ニュース

ゼーランド沿岸でエビの大漁
garnaalen.jpeg
オランダの南西部ゼーラント州の沿岸で10月ごろからエビ(grijs garnaal 灰色がかった小さなエビでヨーロッパエビジャコと呼ばれる。)が大漁に水揚げされている。オランダ中から漁船がゼーランド沿岸に集まり、このエビの漁を行っている。オランダ南部の沿岸で大漁のエビが発生しているのがわかったのが9月の半ば。そしてエビは10月ごろからゼーランドに移動した。漁師たちはエビの長期的な爆発的繁殖と呼んでいる。通常は1ヶ月足らずでこの大漁は終わるのだが、今回はもう1ヶ月半以上続いている。

なぜこのようなエビの爆発的な発生が起きたのか? 気候変動とは関係ないとゼーランド州の専門家は語っている。「北海は非常にダイナミックで、いろいろな魚が移動している。特定の種類の魚が大漁発生するのは、少しだけ水温が高かったり餌が多かったりすることが関係している。また水温が下がればエビは深くもぐってしまうだろう。」と専門家。

先週はフリースランド、北ホランド、南ホランド州などから12隻のエビ専用船がゼーランドの沿岸にやってきた。収穫量は1週間に3000Kgから6000kgと記録的だ。
さてこの大漁で国内のエビの値段が下がるのだろうか? 答えは残念ながらノーである。燃料価格の高騰で魚の値段も高騰している中、エビの値段にも反映されている。また多くの魚専門店が閉店を余儀なくされている今、大漁もなかなか値段に反映できないようだ。


関連記事

イギリスがEUを離脱するとオランダの漁業に大打撃
現在オランダの漁船が捕獲する魚の過半数はイギリスの領海から来ている。イギリスが正式にEUを離脱すると、EU加盟国は現在のように自由にイギリスの海域で漁をすることができなくなる可能性が高い。オランダの漁業協会フィス・ネッド(VisNed)によれば、「イギリスのEUとくにオランダに対する圧力は日に日に高まっている。」という。さらに、オランダの漁船が使う「パルス漁業(電気によるショックで魚を気絶させる)」はイギリス領海では許可されなくなるという懸念もある。オランダの産業は英国のEU離脱ではほとんどマイナスの影響を受けないと試算されているが、漁業だけは別で、打撃は大きい。オランダ海洋法学会のエルフェリンク教授も「この問題は非常に複雑」だとし、政治的な問題に発展する可能性を示唆している。

オランダの漁船が捕獲しているニシン、鯖、ヒラメ、舌平目のほとんどはイギリス領海からのもの。イギリスの発表によれば、イギリス海域で捕獲される魚の58%がオランダなどの外国船によるものだという。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。