ニュース

省エネのためのライフハック
eneco.jpeg
オランダ政府は高騰するエネルギー価格を押さえるために上限制度を制定したが、それでも光熱費は昨年の倍以上に膨らんでいる。ローハウスに住む4人家族では毎月400ユーロ以上の請求が来るのが当たり前になっている。

光熱費を低く押さえる鍵は、屋根、壁、床、窓などの断熱だが、これがまだ完全に完備していない家に住んでいる場合には、暖房費の節約が一番重要となる。
例えば室温サーモメータを1度低く設定すると、120キューブのガスが節約でき年間に数100ユーロの差が出る。2度設定を低くすればこの倍の金額が節約できることになる。さらに、使用している部屋だけに暖房を入れ、屋根裏や寝室は切っておく。これだけでも年間310キューブが節約でき数100から1000ユーロの違いが生じる。また夜中は暖房を切る。昼間誰もいなければ同様。これはタイマーの設定で可能である。

オランダ環境団体の省エネのお勧めは以下の通り。

・Tシャツ一枚で過ごす時代は終わり。家の中でたくさん着込む。
・家の空気の入れ替えは午後にする。夜間にすると急激に室温が下がるので避ける。
・キッチンとバスルームから出る暖気は逃さない。料理をした鍋の湯はすぐに捨てずに蓋を開けたままにしておく。風呂のお湯もすぐに流さずに冷たくなるまでおいておく。これによりキッチンやバスルームの室温がかなり上がる。
・シャワーはガス利用全体の約4分の1を占める。どれだけ高い温度でシャワーを浴びるか、どれだけ長時間、どれだけの圧力で利用するかなどで、ガスの使用量は大きく変わる。



関連記事

エネルギー危機は数年続く!? 省エネのヒント
energylabel.jpeg
光熱費の上昇が続いている。そしてこの上昇は数年続く可能性がある。オランダ経済政策分析局(CPB)は昨日「かなり多くの世帯が光熱費の工面に苦労するだろう。とくに契約を更新する際に問題が生じるはず。」との見解を発表した。エネルギー費は近い将来に下がる見込みはないという。
1ヶ月の光熱費が400ユーロ上がったという世帯も例外ではない。政府は低所得者に対し補助金を出しているが、平均的な家庭でも光熱費の負担は家計を圧迫している。

光熱費の値上がりはまだ始まったばかり。7月11日からさらに契約が変わる。これまで光熱費値上げの影響を受けてきたのは変動制の契約を結んでいる世帯だった。しかし固定契約を結んでいる世帯もこの契約期間が切れると、更新する際にはかなりの値上がりとなる。経済専門家によれば、電気やガス料金は2023年も2024年も値上がりが続く。ロシアからのガス輸入制限やロシアによるウクライナ侵攻といった地政学的な要素が大きく影響している。

この光熱費の高騰に一般市民が対処するには省エネを励行するぐらいしか方法はない。もちろん暖冬になれば20%程度暖房費を節約できるがこれも不確実な予想だ。以下は専門家による省エネ方法とその効果(家の大きさや断熱などにより変わるが、以下は平均的なもの)。

・使用している部屋のみを暖房する。(年間550ユーロの節約)
・サーモスタットを就寝1時間前に15度にする。(年間260ユーロ)
・サーモスタットを通常より1度低く設定する。(同200ユーロ)
・留守の際には室温を15度に設定する。(同200ユーロ)
・セントラルヒーティング(CV)のボイラー温度を80度から60度に変更(ボイラーの寿命中1200ユーロの節約)
・シャワーは平均9分だがこれを5分にする。(ひとり年間40ユーロの節約)
・食洗機、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫などの電力使用は大きい。2000年前の機器はエネルギー消費の少ない新しいものに買い替えたほうがいい。
・家を購入あるいは賃貸する場合にはエネルギーレベルの低いものを選ぶ。

ベルギー、省エネでクリスマス用ライトアップなど点灯制限
ベルギー政府はクリスマス前後の最も暗い時期に17時から20時までクリスマス用のライトを消すよう命じる計画である。エネルギー節約の一貫で、多くの市町村では通常であれば夕方からデコレーションを点灯させるが今年は罰金を課せられる可能性もある。クリスマス用街頭ライトアップのようなエネルギー消費量の高いもの点灯は、冬の間の午後と夜は制限されることになる。

さらにネオンサイン、ショーウィンドーの中にあるクリスマスデコレーションなど「機能的ではない」照明は消灯しなければならなくなる。ただクリスマスツリーの点灯の可否はまだ明らかにされていない。

ベルギーでは原子力発電所が閉鎖中のため今後エネルギー不足が想定されており、1日のうち2−3時間は電力の供給がなくなる恐れがある。ベルギー国境付近のオランダの家庭でもこの影響を受ける可能性がある。ベルギー政府は今月から省エネを国民に呼びかけており、特に17時から20時のピーク時でのエネルギー消費を抑えるように指導している。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。