ニュース

早いもので師走、そろそろお正月の心算も
makita_ad.jpg
ハーグの蒔田商店では、この時期になると例年、注連飾り(しめかざり)を中心とした「ゆく年くる年パック」を販売している。

注連飾りは同じくハーグでフラワーアレンジスタジオを開催している「with Flowers」による制作。日本から取り寄せた水引、しめ縄を使用した本格的な注連飾りだ。

今年は、年越し用のそば(常陸秋蕎麦を使用した十割蕎麦)、切り餅そして迎春茶がパックになっている。価格は77EUR(送料込)。詳しくは蒔田商店のオンラインショップへ。

なお、この注連飾り「12月13日の事始め以降、お掃除が終わってから年神様を迎える為のお飾りを掛けるという慣わしがあります。」と教えてくれたのは先述した「with Flowers」の小島さん。ただ「25日までクリスマスモードですので、26日以降というのが一般的です。」とも。ということから、蒔田商店では12日週より随時発送していく準備をしている。

今は街も家もクリスマスモードだが、華やかなお正月を迎える心算をしておくのはどうだろう。ヨーロッパの友人に、年末年始の日本文化としてプレゼントしてみるのも妙案かもしれない。

<蒔田商店商品ページへ>


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。