ニュース

ガソリン価格、7ヶ月ぶりで最安値を記録
benzine.jpeg
ここ数日、原油と車両燃料費が下降を続けている。北海のブレント原油は今年の2月から上がり続けていたが、初めて1バレル90ドル(89.90ユーロ)まで下がった。ガソリン代もここ数日リットルあたり2ユーロを切っているスタンドもある。

ガソリンの平均価格は現在2.152ユーロ(ユナイテッド・コンシューマによる)で、2月以来最低価格となっている。この期間、最高値は2.50ユーロだった。ガソリン価格の値下げは国際原油価格の低下によるもの。インフレが続く中、主要国の景気後退が懸念されたことが背景にある。

これに対し、これまでガソリンよりも安かったディーゼル油価格の下落が見られない。平均でリットルあたり2.185ユーロで、ガソリンより3%高い。ここ2週間ディーゼルがガソリンより高い価格をつけているが、これは過去一度も見られなかった現象である。これはガソリンにかかる物品税が大きく下がったことによる。またディーゼルが高額のLPG燃料の代替となっていることと、ロシアからの原油に依存していることが原因だ。

ただガソリン価格が下がったと言っても、あくまでも今年の始めからの比較。これ以前は2ユーロ以上まで上がったことは一度もない。北海の原油価格も1バレル70ドル以上を記録したことは


関連記事

ユーロ安でガソリンさらに値上がりか
benzine.jpeg
現在ユーロは対ドルで最下の状態にある。20年前のときのように1ユーロが1ドルに近づくのも時間の問題だ。原油はドル建てなので、ユーロ安はもろに影響を受け、ガソリン価格が上昇するだろう。

ユーロ安の要因は主として2つある。まずはユーロ圏の景気後退への懸念。もうひとつは米国の金利がユーロ圏よりも高いため資金が米国に流れていること。この2つの要因からユーロの価値が下がりドルが強くなっている。

ユーロ安は消費者にとって不利なことが多い。とくに現状ではこれが顕著である。原油取引はドル建てなので、ユーロ価格は上がる一方だ。原油価格は実際には先週かなり値下がりしたが、ウクライナ戦争の終焉が見えないため、これも一時的と見る専門家も多い。ただ食品などの消費者製品に関しては値上がりはあるものの、このドル高による影響はそれほど強くはない。米国から輸入する食品がそれほど多くなく、対ユーロで通貨価値が低い国あるいはユーロ圏内からの輸入が多いからだ。

ユーロ安で恩恵を受けているのは一部の旅行業界と輸出業界である。対ドルのユーロ安で米国からの欧州への観光客が激増している。また米国も欧州からの輸入を増やしている。しかし、ユーロはドル以外の他の通貨に対しては強いため、米国以外からの観光客を引き寄せるのが難

ユーロ安はインフレにも悪影響を及ぼしている。先月オランダのインフレ率は8.6%だった。このため欧州中央銀行(ECB)は今月後半にも主要政策金利を上げる計画だ。金利が上がることで消費に足止めがかかり製品の需要が減る。これにより消費者価格が下るという目論見だ。
しかしこの景気後退懸念でECBの金利の値上げ幅は予想より高くならない可能性もある。金利上昇は経済成長を後退させるため、これは避けなければならない。ECBの利上げ決定は今月末になる。

エネルギー代の高騰でガソリン税と光熱費のVAT引き下げ
gasstation.jpeg
エネルギー危機とウクライナの戦争が引き金となって、光熱費だけでなくガソリン代もうなぎのぼりだ。1リットルあたり2.5ユーロというこれまでにない高価格となり、給油を躊躇したり車を使わない人も増えている。
ヨーロッパで最も高いと言われるオランダのガソリンやディーゼルの価格の大半が税金である。(下記リンク参照)政府は4月1日からガソリン代に含まれる物品税を引き下げると発表した。引き下げは一時的な措置で、12月31日まで継続される。ガソリンやディーゼルの物品税引き下げにより、ガソリン代はリットルあたり17セント、ディーゼルは11セント下がる。ただし価格に含まれるVATは変わらない。

さらに7月1日から光熱費(ガスと電気)に課せられている21%のVAT(付加価値税)が、一時的に9%に下がる。政府は、燃料と光熱費の税金引き下げに、合計28億ユーロの支出を計上している。また80万世帯の低所得者は600ユーロの光熱費補助を受け取ることができる。この補助金は市町村経由で支払われる。

