ニュース

オランダ難民受け入れ危機、混乱に誰も手を差し伸べず
asiel.png
オランダ北部フローニンゲン州にあるテル・アペル難民収容センターでの混乱が問題になっている。シリアやアフガニスタンなどから戦火を逃れて難民となった人たちは、オランダに到着するとまずこのテル・アペルに集められる。ここで正式な難民申請を行うのだが、ここ数ヶ月、収容体制が整わず数百人が屋外で寝泊まりするなど非人道的な状況が続いている。シャワーが使えなかったりトイレも不足と衛生状態は最悪で、数日前には3ヶ月の乳児が死亡している。悲惨な状況に業を煮やし「国境のない医師団」も医療従事者を送り込んでいる。

この混乱に対し、関連団体はそれぞれ他の団体を非難するだけという責任のなすりつけが起きている。衛生問題では、赤十字が難民収容組織COAを「人道的な収容をすべき」だと非難。保健所(GGD)は、「我々は収容所内の衛生や健康に関与。収容所外の問題には取り組めない」と外で寝泊まりせざる得ない難民には関与しないとしている。

オランダ難民評議会(VluchtelingenWerk Nederland)は、赤十字の側につき、難民収容組織COAを非難し、「この危機を救える人はいない」と悲観的なコメントを残している。同団体は政府の難民担当副大臣が介入し、COAがもっと必要な物資や人材を増やすべきだとしている。さらに、この収容所があるテルアペル市だけでなく、他の市も協力すべきだと述べている。

混雑や不衛生な環境で感染症が広がる懸念もある。ナイメーヘンのラットバウト大学の感染症専門医は保健所が踏み込むよう提唱している。排水と飲料水を分けることなどが最低条件も満たしていない。
赤十字や国境のない医師団の介入は喜ばしいことながら、政府が傍観していることがこの事態を悪化させており、野党の追求が続いている。


関連記事

ウクライナ難民、38人がオランダの学校で教師申請
ukraina_child.jpeg
ウクライナから避難してきた人は4万人近い。ほとんどが女性と子供と老人だが、このうち38人の現職教師がオランダの学校での教師として就職を申請している。すでに2人は許可がおりている。ウクライナ人がオランダで教職につくには、ウクライナの教師免許をオランダの教育執行機関DUOで認可される必要がある。ほとんどの免許はオランダで教師アシスタントとして働くには問題ないという。ただし、英語での授業はウクライナ人でも可能だが、オランダ語での授業は言語をマスターしていない限り無理である。

ウクライナ難民は4月1日からオランダで自由に働くことができるようになった。学校もウクライナ難民が就業する際に就業許可を申請する必要がない。ただし雇用保険局(UWV)に登録する義務がある。4月14日時点ですでに4300人がオランダで就業している。

オランダの学校に入学申請している子供は9,277人。2週間前には7,300人だったが、この数は増え続けている。オランダにやってきた義務教育の年齢に達しているウクライナ人の子供は約15,000人いる。子どもたちは移民学校(Nieuwekomersschool オランダ語ができない子供が語学を習う学校)に行くか、通常の学校に入学する。このほかにも各地で子供にオランダ語を教える教室が開かれている。移民学校以外の一時的なオランダ語教室ではウクライナ語の授業も行うことが可能だ。

ウクライナ難民、4300人がすでにオランダで就業
Netherlands_Ukraine_Locator.png
ウクライナからオランダへ避難してきた人は約37,000人(4月14日の統計)。このうち4,300人以上のウクライナからの難民がオランダで仕事を見つけている。人手不足で店を閉めるほど雇用が逼迫しているオランダで、仕事を見つけるのは難しくない。とくに英語を話す人が多いウクライナ人は引っ張りだこなようだ。

企業主はウクライナ難民を雇用する際には雇用保険局(UWV)に登録する義務がある。4月の第一週で約550名が登録されていて、この数は増え続け、第3週には1550名、第4週には1350名がUWVに登録されている。このうち40%は派遣会社経由の就職。職種は、清掃や倉庫内での仕事が多い。このほか、農業や飲食店、サービス業や輸送業での就業も多い。
地域的にはアムステルダム周辺が最も多く12% 次がハーグ近辺。このほかハウダ、ライデン、ズーテルメールなどで仕事を見つけている。

