ニュース

ロッテルダム・アート・ウィーク(5月18日〜22日)
vannelle.jpeg
オランダの現代アートの中心はロッテルダムと言っても過言ではない。街と同じように、常に変化し伝統にとらわれない新しい試みが行われている。
現代アートのギャラリーが一堂に会する「アート・ロッテルダム」が5月19日から22日まで開催される。このアートフェアを中心に、18日からロッテルダム各地で展覧会やポップアップ展示会などが開催される。

現代アートのフェア(展示販売)ではオランダで最も質が高い「アート・ロッテルダム」は、ユネスコの世界遺産に指定されている「ファン・ネレ・ファブリーク(元タバコ・コーヒー・紅茶工場)」で開催される。約1万㎡の会場には、約100の国内外のギャラリーが現代アートを展示販売する。

同時開催されるのが、
・デザイン・フェア「Object Rotterdam」:ここではデザイン専門ギャラリーや個人のデザイナーが作品を展示販売する。
・写真フェア「Rotterdam Foto」: 独立系フォトグラファーが作品を展示。
・オープン・アトリエ。アーティストのアトリエが集合しているKunst & Complex、Steurなどでアトリエを公開。
・ガレージ・ロッテルダム: 元フォルクスワーゲンのガレージの巨大ギャラリー。ここで「For What It's Worth」展が開催され、8人のアーティストが経済システムを批判的そして詩的に表現するという。



関連記事

ロッテルダムを屋上づたいに散歩、ルーフトップ・ウォーク
rotterdam_rooftop.jpeg
ロッテルダムを屋上づたいに散歩しようという「ロッテルダム・ルーフトップ・デイズ」が今月末から6月末まで開催される。ロッテルダムの中心地コールシンゲルの上空30メートルに、ワールドトレードセンター(WTC)とバイエンコルフ・デパートを結ぶ橋がかけられる。これを渡り他の建物の屋上を歩けば45分の散歩ができるという。

この橋はロッテルダム・ルーフデイズ(6月3,4,5日)の一貫であるロッテルダム・ルーフトップ・ウォークのために建設された。デザインは、世界的に有名な建築事務所であるMVRDV。WTCとバイエンコルフそして隣接する駐車場Qパークの屋上では展覧会やコンサートが開催され、食事やドリンクも楽しめる。

ルーフトップ・ウォークは5月26日から6月24日までの10時から20時までオープンしている。ウォーキングはだいたい45分。チケットは3.5ユーロ。子供は無料。

この期間、建築やデジタルアートを展示するニュー・インスティチュート(Het Nieuwe Institute)の屋上でも展望台と舞台が設置される。これもMVRDVによるデザインだ。6月はロッテルダム建築月間(Rotterdam Architectuur Maand)で、ここでもいろいろなイベントが企画されている。入場無料。

ロッテルダムの橋、ジェフ・ベゾスのスーパーヨット通過のため解体
de-hef.jpeg
ロッテルダムにはエラスムス橋など有名な橋がいくつかあるが、その中でも歴史的象徴となっているコーニングス橋(別称 デ・ヘフ)が巨大ヨット通過のためにこの夏解体される。このスーパーヨットは、アマゾンのオーナーであるジェフ・ベゾスがオランダで建造中のもの。

ヨットはロッテルダム近くのアルラセルダムにあるオセアニコという造船所で建造中だ。建造費4億3千万ユーロ(約550億円)のこのヨットは世界最大と言われている。このヨットが外洋に出るにはどうしてもデ・ヘフ橋を通過せねばならないのだが、マストがこの高さ40メートルの橋より高い。そこでベゾスはロッテルダム市に橋の一時的解体を要請した。費用はオセアニコ社とベゾスが折半するという。

もちろん再建されるとはいうものの市は橋の解体を拒んでいたが、ロッテルダムの造船業と雇用を守るためにベゾスの要請に同意した。デ・ヘフ橋はロッテルダム市にとって特別な意味がある。1878年に完成したこの橋は、第二次世界大戦で崩壊したロッテルダム港の再建のために列車運行用に使われた。1993年には鉄道橋の役目は終わったが、歴史的建造物として保存することが決まった。こういった経過があるため、橋の解体は一時的とはいえ市にとっては複雑だ。

