ニュース

安全性の懸念から中国への依存を段階的に減らす
china-netherlands.jpeg
オランダそしてEUが、中国への依存度を減らそうと呼びかけているが、その声はますます高くなっている。中国の経済的威力が増大していることでセキュリティのリスクが高まっている。オランダ中央計画局(CPB)と中央統計局(CBS)の調査の結果だが、貿易を減らすとなるとあらゆる面でのコストが増大するというジレンマに直面する。このため段階的に依存度を下げる方針だ。

オランダ政府は、北海の電力インフラ建設の入札から中国を締め出した。中国がパイプラインの中にセンサーを隠す可能性があるという懸念からだ。センサーで機密情報にアクセスすることが可能である。オランダと中国の相互関係について安全保障上の懸念が生じたのはこれが初めてではない。

ただ中国への依存度を下げるということはコストの増加を意味する。2020年オランダの輸出高は中国との共同体制で2.6%上がり、66,000人の雇用を増やしている。協力体制を中止することは大きな打撃となる。また新しいサプライヤーの選定や中国の生産から手を引くことは、一時的な移行コスト増大につながる可能性がある。

オランダと中国のコラボレーションは、主にコンピューターチップ用の半導体に焦点を当てている。世界的にトップの地位にあるオランダのASMLとNXPを使用することで、ここには多くの大手チップ企業が存在している。しかし、これらの製品にはセンサーが設置されているため、セキュリティの問題がある。「オランダは地政学的リスクと段階的廃止のコストを比較検討しなければならないだろう」



関連記事

政府、中国製の監視カメラを排除するか?
security_camera.jpeg
オランダでは街のいたるところに監視カメラが設置されているが、政府や警察の建物内外に設置されている中国製のカメラが問題になっている。これらを早急に排除すべきだと下院の過半数が賛同している。内閣はまずは調査をするという意向だが、下院はそれでは遅すぎだと懸念している。「政府や警察内では四六時中ライブストリームを流しているが、中国もこれを見ているはず。」

オランダ政府は中国のハイクビジョンとダーファ製の監視カメラを使用している。さらに50以上の市町村でも中国製カメラ使用しているが、その数は不明である。外務省の入り口などハーグの政府機関だけでも130台、警察でも700台の中国Dahua製のカメラを購入している。

中国製の監視カメラは廉価だが、悪用の可能性もある。バックドアを利用するなど、諜報活動もできる。自由民主党の議員は「政府はまずは調査といっているが、ナイーブすぎる。中国のスパイ行為を放置しているだけだ。」と懸念を表明している。民主66党も「政府が攻撃的なサイバープログラムを実施している国(中国)のカメラを使用する場合、多大なリスクが伴う」とコメントしている。「政府情報機関のAVIDも以前に警告している。カメラがあったら諜報活動や妨害行為を排除することは不可能だ。」

中国製の監視カメラ設置が問題になっているのはオランダだけでない。米国でもハイクビジョンとダーファのカメラは政府機関の建物からはずしている。

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に
オランダ通信大手KPNは、新規携帯ネットワークのために中国ファーウェイ製のアンテナの設置を開始した。新しいアンテナは超高速の5Gネットワークにも適しているが、政府がまだファーウェイ製5Gネットワークの安全性についての結論を出していないため、今回のKPNのアンテナ設置は物議を醸している。

ファーウェイ社は中国政府と強力に密接しておりスパイ行為も働いている可能性は排除されていない。米国政府は今年の初めに同盟国に対しファーウェイ社の5Gネットワークの設置を中止するよう呼びかけていた。

オランダ政府の決定を待たずにアンテナ設置を行っているKPNによれば、今回使用するファーウェイ製品は、アンテナのみでネットワークの中核となる製品は西欧の製品を探しているという。しかしながら、政府が今後決定する規則にKPNが遵守するかどうかは未定である。政府は今年の夏に、5G ネットワーク規則に関する概要は決めていたが、最終決定は年末になりそうだ。政府決定の内容によっては、すでにKPNが設置した新アンテナが取り壊される可能性もある。

KPN側は、ファーウェイ社製のアンテナは政府の基準を満たすはずだとし、余裕を見せている。現存する2G, 3G,4Gのアンテナは古くなっており新しいものに取り替えねばならない。新しいものは当然5Gネットワークに対応できるものにせねばならず、ファーウェイ社のアンテナを選んだのは適切な処置だとKPNスポークスマン。

