ニュース

エスカレートする農家のデモと破壊行為とその背景
boer_demonstration.png
このところ、農業従事者による高速道路の閉鎖や警察に対する暴力、そして担当大臣の自宅への侵入といった事件が続いている。高速道路にトラクターを連ねて行うデモは違法ではなかったが、だんだんとエスカレートし、警察に対し暴力を振るったりするなど、違法行為も目立つようになり、ルッテ首相も断固として立ち向かう姿勢を示している。

さて、この農業従事者のデモは何に対して反対しているのか? 彼らは何を恐れているのだろうか? 根底にあるのは地球温暖化とその原因となる環境汚染に対し、政府が目指している窒素酸化物削減方針である。二酸化炭素削減と平行して目指しているのは窒素酸化物削減で、この原因のひとつが農家による窒素酸化物排出である。

窒素酸化物を発生させているのは農家だけではなく、車、航空機、工場などがある。農家はアンモニアという形で窒素を廃棄している。窒素は自然界に必要な物質なのだが、多すぎると生態系に障害を及ぼしたり健康上の被害ももたらす。政府は2019年から、高速道路でのスピード制限と建設制限、そして農家の廃棄物制限といった措置を開始した。窒素排出量は、2019年と比較して2030年までに半分にすることを目標としているが、他の分野と比較し農家の窒素排出が減っていない。政府は今年の6月に「自然保護地区付近の農家は窒素排出量を70%減らさねばならない。」と発表、これを期に農家の反発が始まった。

農家による窒素排出は、酪農農家の糞尿と農作のための肥料による。排出量を70%減らすということは、家畜を半分に減らすなど、これまでのビジネスを存続できない危機に直面する可能性も出てくると、農家は恐れている。
専門家によれば、肥料を希釈したり、家畜の糞尿処理の方法を変えるなどで、このままのビジネスを維持できる可能性もあるという。ただ、オランダの農業は一般的に効率化と生産量を重視していることにも窒素排出過多の原因となっていることも確かだ。

いずれにせよ、政府と農家の見解の差を話し合う機会が設けられる予定だ。



関連記事

窒素政策反対の農家の抗議行動激化、高速道路で放火など
boerenprotest.png
窒素ガス削減に対する農家の抗議行動は激しさを増し、高速道路で廃棄物やタイヤなどを燃やすなど収集がつかなくなっている。道路水道局は、水曜日に高速道路A1のフォールスト(Voorst)付近で廃棄されたゴミを片付ける業者を探すなど、除去作業に忙殺されている。これまではトラクターで高速道路を低速運転するなどの抗議活動を農家は行っていたが、水曜日から廃棄物やアスベストなどを燃やすなど抗議は激化している。このため、フローニンゲン付近の高速A7に向かう道路が閉鎖されている。

今朝2時45分ごろフローニンゲン州ミッドヴォルデでは道路上で車のタイヤが燃やされ、これにより追突事故も起きている。他の場所でも同様な事故が起きたため、フローニンゲンとドラフテン間の道路は閉鎖中だ。また北ホランド州のメーデンブリックでは干し草に火がつけられて炎上。このためホールンとデン・ウーファー間は閉鎖中である。

警察によれば、今後も高速道路にゴミなどが投棄される可能性があるため、高速道路利用者は注意するよう呼びかけている。
道路水道局は道路のゴミの始末を業者に依頼しているが、アスベストの除去には特殊業者が必要。業者が作業している最中にも農家がこれを阻止するなど、事態は悪化の一方だ。
これまで農家を支持していた国民もこのような過激な抗議活動で離れていく可能性もある。政府はすでに農家との話し合いを約束していた。

窒素ガス対策、オランダの高速道路制限速度時速100kmに減速
現在制限速度が時速120kmあるいは130kmの高速道路が、すべて時速100km制限となる。ただし19:00から6:00までの夜間はこれまで通りの制限速度。オランダ国営放送が報じたニュースによれば、政府が窒素対策の一部として講じる計画である。施行は来年の初めからとなる。

連立政権は12日朝、窒素排気ガス制限対策として短期的な建設工事に関する規制にも合意した。この規制により多くの建設プロジェクトが中止あるいは停止する可能性は高い。規制の詳細は今後詰めていく模様だ。

過去に高速道路の制限速度を120から130に上げた「スピード容認派」である中道左派の自由民主党(VVD)は、今回の減速には反対だが、窒素排気削減は差し迫った問題であるため、今回は譲歩する形となった。また来年には住宅を75,000戸新規建設する計画があるため、制限速度の低下による窒素排気制限が行われれば、この住宅建設も実現化できる。

同様な理由で家畜制限対策がとられ先月から農家のデモが続いているが、政府は家畜(牛)が発生させるアンモニアを減らす酵素を含んだ飼料の導入を計画している。また自然保護地区(Natura2000)にある牛飼育農場の移転などに2億5000万ユーロの投入も検討している。

ルッテ首相は、上記計画はあくまでも短期的なものであることを強調。さらに長期的な大気汚染対策を今後進めていくとコメントしている。

オランダ環境問題報告書で畜産農家が窒素排出の根源と指摘、農家は破産?
25日レムケス委員会窒素ガス排出報告書が公表された。これによれば、政府は早急にアンモニア発生源の畜産対策や自然保護地帯での制限速度を下げることが必要となる。畜産業の縮小とこれまで制限速度が130kmだった道路が120kmへと下げられる。

窒素ガス発生源の46%は畜産だと報告書は指摘し、自然保護地帯にある畜産農家は国が買い取るか廃業にするべきだとアドバイスしている。しかしながらこの勧告に従うとなるとオランダの畜産農家の半分が消え去ることになり、農家そして経済への大打撃となる。オランダの畜産は、生産量を最大にすると同時にコストを削減し、世界市場での競合に勝つという「典型的なオランダ農業モデル」を基礎としている。窒素(アンモニア)排出を削減するということは、このモデルに基づく畜産業を崩壊させ、農家の破産を招くことになる。

現在の窒素の問題は、自然や生活環境を考慮せずに、短期的に経済の成長と発展に主に焦点を合わせた長年の政策の結果である。これに対し専門家は、単に畜産業を縮小するという短絡な解決法でなく、窒素問題に対する構造的アプローチを提唱している。この新しいアプローチは、動物飼料の輸入と肥料の使用の大幅な削減やアンモニアの利用だ。アンモニアを排出する家畜糞尿は、高品質であれば貴重な原料に変えることができる。アンモニアと粒子状物質の排出量の削減により大気の質が向上し、農地とその周りにある自然保護地域の両方で生物多様性が増加し、温室効果ガスの排出量が大幅に削減されるため、気候目標をより簡単に達成できる。飼料輸入の削減は、大豆生産による森林破壊を防ぎ生物多様性の損失とCO2排出が防止できる。長期的視点にたった農業の構造改革は、市場を創造し、新しい収益モデルの機会を提供するはずだ。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。