ニュース

旅行をするならドイツ? 鉄道やバスなど乗り放題で1ヶ月9ユーロ!
german_train.jpeg
隣国ドイツでは高騰するエネルギー価格に対処するため、燃料にかかる付加価値税を下げたり、働く人に一律300ユーロを支給するなどの措置をとっている。このほか車をできるだけ使用せず公共交通機関の利用を推進するために、料金の大幅値下げを行っている。

ドイツ国内を旅行するなら公共交通機関が格安だ。6月、7月、8月の3ヶ月間、国内の交通機関は乗り放題で1ヶ月9ユーロ。鉄道、トラム、地下鉄、バスなど、ほとんどの公共交通機関が使える。例外は高速列車(ICE)とインターシティ。例えばアムステルダムからベルリンに行くICEには適用されない。どうしてもこの9ユーロチケットを利用したいとなると、少し時間の余裕が必要だ。例えばユトレヒトからケルンには3時間かかり、ICEを使うより1時間長く要す。同じくベルリンまでは11時間。ICEを使えば6時間なので、のんびりと行く時間があればかなり安い。国境までのオランダ鉄道料金とあとは9ユーロですむ。

またドイツは今日から今後3ヶ月間、燃料税をガソリンでリットルあたり35セント、ディーゼルで17セント引き下げる。これにより平均でガソリンは1.85ユーロ、ディーゼルは1.9ユーロになる。オランダでは、付加価値税を下げたもののガソリンは2.2ユーロにとどまっている。このためオランダから給油に行く車で国境付近のスタンドは混雑が予想されている。




関連記事

ドイツとベルギーの観光客、オランダを避ける
amsterdam_canal.jpeg
オランダへの外国からの観光客は今年第3四半期、大幅に減少した。とくに隣国のベルギーとドイツからの観光客が減っていると、中央統計局CBSが発表している。コロナ感染者が多いというのが主な理由だというだという。

ただ宿泊者数で見るとオランダ国内のホテル、キャンプ場などの宿泊者は第3四半期には前年度同時期より5%増加している、これは国内でバケーションを過ごすというオランダ人が増えたことによるものだ。これに対し外国からの観光客は13%減っている。外国からの観光客は270万人と前年より40万人減。このうちベルギーからは130万人(34%減少)、ドイツからが50万人(8%減)となっている。

CBSによれば、外国からの観光客がオランダを避ける背景には、高いコロナ感染率があるという。オランダは欧州地図でも常に赤あるいは濃い赤に染まっている。またオランダの宿泊費や飲食費の高さも外国人観光客を遠ざける一因となっていることも否めない。

ドイツやベルギーを襲った大洪水、オランダ南部でも被害
overstroming.png
豪雨による川の氾濫で起きた大洪水で、ドイツでは81人が死亡1000人以上が行方不明となっている。ベルギーでもリエージュ付近で大洪水が発生し、少なくとも4人が亡くなっている。この洪水はドイツやベルギーに隣接するオランダのリンブルグ州の南部にも及び、大きな被害を出している。とくに、ルールモントやファルケンブルグでの被害は深刻である。

洪水はドイツのライン川沿岸、そしてこの支流であるマース川沿いのベルギーそしてオランダの南部を襲った。オランダでも床上浸水のみならず、車が流されるほどの高水位となり、住民や家畜が避難することになった。今朝3時には、マーストリヒトを流れるマース川の推移が最高位に達している。昨日まで深刻な洪水に見舞われていたベルギー国境に隣接する南リンブルグ州の水位は少しずつ下がるとともに、これが北部に移動している。マース川の水量は、通常の夏の水量の76倍に達しており、マーストリヒトの南のアイスデンでは、アムステルダム標準水位(NAP)を50メートル超えている。

被害額などはまだ算出されていないが、ルッテ首相は洪水による損失は国が補償すると発表している。
この豪雨は気候変動の結果だと言われている。また、ライン川やその支流の川の流れを、昔の曲がりくねったものからコンクリートで固めた真っ直ぐなものに変えてしまったことで、地中に水を貯めることが不可能になってしまったことも原因だ。

