ニュース

夏にまたコロナ禍再開か?
covid-19.jpeg
コロナウィルスの感染がまた広まりつつある。先週実際に保健所で検査を受けた人の15,526人が陽性と先々週の64%増だった。国立衛生感染研究所(RIVM)は、オミクロンの変異株がオランダを席巻しつつあると発表した。ただし入院者数に変わりがないことから、重症化はしない可能性が高い。感染者が多いのがアムステルダム近郊、ユトレヒト、オランダ中部である。この変異株はオミクロンBA4とBA5と呼ばれるもの。

ポルトガルではBA5感染者が6月初めから爆発的に広まり47人が死亡している。オランダではこの変異種による死亡者は1名。ポルトガルではすでにピークを越したと見られているが、オランダではこれから増加が予想されている。

オミクロンはBA.1, BA.2, BA.3, BA.4そして BA.5という亜変異株があるが、オランダではこのBA2が優勢だ。しかしRIVMはBA.4とBA.5の増加を見ている。これらの2つの亜変異株は、先週の終わりに合計の半分以上を占めている。BA.4とBA.5はBA.2よりもわずかに伝染性が強い。「その結果、それらはより容易に広がり、優位に立つことができ、免疫系生成する抗体をバイパスすることができる。」とウィルス専門家のマリアン・コープマン氏。

コープマン氏によれば、ワクチンも遅かれ早かれこの新種に対応するワクチンが必要となる。既存のワクチンが依然としてオミクロンに対し有効だが、防御の期間は以前より少し短い、と彼女は説明している。しかし、それはがBA.4またはBA.5に感染するのを防ぐという意味ではない。「新しい変異体は、免疫系が産生する抗体をよりうまくバイパスすることができる。」 
今後新しい変異種が出るたびにワクチンを接種し続けねばならないのだろうか? このウィルス専門家は、「ワクチンを接種しても感染のリスクはある。しかし感染しても重症化を防げる。」コメントしている。


関連記事

政府のコロナ助成金を受けたKLM、条件に従わず
KL.jpeg
コロナ危機で政府の助成金34億ユーロ(約4500億円)を受けていたオランダKLM航空が、政府が課した条件を遵守していないことが判明した。条件は15%の構造的コストを削減することだった。KLMは2024年までに4億ユーロのコスト削減を行わねばならない。しかし、これまでになんの措置も取られていないだけでなく、ここ数ヶ月は逆にコストが増大していると政府の報告書。2週間前には5%の給与値上げが実施されている。

さらに1月に発表された政府の監督機関の報告書によれば、国外に住むパイロットとCAが脱税をしていることが判明している。KLMによれば、「社内の居住と仕事場に関する規則に従っている。」という。
オランダ政府は、コロナ危機の最初の数か月間、34億ユーロの銀行保証でKLMを支援している。そのうち、10億ユーロ弱が使用された。KLMは先週、パートナーのエールフランス航空との間で19億株の新株をリリースすると発表している。これにより、22億6000万ユーロが得られるはず。

旅行の季節、オランダの近隣国のコロナ規制は?
shoppingstreet.jpeg
オランダではコロナ規制がすべて撤廃されたが、近隣諸国も撤廃あるいは緩和が進んでいる。イースターや5月休暇に国外に行く場合に、それぞれの国の規制を知っていると便利だ。

■ベルギー
ベルギーでもほぼすべての規制が撤廃されている。ただし公共交通機関や病院や高齢者施設ではマスク着用が義務付けられる。
48時間以上ベルギーに滞在する場合にはコロナ証明が必要だ。バス、列車、船、飛行機でベルギーに入国する際にワクチンの摂取あるいは陰性証明が記載されているアプリ(あるいは書面)の提示を求められる可能性がある。

■ドイツ
ドイツも4月2日からほぼすべての規制が撤廃された。ただし病院、施設、公共交通機関、一部のコンサートホールなどでマスク着用が義務付けられている。ベルリンではオペラ鑑賞にマスクが必要。オランダから入国する際にはコロナ証明書の提示を求められる可能性もある。

■ フランス
3月14日からほぼすべての規制が撤廃されているが、コロナ証明書(ワクチン証明書)は持っていったほうがいい。飛行機で入国する際にはEU-PLF(欧州デジタル乗客ロケーター)という書類が必要だ。

