ニュース

明日からまた猛暑、水不足に拍車
blauwalge.jpeg
明日からまた一週間ほどオランダに猛暑がやってくる。ほとんどの地域で30度を超えると予想されている。また降雨がないため、この干ばつも悪化する。先週の水曜日に公式な水不足が発表されたが、これがさらに続く。

オランダを流れるマース川とライン川の水位はさらに下がる。アイセル湖も同様で、先週には船舶の運行が制限されている。水門も非常に狭いため、一度に1艘しか通過が許可されていない。

火曜日は20度から29度、そして水曜日からは30度を超えると予想されている。この猛暑は週末まで続く。

こう暑いと川や湖や海で泳ぐ人も多いが、水中の藍藻(blauwalge)に注意するよう国立水管理局が警告を出した。藍藻は水の表面に青や緑の層を形成することが多いが、水中で見えない場合もある。藍藻に接触すると皮膚の炎症を起こすだけでなく、頭痛や胃腸の痛みを引き起こす可能性がある。遊泳に危険な地域は、遊泳水域www.zwamwater.nl  で見ることができる。

干ばつは山火事を起こす危険もある。現在自然火災リスクは2段階。このため消防隊は自然地域で喫煙したり、乾燥した高い草木のある場所に駐車しないよう呼びかけている。
オランダは年々気温が上がり、降雨量が減っている。これに対してまだ対応準備ができていないというのが実情だ。


関連記事

オランダ、水不足がやってくる
water-shortage.jpeg
このところの異常気象で、オランダが水不足に陥っている。水に囲まれた国での水不足はあまり実感がわかないが、農業や工業への影響は大きい。一部では農場での水撒を禁止したり、船舶の水門利用を制限するなどの対策が取られている。

飲料水にはまだ影響は出ていないが、将来的には飲料水不足も懸念される。このため今から対策を練る計画が次々と紹介されている。水源の場所により、どの地域が水不足に陥るのかは様々だが、2030年ごろには深刻になると予想されている。

スヘーベニンゲンのエレメンタル・ウォーター・メーカー(EWM)社は、海水を持続可能な方法で飲料水にする方法に取り組んでいる。この技術は新しいものではなく、すでに10年も25カ国で使われている。カリブ海やアジアなどの水が高価な海に近い地域である。同社の取り組みはまだ小規模だが、将来の(世界的な)水不足に備え、海水の利用は重要だとしている。ただし海水の淡水化はエネルギーの消費が膨大になるため、持続可能なエネルギーを使用している。

デルフト工科大学ではすでにある水を使用する方法を研究している。例えば雨水を貯めてトイレ用に使うなど、単純な方法も試みている。また日本に昔からある手を洗う水がトイレを流す方法もここでは新しい。

オランダ、木曜日の午後には気温37度に上昇。水不足も心配に
気象台によればオランダでも木曜日午後には36度から37度まで気温が上がりそうだ。まだ1944年の8月23日の38.4度という最高記録は破っていないものの、この熱帯気温は明日まで続く。ただ土曜日には全土で雨やら言うが予想されており、気温も少し下がりそうだ。

水不足は深刻で、これまで最も降雨の少なかった1976年の記録を破りそうだ。この干ばつで、国土交通省(Rijkswaterstaat)と水管理局(Waterschap)は水不足の対応策を練っている。とくに東部と南部では降雨による水供給に頼っているため、水道水を使った水撒きの禁止令などを出し節水を呼びかけている。アイゼル湖地域の水管理局には湖の水位を保つために水の汲み上げを最小限にとどめるよう勧告が出ている。また締切大堤防では、アイゼル湖から北海への水の流出が止められた。


オランダ、ガソリン不足。水不足も原因?
オランダ全土でガソリン不足が目立っており、給油ができないスタンドも増えている。ガソリン供給会社の運転手不足が主な原因だが、好景気による需要増加や水不足そして夏休みも原因となっている。ガソリンスタンドも今月の初めからガソリンの供給不足で売上が落ちると苦情を呈している。

石油会社のBPやシェルもこれを認めている。BPのスポークスマンは「ここ数週間ガソリン車のドライバー不足で供給が滞っている。運送会社に働きかけ早いうちに解決するよう手を尽くしている。」とコメントしている。ガソリン輸送の大手であるスヘンク・トランスポート社は「ドライバーが本当に足りない。それと好景気のせいで、渋滞も増えガソリン需要が伸びている。またバケーションシーズンで出かける人が多くこれもガソリン需要に拍車をかけている。」と説明している。

水不足がガソリン不足の原因となっているというと首をかしげる人も多いが、これは水位の低下による水上交通の制限によるもの。ロッテルダム港で荷揚げされた燃料は水路で各地に輸送されるが、水位の低下でタンカーに積載できる燃料の重量が制限されている。このため、陸上交通による輸送に頼ることになり、運送時間の増加と運転手不足につながっている。


空前の快晴続きで水不足に、農業に打撃
オランダや欧州各国では雨が降らない快晴の日々が続いているが、これによる水不足で農業に打撃を与えている。とくにレタスなどの野菜は価格が2倍に上昇した。オランダの農業協会であるLTOによれば「水不足で野菜の生産が落ちる」ため、レタス、キャベツ、カリフラワーなどの値段が上昇している。
水不足による農業への影響に関する数値はまだLTOは発表していないが、野菜は質と量ともに減少すると予想されている。

収穫が半分に減ると市場価格は3倍に上がるが、流通機関と契約している農家にはあまり影響がない。これに対し非契約農家は価格上昇により利益を得るという。
また地域によって乾燥による影響も異なる。オランダの低地地方の農家は小川や運河などから水を汲み上げ水撒きができるが、北ブラバントやアハターフックなどの少し高地ではこれができず、地下水や雨に頼っている。LTOによれば、水道水による水撒き禁止令を破り罰金を払ってでも収穫を成功させたいという農家もあるという。

オランダ、晴天続きで水不足に。節水を呼びかける
オランダでは一ヶ月近く晴天で気温の高い日が続いており、この天候はしばらく続きそうである。消防署や水管理組合や水道会社では、節水を呼びかけるとともに自然火災に注意するよう警告している。6月29日にはブラバント地方の自然公園で火災が発生、約1ヘクタールが燃焼した。また28日にもブレダ付近の高速道路分離帯で火災が発生、一時道路は封鎖されている。自然火災はゼーラント、ブラバント、ヘルダーラント、オーフェーアイセル、そして北オランダ州で発生の可能性が高い。

水不足の懸念のある北オランダ地域では水道会社が節水が呼びかけている。現在水の使用量は通常より40%も高いそうだ。庭の水撒きを減らしたり、洗車の回数を減らし、長い時間シャワーを浴びないよう呼びかけている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。