光熱費や燃料の急激な値上がりによる購買力の低下に対し、政府が税金引き下げや補助金支払いをするのはかつてない。またこのようなスピードで対応するのも異例のことだ。明らかに政府がこれを非常事態と捉えており、国会での決断も速かった。ただ、この値下げや補助金がどれだけの効果があるのかはまだ不明だ。

ガソリン代リットルあたり2ユーロ超える
benzine.jpeg
消費者団体のユナイテッド・コンシューマーズは火曜日、ガソリンの提唱価格がリットルあたり2.151ユーロとなったと発表した。
この価格は過去最高を記録している。ロックダウンが緩和し車を使う人が増えたことで需要が増加したこともこの背景にある。また、ウクライナ国境での緊張により、ロシアからの原油やガスの輸出が減るという市場予測も影響している。

原油価格は2014年以来最高値をつけている。これにともないオランダでのガソリン価格は過去最高の2.15ユーロとなった。ディーゼルは1.842ユーロ。
OPEC +カルテルの産油国は、来月から1月よりも毎日40万バレル多く生産することを決定している。今週後半、各国は3月の生産を決定する予定であり、これは再び石油価格に影響を与える可能性がある。

オランダのガソリンはなぜ欧州で最も高いのか?
benzineprijs.png
天然ガスそして電力代の大幅値上げだけでなく、ガソリン代も急激に上がっている。オランダの高速道路で給油するとリットルあたり2ユーロを超えるところも出ている。これほどガソリン代が高いのはオランダだけなのか?なぜこれほど高いのか?

実際オランダのガソリン代は欧州で最も高い。世界で見ると、香港に次いでなんと2番めに高いのである。欧州ではオランダに次いでイタリア、フィンランド、ギリシアなどが上位に来る。隣接するドイツやベルギーは比較的安く、例えば50リットルを給油するとオランダより16ユーロも安くなる。国境付近に住んでいる人は少しだけ走って隣国で給油するほうがかなり経済的ということになる。

もちろんオランダ国内でも住宅地や無人スタンドでは高速道路沿いのガソリンスタンドより13%ほど安い。なかなか1リットルあたり2ユーロという心理障壁となる価格は超えないはずだ。

世界平均のガソリン代がリットルあたり1.04ユーロであるのに対し、オランダではこの倍近い。なぜオランダでこれほどガソリン(ディーゼル、LPGを含む)代が高いのか? 答:単に税金が高いからである。価格に関わらず1リットルあたり81セントの物品税が課せられている。税金で最も大きいのがこの物品税だ。現状ガソリン代を100ユーロとするとのうち17ユーロが付加価値税(VAT, BTW)そしてなんと39ユーロがこの物品税(Accijn)である。ディーゼルやLPGの場合はこの物品税は若干安くなる。ガソリンにかかる物品税は車を減らす政策の一環として1991年に導入された。この税金はリットルあたり81セントと固定されている。これに対し付加価値税は全体の価格の21%と流動的なので、原油が上がれば比例して上がっていく。


火曜日から新しいガソリンE10が登場。ただし適さない車もあるので注意
火曜日から、2つ以上のガソリン給油システムがあるガソリンスタンドでは、「E10ガソリン」の販売を法的に義務付けられた。これまで「95」と名称がついていたガソリンである。ただしすべての車両がこのガソリンに適しているわけではないため、給油前に車がE10ガソリンを入れられるかどうか確認したほうがいい。

車両登録日が2018年10月12日以降の新車の場合、車両が新しい燃料に適しているかどうかを示すステッカーが充填口に貼ってあるはず。少し古い車では、以下のE10checkのWebサイトで調べたほうがいい。

E10-ガソリンは、10%のバイオエタノールを含有する。バイオエタノールは、トウモロコシやサトウキビ、テンサイなどの天然物から作られたアルコールだ。バイオエタノールと混合することにより、ガソリンの燃焼で放出されるCO2が最大2%減少する。

オランダで登録されている車両の大半は、E10ガソリンに適している。しかし自動車協会 BOVAGは、オランダの乗用車総数の8.2パーセントに相当する約10万台の車両がE10への切り替えで影響を受ける可能性があると推定している。
E10ガソリンにあまり適していない車両は直接トラブルが生じるということはないが、 E10の頻繁な燃料補給は、内部の堆積物が緩み、燃料システムを汚染する可能性があります。その場合、燃料フィルターを適切な時期に確認し、必要に応じて交換することが必要だ。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。