オランダ、深刻な薬不足に。中国とインドへの依存高く。
オランダが薬品不足にみまわれている。今年8月に薬局、消費者、流通企業などからの処方箋薬がないという報告件数は昨年同時期の2倍に膨れ上がった。オランダでは医薬分業が確立されており、医師が処方した薬は薬局で受け取る仕組みだが、その薬自体が供給不足になっているのだ。血圧抑制薬、避妊用ピル、パーキンソン病用治療薬などあらゆる分野の薬である。健康保健スポーツ省(VWS)によれば、不足している薬には代替薬やジェネリック薬品を出すよう指導しているという。しかしながら代替薬では副作用も心配されている。
現在769種の薬がオランダでは入手できないという状況に陥っている。昨年は732種だった。2000年から2010年の間は200種と少なかった。

この薬品不足の裏には、欧州での薬品製造業の衰退がある。現在ほとんどの薬品が中国とインドから輸入されていて、供給はこれらの国に頼っている。コスト高の欧州で薬品を製造するよりも安い薬品を輸入するほうが医療費を節約できるという思惑があった。ブラウン健康保健スポーツ省大臣は、この薬品不足を懸念し、製薬業を欧州に戻そうという計画をEUと調査したい意向だ。今後、中国やインドへの薬品供給依存率を減らしたいと述べている。

中国のオンラインショップ「AliExpress」 オランダで「後払いシステム」を開始
中国の巨大Eコマース企業アリババの消費者向けオンラインショップ「AliExpress」が、近い将来オランダなどで後払いシステムを始める。AliExpressは、中国の中小企業が生産するありとあらゆる製品を直接消費者に販売するサイトで、欧米で人気を集めている。AliExpress自身は製品を持たずに生産者が直接消費者に売るというモール形式。

今回始めるという後払い形式は、購入した製品が気に入らない場合には返品することができ、支払いが発生しないという消費者には便利なシステムである。このシステムをAliExpressはオランダのオンライン支払い企業Adyenとスエーデンの銀行Klarnaと共同で構築している。Klarnaによれば、このシステムができれば消費者の購入量は増え、途中で気が変わってショッピングカートから抜くというケースが著しく減るという。オランダのAdyenは2006年に設立された新しい企業だが現在では世界に3500社を顧客に持つ、巨大なオンライン支払いサービス企業である。スエーデンのKlarna社は銀行サービスを行っている。今回計画の後払いシステムでは、Adyenが支払いページを、Klarnaが後払用ページを担当する。
サービスはドイツ、オランダ、オーストリア、フィンランドでまず開始し、その後他国でも採用するという。

アリババは現在ベルギーのリエージュに流通センターを建設中。2021年にこれが完成すれば欧州市場への輸送時間が大幅に縮小される。

高齢者向けサービスはオランダの中国向け有望輸出商品に
オランダの高齢者向けサービスは輸出商品として有望なようだ。現在中国にいるデ・ヨンゲ健康保健省大臣がこの分野での協力に関する同意書に本日7日署名する。高齢者サービスに関連するオランダ企業数十社も大臣とともに中国への売り込み目的で同行している。中国には現在65歳以上の高齢者が2億人住む。

大臣と同行した企業のひとつタスクフォース・ヘルスケア社の代表は「オランダの高齢者の94%は自立している。これは中国政府が目指すものと合致する。」と中国市場に意欲を見せている。中国の高齢者の多くは子どもたちが大都市に仕事を求め移住したあとに村に残されている。子どもたちは自分たちの生活に忙しく親の面倒を見る時間がない。

高齢者介護団体であるヒューマニタスやエラスムス大学そしてハーグの専門高等学校も中国市場での知識の共有を目指している。とくに認知症や病気の高齢者が、健常な高齢者とともに住めるような施設についてアドバイスを行いたいという。
他にも、薬の飲み忘れを防ぐ入れ物や高齢者用食事を専門とする企業なども中国市場へ大きな関心を示している。現在65歳以上の人が2億人いる中国だが、この数が4億人となる日は近い、と先のタスクフォース社はこの大市場に期待している。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。