ニュース

TEFAFの強盗で盗まれた宝飾品の行方?
TEFAF.png
マーストリヒトで開催されている世界最大級のアート・アンティークフェア「TEFAF」で、28日4人の強盗が飾り棚のガラスを割って宝飾品を盗んで逃亡するという事件が起きた。ギャングドラマ「ピーキー・ブラインダース」の服装を真似た男4人が、拳銃などを持って会場に入り、盗難後にも何事もなかったように会場を出ていった。(ちなみにセキュリティは翌日から厳しくなった)盗まれた宝飾品の中にはひとつ数百万ユーロ(数億円)のものも含まれていたという。犯人はこれをどうやって売りさばくのだろうか? 通常の市場で販売するのは不可能だ。

盗まれた宝飾品の中にはロンドンの宝飾店「シンボリック&チェイス」の黄色いダイヤモンドが埋まっているネックレスもあった。この品は今回のTEFAFに出展されている宝飾品の中で最も高く2700万ユーロ(37億円)の値札がつけられていた。このほかにもカルチエの400万ユーロ(5億円相当)のダイヤモンドも数個盗まれたと言われている。ただ詳細については警察もTEFAFも公表していない。


TEFAFで宝飾品が盗まれたのは実はこれが初めてではない。2008年には120万ユーロ相当のダイヤモンドのネックレスが、2010年には86万ユーロ相当のペンダントと指輪が盗まれている。また2011年にもダイヤモンドのネックレスとブローチが盗まれている。

盗んだ宝飾品はどうやってさばくのか?鑑定書や記録があるため通常の市場で売るのは不可能だ。盗品は国際的なデータベースに登録されている。おそらく宝石を研磨して小さくして売るしかないと専門家。ただ研磨する人がこの犯罪にかかわっていない限り、報告する可能性が高い。

唯一考えられる方法としては、犯人が保険会社を脅迫しコミッションを得るというやりかただ。TEFAFに出展されている品物は保険がかかっているため、盗まれれば保険会社が負担しなければならない。これを見つけて返品すれば、この負担はなくなる。そのかわりに犯人に40%払うといった交渉が行われる可能性もある。ただしこれが行われる可能性は極めて低いという。盗難品をどうやってさばくのかは、未だに闇の中だ。


関連記事

世界屈指のアンティークとファインアートフェアTEFAF (3月7日〜15日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われている。
3月7日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2020年3月7日-15日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

世界最高レベルのアンティークとアートフェア「TEFAF」 (3月16日ー24日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われている。
3月16日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2019年3月16日から24日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

世界最大のファインアートとアンティークTEFAF マーストリヒト (3月10日−18日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われる。
3月10日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2018年3月10日から18日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

世界最大規模のアートとアンティークフェア「TEFAF」(3月10日ー19日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われる。
3月10日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2017年3月10日から19日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ


TEFAFヨーロピアン・ファインアート・フェア (3月11日−20日)
3月11日からオランダのマーストリヒトにて恒例の「TEFAFヨーロピアン・ファインアート・フェア」が開催されます。一流の美術品あるいはアンティークのみが出展を許可される世界でも最も権威あるアート&アンティーク・フェア。ブリューゲルからピカソ、21世紀の現代美術まであらゆる分野のトップアートが出展されます。アンティークはヨーロッパのものからアフリカ・日本・中国、インドなどのエスニックアートまで質の高いものが購入できます。来場者はプライベートコレクターからメトロポリタン美術館、ルーブル美術館、大英博物館といった一流美術館のキュレーターたちまで。もちろん見るだけという一般の人も多いようです。まるでたくさんの美術館が一同に合したような素晴らしいフェアですので、プライベートジェットを持っていなくても、オランダやベルギーに住んでいれば一度は見に行くことをお勧めします。

日時:2016年3月11日(金)- 3月20日(日)11:00-19:00
場所:マーストリヒト、MECC Forum100, Maastricht
入場料:カタログ付きで60ユーロ (オンライン購入可能)

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。