ニュース

KLM、7月に1日7000席分を削減に
KL.jpeg
KLMオランダ航空は、スキポール空港出発便を7月から1日7,000人分削減しなければならない。空港の混雑は続いているため、すべての航空会社のフライト合計で1日13,500人の出発便利用者を減らすと空港が発表。このうち半分はKLMの乗客となる。オランダ民放局RTLが空港関係者から入手した情報である。

スキポール発の各飛行機が満席であると仮定すると、1日13,500席分は空港でさばききれないという。セキュリティを通過する乗客をスムーズに誘導するために、最低でも13,500人の乗客を減らさなければならない。

KLMオランダ航空は、スキポール空港利用会社の約半数を占めていいるため、乗客削減もこの約半数になる。航空会社は各自で乗客制限の方法を決めることができる。例えば、チケット販売を停止したり、すでに販売したチケットをキャンセルするなどが予想される。
他の航空会社がどの程度乗客を削減するかは不明。

4月末から始まった空港混雑はいまだに解消されていない。空港の外までチェックイン待ちの人が行列する日もある。今回の利用者削減対策により大混雑は緩和される見込みだ。混雑の原因は空港全体での人員不足。とくにセキュリティの人員が不足している。


関連記事

スキポール空港、1日数10本のフライトをキャンセルか
schiphol.jpeg
スキポール空港の混雑は未だに解消されておらず、この夏まで続くとみられる。このため空港は1日に数十本のフライトをキャンセルする予定だ。

当初はフライトの30%を削減予定だったが、やや緩和し一部のフライトを他の空港に移すなどの対策をとるため、この削減数は減る。
空港は、この発表後チケットのキャンセルや変更が相次ぐことを想定し、コールセンターを設置し備えるという。

スキポール空港の混雑は人手不足が大きな原因だ。とくに機内持ち込み荷物のセキュリティチェックのエリアが混雑しているため、乗客を減らすことを目的にフライトを減らす。

どのフライトがキャンセルされるかは未定だ。フライトチケットのみの乗客はキャンセルはたやすいが、パッケージ旅行の場合は複雑だ。ホテルやレンタカーが含まれるため、大きな影響が出るため旅行会社の反発が予想される。

国際航空業界IATAは、スキポール空港がフライトを制限するのは論外だと非難している。航空会社は空港使用料を支払っているというのに、勝手にフライト数を制限するのは受け入れないとしている。

スキポール空港の混雑、夏までの解消は無理か?
schiphol_full.jpeg
アムステルダム・スキポール空港の混雑は続いており、夏休みまでに解消する目処はついていない。一時的解消策として、KLMはここ数日間のスキポール空港発のチケット販売を制限する。KLMのチケット制限では、高いチケットのみが購買可能となるようだ。
KLMは、再予約ができるだけ可能にするという措置を講じている。例えば、混雑のためフライトを逃してしまった人には次のフライトの再予約ができるなどの措置だ。

夏休みが始まると空港の混雑はさらにひどくなる可能性がある。これに対処するためスキポール空港では、人員確保に乗り出している。現在よりも高い給料を提示することで、セキュリティや清掃、荷物扱いなどの人員が集まることを期待している。ただ人員確保に関しては、この逼迫した労働市場では給与の値上げでも難しいという専門家もいる。また夏期には発着の規定を変更するとスキポール空港は発表した。これによりフライト数が減ることが予想される。また、空港は航空会社と話し合い、フライト計画や他の空港への移行などを相談している。自主的にフライト数を減らす航空会社も出ている。

当面の混雑回避のため、空港はセキュリティコーチと呼ばれる人を配置し、乗客がなるべく早くセキュリティチェックに着くよう誘導している。また航空会社も乗客に対しできるだけ手荷物を減らすよう呼びかけている。いずれにせよネックになっているのは空港の人員不足。これが夏休みまでに解消できるかどうかが課題となっている。

スキポール空港また大混雑、今度は警備員不足
schiphol_drukte.jpeg
5月休暇の始まった4月末からのスキポール空港の大混雑は一時的に収まったものの、昨日からまた始まっている。空港のいたるところで1日中長い列ができている。前回は手荷物取り扱い者のストや人員不足が原因だったが、今回はセキュリティ人員不足が大きな要因となっている。荷物検査をするセキュリティの前には長蛇の列ができている。

スキポール空港では十分な人員が確保できないため、航空機のキャンセルも相次いでいる。空港では、乗客に向けとにかく早めに空港に着くようアドバイスしている。
また空港は、夏休みまでは5月休暇と同様な混雑は続くと予想している。5月休暇の際にはKLMは数10便をキャンセルしている。

スキポール空港、混雑のため航空会社にキャンセルを要請
schiphol_drukte.jpeg
5月休暇の始まった先週の土曜日、スキポール空港はKLMの手荷物扱い係のストにより大混乱に陥り、航空機が離陸できなかったりキャンセルになるという状況が起きている。ストは終了したが、スキポール空港の混雑はまだ解消されていない。このため空港は航空会社にこの週末は一部のフライトをキャンセルするなど対応を要求している。

KLMはスキポール空港と構造的な解決法を話し合う予定だが、まずは乗客に対し時間通りに空港に到着するよう呼びかけている。EU内は2時間前までに、EU外は3時間前までに空港に到着してほしいとのこと。またスキポール空港はKLM以外の複数の航空会社とも話し合いを続けており、大混雑を防ぐためにこの一部の週末のフライトをキャンセルするよう要請している。また5月2日から8日の間は、新規予約を取らないよう懇願した。

コロナ明けと5月休みで国外に休暇に出かける人が急増しただけでなく、空港内のセキュリティや手荷物扱いなどの人員不足もこの混雑を増長している。さらに従業員の病欠の多さもこれに拍車をかけた。

大手旅行会社TUIはスキポール空港のこの要請に対し、休暇旅行をキャンセルする意向はないと発表。すでに2年前からこの休暇を待ち望んでいた人たちの旅行はキャンセルできないとTUI。KLMは一部のフライトをキャンセルする可能性があるとしている。


アムステルダムとスキポール空港周辺、コロナでの経済的打撃大きく
amsterdam_empty.JPG
オランダ中央統計局(CBS)が水曜日発表した統計によれば、コロナ禍で最も経済的打撃を受けたのはアムステルダム市とハーレマーメア(Haarlemmermeer)であることが判明した。第3四半期のハーレマーメア市の成長率は昨年同時期の20%減となった。

最も経済的打撃を被ったのはスキポール空港があるハーレマーメアで、利用客の激減による収入後退は免れなかった。同市は第2者半期には27から29%の縮小を記録したが、これよりは少し上向きとなった。次に大きな打撃を受けたのはアムステルダム市で7%減。観光客の減少によるところが大きい。オランダ全国で経済後退は見られるが、アムステルダムの次に被害が大きかったのはフローニンゲン市。ここはコロナ禍だけでなく、ガス田の採掘減少も影響している。

逆にあまりコロナ禍の影響を受けていない地域もある。フレーフォランド州、フェールヴェ地区、ゼーランド州などはマイナス1%程度。これらの地域の主要産業は、エネルギー、卸売、保険業、畜産業などで、コロナの影響は大きくない。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。