ニュース

都市に住む若者のステータスシンボル?「ナチュラル・ワイン」
vinnaturel.png
3年ぐらい前から「ナチュラル・ワイン」と呼ばれるオーガニックで添加物がないワインが、都市部で流行っている。とくに都市に住む金銭的に余裕がある若い人たちの間で人気だ。ナチュラルワイン(Vin Naturel)だけを販売する店やバーやレストランも増えている。ナチュラルワインは通常のワインやオーガニックワインに入っている亜硫酸塩が添加されていない。

ナチュラルワインの価格は1本20−30ユーロ。ナチュラルワイン専門のワインショップだけでなく、流行りのサワードウを販売するパン屋などでも売っている。ラベルも伝統的なものではなく、アート風なデザインのものも多い。

10年前にはナチュラルワインを扱う店は10指に入るくらいだったが、現在ではオランダだけで数百軒もあるという。とくにコロナ期間に増加が著しかった。

さてナチュラルワインの味だが、一般的にフルーティで酸味が強いものが多い。また野性的で軽い。伝統的な重厚なワインはカフェやバーでは好まれず、この軽い飲み口のワインの人気が高い。とくに大都市に住むミレニアム世代はこのワインを好む傾向がある。
なぜナチュラルワインがブームなのか? 消費者の環境意識と大きくつながっているようだ。スローファッション、ナチュラル・コスメ、ビーガンといった環境意識の高い人達がこのワインを好む。ここではピュアなもの、環境にいいものというのがキーワードだ。週末にはオーガニックマーケットでオーガニックのチーズやソーセージを買い、ローカルプロダクトを使うレストランで食事をし、ローカルな醸造所でビールを飲み、ナチュラルワインショップでワインを購入するというのが典型的だ。「セルフケア」の一環だという人もいる。

さてナチュラルワインにこだわるのはどんな人達だろうか? クリエーティブな職業につく人たちや、アムステルダム南のオフィスビルで働く裕福な若者。車はテスラといったタイプが目に浮かぶ。ただナチュラルワインはがステータス・シンボルの地位を失うのも時間の問題かもしれない。スーパーマーケットで販売する種類が増えるとともに、一般化し特殊性は消え去る。これは以前のスペシャルビールのときも同じだった。



関連記事

ナチュラルワイン・カフェで大谷臣史の個展
Westland_(4).jpg
アムステルダムのOUDWEST地区でロッテルダム在住の写真家大谷臣史による個展が開催されている。大谷氏はもともとは陶芸家であったが、アムステルダムのリートフェルト・アカデミーで写真を勉強。その後数々の賞を受賞している。
今回はCITY PLANTSというタイトルで都市部に生息する植物をテーマに、作家がコロナ禍で制作したものを含めした3シリーズを展示している。

会場のSauvage Art Spaceはナチュラルワイン専門のワインカフェが併設されたギャラリー。作品を鑑賞しながら珍しいワインが楽しめる。

会期は10月30日まで、営業時間は木金(17~20時)、土曜(16-20時)

Sauvage art space
Potgieterstraat 47 Amsterdam
instagram @sauvage.art.space

ノンアルコール・ワインが人気上昇中だが味は?
最近オランダではノン・アルコール・ビールだけでなく、ノン・アルコール・ワインが売れ始めている。調査会社ニールセンが行った2018年ワイン・レポートの結果である。ニールセンがオランダ国内の1500人のワインを飲む人を対象に調査を行ったところ、37%の人がアルコールワインを何度か飲んだことがあると答えている。アルコール無しのシダーも33%、アルコールを含まないビールも33%の人が複数回飲んだことがあるという。

スーパーマーケットでの販売量を観てもこのノン・アルコールワインの消費増加が明らかである。アルバートハイン、アルディ、リドルの平均で2018年には前年の37%増という数字がでている。増加率はノン・アルコールビールとほぼ同じだが、ビールの方は量的に数倍多いという。

ノン・アルコールワインだけでなく低アルコールのワインも売れ行きがいいと大手スーパーのアルバートハイン。ノンアルコールワインの需要は健康志向の人が増えるにともない増加している。アルコール量とカロリーを制限しようとしている人が増えているからだ。アルバートハインでは「スキニー・ワイン」という名称で低アルコールとノンアルコールワインを販売し、健康志向の人をターゲットにしている。

健康志向の人だけでなく妊婦の間でもノンアルコール・ワインは人気である。とくに12月のクリスマスシーズンには、みんなといっしょに乾杯したいというアルコールを控えている人たちの間で需要が高まった。

