義務」制度の民営化が失敗であるという報告書を発表した。これを受け、難民と移民が多いアムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトの4都市(G4)は「市民化」教育制度について見直す意向を示した。オランダでは2007年から外国人(EU以外の国出身者)は「Inburgering」と呼ばれるオランダ語とオランダ社会について学ぶことが義務付けられている。当初はこの市民化教育は市町村がほぼ無料で提供していたが、2013年から制度が変わり市場の自由競争という名目で教育は企業の手に渡った。難民も含む外国人は、約10000ユーロまでの教育費をDUOという国の機関から借りて授業を受けるという制度だ。オランダ語教育を行う会社は雨後の筍のごとく165社にまで増えたが、その質は下がる一方。授業を受ける人も試験の合格率も落ち続けている。

市民化教育の民営化に伴い地方自治体は教育に義務を負わなくなったが、口出しもできなくなった。この惨憺たる結果を受け、G4は独自に市町村が率先して外国人の市民化を行う「新制度」の導入を提唱している。例えば「市民化」や「職探し」に関するウェブサイトは現在すべてオランダ語であるが、これを各国語に翻訳し、実際に必要な人々に伝わるようにする。学校の教育の質をチェックしたり、外国人がオランダ語教育を受けるよう市町村が率先して行うようにする。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。