■ 英国
ほぼすべての規制が撤廃されている。ただしスコットランドやウェールスではまだ残っている規制もある。規制はマスク着用に関するもので、小売店や公共交通機関内での着用義務である。
「コロナとともに生きる」という政策のもと、英国ではコロナに感染しても隔離の必要がない。

コロナ、自主検査で保健所でのPCR検査不要に
self-test-.jpeg
オランダ政府は今後コロナウィルスによる感染が拡大しても、ロックダウンは行わず通常の社会生活を保つ意向だと発表した。飲食店や文化施設そして企業では、自主的にウィルスの拡大を防ぐ措置をとることが義務付けられる。
また4月11日からは、コロナの症状が出た場合にもGGD(保健所)での検査は不要になる。セルフテスト(スピードテスト、Sneltest)と呼ばれる自分で検査キットで行う検査は十分信憑性があるという判断からである。

政府が4月1日議会に提出したコロナウィルス(Covid-19)対策に関する長期戦略の基本は、「次にコロナウィルスが蔓延した際には、これまでのようなロックダウンは行わず、通常の社会生活を守り、医療活動も従来どおりに行う。」というもので、教育や保育は現状通り開放することを最優先している。

自主検査でコロナウィルス感染陽性という結果が出た場合、これまではGGDにてPCR検査を行わねばならなかった。これが不要となる。しかしGGDでの検査が全くなくなるわけではない。例えば国外に旅行する場合には完治証明書が必要で、この場合にはGGDでの検査が必要となる。また高齢者や病気を抱える人はGGDでの検査を受けることは可能だ。

ロックダウンがなくなることで、本日から企業に対する支援も消え去る。この2年間企業や個人事業主はロックダウン時に支援資金を受け取っていた。この費用は424億ユーロ(約5兆7000億円)に及んだ。

コロナ規制さらなる緩和。マスク着用義務の廃止など
tulip_corona.jpeg
政府はコロナ規制のさらなる緩和に踏み切ると15日発表した。公共交通機関内でのマスク着用義務も来週3月23日から廃止される。また在宅勤務要請も不要となる。500人以上のイベントには1Gといわれる規制で事前のコロナ検査が必要だったが、これも撤廃される。

唯一残る規制は、コロナ検査陽性となった人の自己隔離義務である。もちろん、くしゃみや咳をするときには腕で口を覆うなどの基本的なものは残る。政府に助言を行っているOMT(アウトブレイク・マネジメントチーム)は、公共交通機関内でのマスク着用は残す意向だったが、政府はこれを義務付けずに自由化する決定をした。
コロナ感染数はまだ高い。先週一週間の陽性者は42万9千人と先々週とほぼ同じレベルだ。ただ、入院患者数とIC入院者数は増加していないため、今回のさらなる緩和決定となった。

ただし今回の決定はコロナ禍の終焉を示すものではない。オミクロン変異株のサブ変異株である感染性の高いBA2に感染する人が多い。ただ入院するまでに重症化する人は少ないというが、これが今ピークであると示す証拠はない。1日4万人近い感染者がいることから、OMTは義務化廃止後も公共交通機関内などではマスク着用は効果があるとコメントしている。また在宅勤務アドバイスが撤廃されても、週の半分は自宅、半分は職場という働き方が望ましいとしている。

さらなるコロナ規制緩和でロックダウン終焉か?
cafe_people.jpeg
1日の陽性者数は40万人近いが、政府は飲食店の閉店時間制限を解除する計画だ。今のところ22時の閉店が義務付けられているが、入院者数が増えていないことから、規制を解除する意向だ。まだ閉店時間が何時になるかは不明だが、おそらく24時となる可能性が高いという。ハーグの情報筋による情報である。
さらに、飲食店での1.5メートル規制や着席が義務付けられていたがこれも不要となりそうだ。在宅勤務要請や自宅への招待客4名という規制も同様だ。

政府はコロナパス提示(ワクチン証明や陰性証明)の義務も今月末には廃止したい意向だ。人との距離1.5メートルという規制も廃止される。しかし、フェスティバルやイベントなどで大人数の人が集まる場合には事前の検査が必要となるかもしれない。
最終決定は来週火曜日の記者会見で発表される。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。