ベルギーとドイツ、北ホラントと南ホラント州を危険地域に指定
coronavirus.jpeg
NRC Handelsbladによれば、ベルギーとドイツは16日、コロナ感染者の増加が顕著であるオランダの北ホラント州(アムステルダムなど)と南ホラント州(ハーグやロッテルダムなど)への渡航をコード・レッド(オランダのコードオレンジ)に指定した。これは不要不急の訪問を禁じるものだが、ドイツでは過去2週間に北ホラント州と南ホラント州へ渡航経験のある人はコロナ検査を義務付けられる。さらに州によっては自宅隔離も必要となる。

ベルギーでは明日金曜日午後16:00からこのオランダへの渡航規制が実施される。今後の不要不急の渡航が禁止されるだけでなく、過去に48時間以上これらの2州に滞在したことがある人は、コロナ検査を受けるとともに自宅待機が義務付けられる。またベルギー外務省はこれらのオランダ2州からベルギーへの入国を禁止すると発表。 ただし家族への訪問や葬式そして出張などの必要不可欠の渡航は認められるという。オランダの北ブラバント州、フレーフォラント州、ユトレヒト州、リンブルフ州、ヘルダーラント州、フローニンゲン州へのベルギーからの渡航に関してはコード・オレンジである。
観光客のオランダへの訪問はなくなるが、輸送(トラック)に関してはとくに問題ないという。

オランダ政府はコロナ感染者の急増を受け、明日金曜日に記者会見を開き新規の規制などを発表する。

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)
1 ドイツによる水際措置
 4月6日(月)、ドイツ連邦政府は、現在、イタリア、スペイン、オーストリア、フランス、ルクセンブルク、デンマーク、スイスからの航空機、船舶、陸路によるドイツへの入国規制(緊急渡航する理由のある渡航者と通勤者以外については、国境通過の必要性についての証拠提示が求められます。)の対象をオランダとベルギーにまで拡大するかという点については、適用しない、と決定しました。一方で、オランダを含め、リスク地域からの入国者には、14日間の隔離等の検疫強化が行われることになりました。ドイツへの渡航あるいはドイツ経由の帰国をご検討の方は、在ドイツ日本国大使館のホームページを通じて最新情報をご確認されることをおすすめいたします。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html#04bouekitaisakuD

2 オランダにおける集中治療室(ICU)病床数
 オランダ政府は、4月5日(日)までに、集中治療室における病床数を2,400床(※新型コロナウイルス感染患者用:1,900床、それ以外の患者用:500床)まで増床する予定としておりました。本日6日(月)のオランダ放送協会の報道(電子版)によれば、4月6日(月)現在、集中治療室で治療を受ける新型コロナウイルス感染患者数は、1,409名とされています。さらに、オランダ政府は、人工呼吸器等装置の調達努力等を通じ、集中治療室における更なる病床数拡大の可能性を模索しているとしています。

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる
オランダ経済政策分析局(CPB)は、2020年の経済成長率が1.4%になると予測した。これまでの高成長がやや後退する予測で、来年度の予算や購買力に影響する。この減速の背景には外国の経済悪化が大きく影響しているという。購買力は、実質賃金の上昇と、やや程度は低いが政策措置の結果として、2020年も引き続き積極的に伸びる予想だ。 CPBは、政府予算にも余剰が出ると予想している。ただし黒字は今年よりは減る模様。

2019年の失業率は最低の基準に達したが、来年もさらに下がりそうだ。ただし労働供給の継続的な増加により、雇用の伸びは2020年に低下する。

水曜日に、2019年第2四半期のオランダの経済成長は0.5%とかなり良いと発表されているが、他のヨーロッパでは低い成長率が報告されている。隣国ドイツの経済は縮小している。ユーロ圏最大の経済は、特に外国貿易の減少の影響を受けている。ドイツの経済成長または縮小はオランダにとって伝染性であると言われているが、これまでのところまだその影響は表面に出ていない。

オランダ経済政策分析局(CPB)のチーフエコノミストであるファン・ムリゲン氏は、「ドイツの産業は長い間業績を上げていないが、オランダの産業は回転し続けている。しかしドイツの不調が長く続くなら、オランダの産業が来四半期に縮小する可能性が高い。それが成長にとって何を意味するのかはまだ不明」とコメントしている。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。