通常、難民を雇う場合には雇用主は就業許可を申請せねばならない。しかしウクライナ難民に関してはこの就業許可申請は不要だと、EUが例外を決定している。ウクライナからEUへ避難してきた人は、面倒な手続きや書類の申請なしに就業できる。オランダでもこの申請は不要だが、雇用保険局への登録が必要だ。ウクライナ難民はオランダ政府から住居や生活費の支給があるので、就職の必要はないが、やはり働きたいという人が多いようだ。

人手不足のオランダ企業、ウクライナ難民歓迎
ukraine_refugees.jpeg
ウクライナからの難民はすぐにオランダの労働市場に参入できそうだ。長引く人手不足に悩む企業はウクライナの労働者を手放しで歓迎している。

ロシアのウクライナ侵攻で、すでに数百万人のウクライナ人が国外に避難している。ABNアムロ銀行は、10万人から15万人の難民がオランダにやってくると想定している。「このうち半数の5万人から7万5千人はすぐにオランダの労働市場に参加できそうだ。」と見ている。
オランダの現在の求人数は38万7千人。ウクライナからの難民はこの不足を少しは埋めることができそうだ。同銀行によれば、現状ウクライナ人は高校卒業後83%が高等教育(大学など)を受けており、これはオランダより高い割合だ。

今の所雇用者はウクライナ人の就業ビザを申し込まねばならないが、政府は簡素化を計画している。実際、今週の金曜日からウクライナ難民を雇用する場合には雇用保険局(UWV)に申請するだけですぐに就業が可能となる。

ただUWVによれば、すべての業種で簡単に就業できるわけではない。とくに人手不足で悩む医療介護分野では条件を満たすのが難しい。これと反対に技術職では就職が容易いことが多い。ウクライナでは技術教育に力を入れているという。

オランダ王室、ウクライナ難民に城を提供
hetoudeloo.jpeg
ロシアによるウクライナ侵攻により、オランダにも多くのウクライナ人の難民が到着している。国が用意している難民保護施設の他にすでにオランダの1,700家族が自宅へのウクライナ難民受け入れを申し出ている。

オランダのウィレム・アレクサンダー国王とマキシマ女王は昨日、ウクライナ難民を受け入れると発表した。4月半ばからアペルドールン近くにあるアウデ・ロー(Slot 't Oude Loo) 宮殿が難民センターとして開放される。

アウデ・ロー宮殿はアペルドールンのヘット・ロー宮殿のある公園内にある城。正式には国家が管理するものだが、70年代から王室が賃貸している。ここに難民を受け入れる合意は、ウィレム・アレクサンダー国王の依頼により、所有者である国営不動産管理局、難民受け入れ中央組織、ヘルダーランド州、そしてアペルドールン市が決定した。先週には、ベルギー王国のフィリップ国王とマチルデ女王が難民受け入れを発表している。

ホストファミリーに滞在するは人には毎週135ユーロが給付される。市町村の難民受け入れ施設にいるウクライナ人は毎週60ユーロを受け取ることになっている。

ウクライナ難民救済の募金窓口
Campagnebeeld(HR)_Oekraine_200x100mm.jpeg
ロシア軍による攻撃を受けたウクライナから、この10日間で150万人が脱出している。国連によれば、この避難民の増加の速さは第2次世界大戦以来だという。隣国ポーランドへの避難民は約100万人を越えた。ドイツへ逃げる人の数も増えており、すでに昨日で3万8千人を越えている。オランダへ逃れてきた人の数はまだ少ないが今後増えると見られる。

オランダでは赤十字や難民救済団体など複数のNGOが共同で、GIRO555という募金活動を開始。避難民への食料や住居などの確保に募金は使われる。GIRO555は世界での災害や戦争などの被害者への募金窓口で、以前はポストパンクの口座555だったもの。現在ではポストパンクを吸収合併したING銀行がその窓口となっている。口座番号は、IBAN: NL08 INGB 0000 0005 55 (Stichting Samenwerkende Hulporganisaties) 3月5日現在ですでに1600万ユーロ(約20億円)が集まっている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。