オランダの造船業者(船大工)は、次々にスーパーヨット建造に乗り出している。長い間に培ってきた技術を活かせる上、世界中の億万長者たちが競ってスーパーヨットを建造しているので、オランダの造船業者にはまたとないチャンスなのだ。市も産業を守るために橋の解体は認めざる得ないようだ。

ロッテルダムで規制反対の暴動、7人負傷
violence_rotterdam.png
昨夜ロッテルダムの中心街で政府の規制に反対する暴動が起き、警察が2人に発砲するという事件が起きた。暴徒は警察隊に石や花火を投げたり、パトカーに放火するなどで収集がつかなくなった。政府が検討している2G規制に反対するデモに、サッカーのフーリガンなど様々なグループが加わり暴動となった。3週間のロックダウンや昨日発表された年末の花火禁止などに対する怒りが爆発した形だが、意味なく単に破壊行為や暴力を行う暴徒も少なからずいた模様。

数百人が加わったこの暴動で警官を含む7名が負傷し20名以上が逮捕された。ロッテルダム市長が「暴力の乱交」と称したこの暴動で、緊急事態宣言が発令され、市内への立入禁止とロッテルダム市内の主要駅の封鎖が行われた。


世界初の美術館保管倉庫(デポ)、ロッテルダムにオープン
boijnans.jpeg
ロッテルダムにあるボイマンス・ファン・ベウニンゲン美術館(Boijmans Van Beuningen)が、世界初の美術品保管庫(デポ)を6日から公開する。どの美術館でも同様だが、コレクションは増える一方で、実際に展示されている作品はその一部に過ぎない。ボイマンスでは現在所有する全作品の10%程度のみが美術館に展示可能だという。残りはデポに眠っていて、一般の人は見ることができなかったが、これが公開されることになる。

ミュージアムパークに4年がかりで建設されたこのデポで、172年の間に収集された絵画やアート作品151,0000点が展示され一般公開される。デポは14の部屋からなり、5種類の気温と湿度で調整されている。中に入ると、コレクションを見学できるだけでなく、どのように保管し管理しているかも一般の人が知ることができる。
この新しいデポは世界的に有名な建築事務所MVRDVが建設したもので、外壁はミラーガラスで覆われ、周りの景色を映し出している。建設費用は約9100万ユーロ。

公開日:毎週火曜日から日曜日 11:00 - 18:00  月曜日は閉館
併設のレストランは、11:00-22:00
入館料:大人20ユーロ、18歳以下、ミュージアムカード保持者は無料
ガイドツアーに参加も可能

ロッテルダムにオランダで最も高い住宅ビル
zalmhaven.jpeg
オランダの建物がどんどん高くなり、ほとんど高層ビルがなかった数十年前と比較すると雲泥の差である。ロッテルダムに建設中のザルムハーフェン・タワー(Zalmhaventoren) は215メートルに達した。来年完成予定のこのビルは60階建てで、住宅のほか、オフィス、レストラン、屋上の庭、ガレージそしてフィットネスクラブが入る。ちなみに、世界で最も高いビルはドバイにあるルジュ・ハリファでその高さはなんと828メートル。ニューヨークのエンパイアステートビルは381メートルなので、世界規模ではまだ低いが、オランダでは最も高いビルとなる。

高層アパートが多く建設されているのは、ロッテルダムの他にもハーグやアムステルダムで目立つ。現在高さ70メートル以上の高層ビルはオランダで200棟以上ある。

これからも高層住宅は建設が予定されているが、昨今の住宅不足の解決になりそうもない。まずは費用の問題。このザールムハーフェン・タワーを例に上げると、家賃平均は1700ユーロ。購入するには百万ユーロは下らない。超高層ビルを建てるには特別なコンクリートや鉄鋼を使用せねばならず、建設費用がかさむことがその一因だ。
現在注目されているのは、木材などのサステイナブルな建材を使った70メートル以下の中層ビル。都会へ隣接し、価格も中程度に押さえている。こういう中層住宅が増えれば、少しは住宅不足緩和に貢献するかもしれない。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。