ノンアルコール・ワインといっても本物のワインでない場合がある。ワイン生産者の中にはノン・アルコールと名付けグレープジュースを販売する業者もいるが、通常のノンアルコールワインは、普通に製造されたワインから機械を使ってアルコールを抜いているもので、ワインとほぼ同じ味である。ただアルコールを抜く際に糖分が残るために甘さが若干強いものになる。オランダではドライなワインが好まれるため、この甘さを敬遠する人も少なくない。そのため甘さが少ないバブルワインといわれる発泡ノンアルコール・ワインが好まれるという。バブルワイン用のぶどうは通常より早めに収穫するので糖分の含有量が少ない。

2018年のオランダ産ワインは最高のでき
オランダでもワインが生産されているというと意外に思う人も多いが、地球温暖化が影響してかワイン生産者は増えている。そして今年はワイン生産者にとって得に当たり年だった。天気のより暑い夏のおかげでぶどうの収穫も増えただけでなく、アルコール含有量やフルーティな味は南欧産のワインに匹敵するものとなった。
オランダで最も早い時期にワイン造りを始めた北ブラバント州に住むファン・ストッコムさん(72)によれば、これまでで最高の品質のワインができたという。1999年と2003年も当たり年だったというが、今年のワインはさらに質が高いらしい。暑く雨の降らない天候続きで、オランダの野菜や果物生産者は打撃を受けたが、ワイン生産者にとってはまたとない機会到来だった。オランダワイン生産者組合(VNWP)のベーカーさんによれば、日照時間が長く夜になると冷えた今年の夏はワインづくりには最高だったという。オランダでは収穫時期が他の地域よりも遅いぶどうを生産しているが、これも功を奏したようだ。

さて当たり年のオランダ・ワインの価格だが、ファン・ストッコムさんはボトルあたり例年より1ユーロ高い価格を提示している。ヘルダーランド州で赤ワインを生産しているマッセリンクさんは、「オランダのワインは質の割には高い値段設定だ。オランダワインを特徴付けるこれといったものもない。ある意味珍しいワインということで買う人が多い。」と値上げには疑問視している。

オランダのワイン畑総面積は2017年には157ヘクタール。フランスの80万ヘクタールと比較すると皆無に等しい。それでもオランダのワイン生産事業は快調で、中央統計局によれば92ものワイン生産会社が登録されているという。

KLM、機内サービスのワイン、国立美術館の絵画をラベルに
KLMオランダ航空はアムステルダム国立美術館と提携し、2018年5月から6月にかけ、同美術館所蔵の絵画をラベルにした「春の特別ワイン」を機内ビジネスクラスで提供する。

フェルメールの「小路(The Little Street)」やコールテの「ホワイトアスパラ」などオランダ黄金時代の著名画家の「春」をテーマとした5つの作品が選ばれている。高度の高い航空機内で飲んだ時の味わいは地上での味と違うことを考慮し、5種類のワインを選び、それぞれの味に合う春らしい作品をラベルにしている。

国立美術館所有の作品のラベル化は今後も続き、「夏の特別ワイン」「秋の特別ワイン」そして「冬の特別ワイン」が登場する予定。この美術作品のレベルがついたワインは今のところ機内でのみ提供されているが、オランダ国内での販売も検討中とのこと。KLMでは、この春から顧客の声やリクエストを反映し食事やワインを大幅にレベルアップ中。とくに、「Anytime for you」という好きなときに好きな食事をリクエストできるサービスは好評だ。

春の悪天候で、オランダ産ワインに打撃
寒いオランダでワイン?と思うかも知れないが、地球温暖化のせいかオランダでのワイン生産が増えている。しかし今年は春の悪天候のせいで生産が危ぶまれている。3月は暖かい日が続いたが、4月5月は寒く霜が下りる日も数日あった。このため、今年のワイン生産は昨年の25−30%減となりそうだ。

これはオランダのワイン生産者にとって打撃である。2016年には134のワイン農場が登録されており、合計約240ヘクタールの土地で1100万本分のワインを生産した。オランダで消費されるワインは年間5億本だから、これはほんの一握りに過ぎないが、貴重な存在だ。
一部のブドウ農園では他の果物生産に使うアンチ凍土技術を使い、被害を最小に留めている。しかし、この技術導入には費用がかかるため取り入れないワイン生産者がほとんどである。オランダ東北部では70−80%生産減という農場も出ている。また南のリンブルグ州では昨年のヒョウの被害と今年の霜で、生産は悲観的だ。

生産高は限られているが、オランダ産ワインはレストランなどで人気である。とくに外国人のゲストを招待するときに、もてなしでオランダ産ワインを注文する人が多い。ワイン専門店やスーパーマーケットの「アルバートハイン」や「ヘマ」でも購入できる。さて肝心なワインの質だが、生産高は減っても、暑い夏のおかげで良質なものが期待できると、ワイン生産者。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。